シンクロナイズドモンスターの作品情報・感想・評価 - 55ページ目

シンクロナイズドモンスター2016年製作の映画)

Colossal

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:110分

3.2

あらすじ

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出さ…

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出された衝撃映像に皆が騒然とする中、グロリアはある異変に気付く。「この怪獣、私と全く同じ動きをする…?!」舞い上がったグロリアは、怪獣を操り世界をさらなる混乱へと陥れるが、そこに「新たなる存在」が立ちはだかる―!

「シンクロナイズドモンスター」に投稿された感想・評価

lgKaoring

lgKaoringの感想・評価

3.0
アメリカにいるアン・ハサウェイと、韓国に現れた怪獣がシンクロする…それ聞いただけで興味津々。
相当期待しての鑑賞。

怪獣の登場シーンも大迫力。
ますます期待大。

が…

途中のシリアス路線から、ヒロインが再生して行くと思いきや、そこまでの成長も見られず。

登場人物のセリフひとつとっても(特にサイコ野郎)訳分かんないし、どの登場人物にも共感できない。

何か戒めっぽいメッセージでもあると思いきや、ない(伝わらない)。

とことんB級っぽく振り切った方が良かったのでは?
なんだかすごく惜しい気がする。
datsuuuuu

datsuuuuuの感想・評価

3.8
アン・ハサウェイがひたすらかっこよくて可愛い映画。
怪獣メインじゃなくて結構ドラマ部分が中心になっている。
はえ太

はえ太の感想・評価

4.5
どちらかといえば『アメリ』の方のアルバトロスです

「怪獣より怖いのは人間かもね」は怪獣映画永遠のテーマの一つでありますが、ホントに怪獣がダメ人間だったってのは一つの究極形でありまふ

このレビューはネタバレを含みます

アン・ハサウェイの動きを韓国に出現した巨大モンスターが完全再現!めっちゃ人踏んでる!それはそれとして酒癖悪くて彼氏に振られて地元に帰ったらなんか同級生とかその友達とかなんな男の人といい感じなんだけど、男女関係とか酒の問題とかで大変!という映画。

その男女関係と、酒癖の悪さとの向き合い方と、巨大モンスターどうする?これという問題がシンクロするんです。見事に〜〜とは言い難い感じで。

ちょいちょい、クスッとなる演出はあるんですが巨大怪獣と同じような理由で出てきた巨大ロボが戦うシーンを期待していただけに、それがほとんどなかったので自分的には非常に残念な結果に。

だらしない女という設定のアン・ハサウェイの尻が、すげーでかかったです。


ここからネタバレ







田舎で最初に会った同級生が(当然アン・ハサウェイに惚れる)色々仕事の世話とか家具とか手配してくれる→連れないアン・ハサウェイに対して酒癖最悪のDV男化&こいつの動きとシンクロした巨大ロボ出現。

アン・ハサウェイは自分の性質とこのDV男&ロボと対決するわけっす。こんな肉弾戦は特に見たくなかった。
mito

mitoの感想・評価

2.5
失恋と仕事の解雇で傷心の中、田舎へ帰る女性、グロリア。
友人の力も借りて、ウェイトレスで生計を立てる毎日。
その頃、韓国では謎の怪獣が上陸。そんなニュースを見たグロリアはなんの気無しな自分の動作が怪獣にリンクしている事に気付く。

やりたい事も分かるんだけど、設定的にもう少しポップなノリを期待してたんだけどなぁ…。
なりたい自分になれない自分、その自分への折り合いを付ける。決して悪い話じゃないんだけど、しみったれた展開になっちゃって、何か思ってたのと違う感が強い。

前半もっとぶっ飛んだ展開で終盤、シリアスにってんならもう少し楽しめたかもしれないけど。
やっぱり怪獣が街に出現する訳だしね…。
denkikanにて。

ひっさびさ退屈極まりない作品だった。
これはもう奇想というしかない。なにしろ韓国のソウルに現れた巨大怪獣が、アメリカの田舎町に住む主人公とシンクロしてしまうのだから。ニューヨークでライターとして働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)は仕事を失い、自暴自棄になり毎晩のように酒を飲んでは酔っ払っていた。同棲していた恋人からも愛想をつかされ、グロリアは負け犬となって故郷の田舎町に帰ってくる。

グロリアは酒場で働き始めるが、テレビでは韓国のソウルに巨大怪獣が出現したことが報じられていた。ある時、グロリアは怪獣の動きが、自分が近所の公園でとった仕草とそっくりなことを知る。つまりこの田舎町の公園にいる自分と、ソウルに出現した巨大怪獣は動きがシンクロしているのだ。彼女が腕を上げれば、怪獣も腕を上げる。歩けば歩き出す。面白半分で動きをつけていたグロリアだが、それがソウルの人々にたいへんな被害をもたらしていることに気づくのだった。

何故、巨大怪獣と主人公の女性の動きがシンクロするかは、劇中ではいっさい明らかにされないが、そのようなバックボーンより、巨大怪獣とシンクロすることで彼女の生活に決定的な変化が訪れ、そちらのほうの奇妙なドラマのほうがなかなか興味深い。怪獣とのシンクロに彼女の恋愛模様も絡み、中盤からは巨大怪獣に対抗するかのように、巨大ロボットも現れ、前代未聞のダイナミックな痴話喧嘩も始まる。

「プラダを着た悪魔」や「レ・ミゼラブル」のアン・ハサウェイが巨大怪獣使いの役柄を演じること自体が驚きなのだが、彼女自身も製作総指揮としてスタッフに名を連ねており、この原作にかなり入れ込んでいることがわかる。監督及び脚本はスペイン出身のナチョ・ビガロンドで、彼は「エンド・オブ・ザ・ワールド 地球最後の日、恋に落ちる」や「ブラック・ハッカー」なぜでメガホンをとっている。

最後になるほどという結末も用意されているが、怪獣映画に恋愛ものが絡んだ、近来観たことがないミクスチュア作品だ。怪獣の造形にややB級感が漂ってはいるが、とにかく細かいことにはあまりこだわらないで、このナチョ・ビガロンド監督が展開する奇想の世界に遊ぶことが楽しむ秘訣かもしれない。
ま2だ

ま2だの感想・評価

2.2
シンクロナイズド・モンスター観賞。

酒癖の悪いニート女子をアン・ハサウェイが好演。目の下のクマまでキュートなのはさすが。これでこの映画のいいところの80%はおしまい。

ハサウェイの動きがソウルを襲う巨大怪獣とシンクロする、というのがあらすじだが、さすがに描写がスカスカ過ぎ、観客に間を補完する想像力を要請するにはもう少し映画そのものに誠実さが必要だろう。製作者のワンコンセプトを介護しているような心持ちになってしまった。

巨大怪獣とシンクロするのが卑小な人間の小競り合い、というのがキモのようだが、怪獣バトル的なカタルシスはほぼなし、物語の比重は次第に後者にかかり始める。片田舎での人間関係が次第にねじれていくのだが、そのねじれかたがいささか予測を超えてダークで少し面白いところではある。

ただしその回収の仕方を見ると、この監督の人間への興味の薄さみたいなものを感じ取らずにはいられないし、救わないならこういう描き方をするなよな、と思ってしまう。

本作が全体的にぼんやりしてしまっているのは、予算云々の問題ではなく、ハサウェイ演じる主人公のモラルの拠り所が不明瞭な点にあると感じた。

(いないと思うけれど)怪獣映画のつもりで観るととてもがっかり、アン・ハサウェイ目当てで観るとほんのり退屈な作品だな、と。
ちぃ━━━すッ(゚∀゚ゞ)!

(↑ポスターを見た私の映画イメージ )


毎日働かずに飲んだくれているダメ女な
主人公のグロリア (アン・アサウェイ) が
韓国に出現した巨大怪獣とシンクロする!!

こんなとんでも映画にアカデミー女優の
あのアン・アサウェイが主演・製作総指揮☆

アン・ハサウェイって・・・バカなの(;・∀・)?

↑ほめてます。信用できるぜ(*゚ロ゚)アンタ!!


予告編を観た感じから…
ダメ女な主人公がシンクロした怪獣をあやつり
何やら出てくるロボットを倒して世界を守れ!
巨大怪獣VS巨大ロボ!!((((o゚▽゚)o)))ワクワク♪

と・・・ 小・中学生男子が喜びそうな作品を
いい歳した大人が期待しちゃあーダメです。
(↑期待して観に行った、いい歳した大人…談)

そんなノリノリ♪おバカ大怪獣バトルな
コメディーではなかった (;゜∀゜)アレ?

なので・・・
ちぇ━━━すッ(゚∀゚ゞ)!でもない。


じゃあどんな映画なのか?

・・・ 言わない (・∀・)ノ

おしまい。



エエッー!!Σ(゚Д゚;ノ)ノ イワナイノ?!
知らないほうが楽しいんでね♪
なかなかの珍作でしたよ☆
茶一郎

茶一郎の感想・評価

3.8
 「韓国ソウルに現れた巨大怪獣とアン・ハサウェイ演じるアルコール中毒主人公の動きがシンクロしてしまう」、「この怪獣、私と同じ動きしている!?」というトンデモ設定な尖りまくった一本『シンクロナイズド・モンスター』。
 「世界の運命は、酔っ払いのダメウーマンに託された?!」なんて宣伝文にはありますが、実際やっていることは酔っ払い同士の喧嘩、広大な物語に見える一方、非常にミニマムなダメウーマンの成長譚を描いているというのが今作の魅力でした。
 
 今作『シンクロナイズド・モンスター』の監督ナチョ・ビガロンド氏のフィルモ・グラフィには今作同様、尖った設定一本で持っていく作品が並んでいるという印象を受けます。
 特に自宅の近所にあるタイムマシン研究所の実験に巻き込まれたダメ中年親父の主人公が、タイムスリップとタイム・パラドックスを解消する経験を通じて成長していく物語を描いた『TIME CRIMESタイム・クライムス』は、その広大なスケールと小さなスケールが対比するご近所SF感覚と、ダメ中年の成長譚という点が今作『シンクロナイズド・モンスター』と重なります。

 そんな原題『Colossal』(どデカイ)の通り大きな物語でありながら、小さな物語の今作。やはり特筆すべ木は、アン・ハサウェイ扮するダメウーマン主人公グロリアのキャラクター造形であると思います。
 グロリアは作家崩れのライターで、小金持ちの彼氏に養ってもらいニューヨークの高級マンションに住んでいる。しかしグロリアの彼氏は彼女のアルコール中毒に嫌気が差し、彼女を家から追い出すというシーンから今作は始まります。そこからはニューヨークを去るように地元の田舎に戻るグロリア、この過程はまるで、アン・ハサウェイがイケイケウーマンを演じた『マイ・インターン』の鏡映りのような見事なまでの転落っぷり。すでにアカデミー主演女優賞にノミネートされた『レイチェルの結婚』で薬物中毒患者を演じたアン・ハサウェイですから今作のアルコール中毒者役には驚きませんが、グロリアをアルコールに走らせた理由が劇中で明かされると、何故グロリアをアン・ハサウェイが「最も自分らしいキャラクター」と語ったのかが分かっていきます。
 グロリアがインターネット上で中傷され心の傷を負ったように、きっとアン・ハサウェイも「アメリカで最も嫌われている女優」としてアメリカのメディアで晒し者にされ、深い心の傷を負ったのでしょう。 

 尤も、まるで怪獣版『レイチェルの結婚』のように中毒患者が成長を遂げる様子を映す『シンクロナイズド・モンスター』。 
 「私はゴジラの着ぐるみの中に入りたかった」と言ったのは『シザーハンズ』などで知られるティム・バートン監督。映画上ではゴジラのような怪獣は映画作家の「自我」や、社会から除け者にされている人物の肥大した「自我」の象徴として語られてきました。今作における怪獣もティム・バートン、『ゴジラ』の芹沢博士、『シン・ゴジラ』の牧博士と重なるグロリアの「自我」の象徴と捉えられます。
 そして、グロリアがもう一つの「自我」と対峙するために行動に移し、そして見事にその自我を鎮める過程は、まるで『シン・ゴジラ』のヤシオリ作戦でゴジラを凍結させた様子のような。
 一見、奇妙に見える設定と非常に古典的な映画怪獣解釈を繋げ、何よりアン・ハサウェイという一番奇妙な調味料を加えた今作『シンクロナイズド・モンスター』は紛れもない怪獣映画でした。