サウスポーの作品情報・感想・評価

「サウスポー」に投稿された感想・評価

ジェイクギレンホール
レイチェルマクアダムス

大好きな2人です。
この映画あらすじ書くとネタバレになってしまうので、書けないけど

とにかく泣けます!
3回くらい泣きました!
ボクサーの話だけど、ボクシング好きじゃなくても全然見れます。

好きな映画がまたひとつ増えました!
Miki

Mikiの感想・評価

4.0
血でホープは左目が、
またエスコバールは右目が、
そして私は涙で両目が、腫れました。

ベタなストーリーですが号泣間違いなしです。

あともう一言、エミネム最高。
mikankoba

mikankobaの感想・評価

3.7
ベタ中のベタだけどよかった。

ミゲルに関しての描写が少なすぎて、腑に落ちない点も沢山残しながら終わったのが気に食わない。娘の急な態度の変化の訳も全く説明なし。想像できるでしょとかいう問題じゃない。
でも、ジェイクがひたすらにかっこいい。画が渋くてまあなんて絵になること、、。
痺れたあ。アッツイ!

奥さんが打たれた直後の演技のクオリティの高さ。本当に何やらせてもこの人は演技が上手い。
ベタでズルいくらいの展開だけど、
今っぽい音楽と、渋くてクールな映像と、
ジェイクと子役の演技で素直に熱くなれる
シンプルで男臭くて、エミネムがかっこいい
え

えの感想・評価

3.0
王道なボクシング映画は僕の好きなタイプなんだけどジェイクジレンホールは打たれ強いパワータイプのボクサーには見えず配役ミスじゃない?とモヤモヤして乗れなかった
リングサイドで血をボタボタ垂らすビリーホープは絵になっていた
HIGHINLET

HIGHINLETの感想・評価

3.3
児童養護施設で共に育ち何よりの心の支えだった妻を不慮の事故でチャンプ。

自暴自棄の末、職も財産も名誉も娘との生活も奪われとことん転落していく。

再起をかけ、怒りを沈め地道な練習を重ねる姿に自然と見守りたくなった。

塞ぎ込んだ役柄はギレンホールによく合っていた。
シンプルで分かりやすいストーリー

成り上がり系ではなく、最初から最強ボクサー、ビリーホープが全てを失い、自分を変えながらも取り戻していく話。
娘を持つ父親であれば、ベタな話だなーと思いつつ感情移入してしまう。

オープニング、ライトヘビー級のタイトル戦で控室で集中するホープ
そこに現れる妻モーリーン。スタイル抜群で、エロい、いかにもチャンプの力と金に寄ってきた女と思わせるがそうではない。
モーリーンはホープと同じ児童養護施設出身で、小さい頃から二人は支え合い生きてきた。
ホープのディフェンスの弱さを心配し、プロモーターと次の試合の話を付けたり、家族や娘の面倒をみたり、とにかくホープを影で支えるスーパーウーマンがモーリーン。まじで頼れる奥さんである。
そんな妻を失い、試合も自暴自棄に打たれまくり、薬に手を出し、娘を保護され、友達も離れていき、転げていく。

そこからの再起を描く非常にベタな話ではあるが結構うるうるさせられてしまった。

この映画の重要なアイテムのひとつがビリーの首横に彫られた「ツバメ」のタトゥー。
意味は様々あるみたいだけど、この映画では「無事に家族の元へ帰る」って感じかな。
モーリーンの棺を遠くからサングラス越しに見つめるホープ、首筋のツバメはもう家族には合えないモーリーンの対比となり悲しい

怒りを力に変えるボクサーをギレンホールが演じるが、悲しみから這い上がる演技にやられてしまった。
KojiKodama

KojiKodamaの感想・評価

3.7
よくあるストーリーで、無難な展開。
娘とのシーンは心にくるものがあった。悲しすぎる。
病んでいる主人公はジェイクギレンホールが一番だね。
Fisherman

Fishermanの感想・評価

4.0
ビリーの心の拠り所だった孤児院で知り合った妻を亡くし、唯一の家族である娘まで失いかける。
自分を取り戻すため、娘を取り戻すため立ち上がる熱い男の話。
俺こういうストーリー好きだわ。
展開は読めているが最後はジーンと来るね。
これからがスタートだよ。
M

Mの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

初めてボクシング映画を観た。

前半、というか娘との生活が許されるまでが重くて悲しかった。
とくに娘の"ママじゃなくてパパが死ねば良かったのに"というセリフ…小さいながら母を失って、そう言いたくなる気持ちもわかるけどホープ目線で観てると わぁ、って心が痛くなった。

娘のために戦うお父さん、かっこよかったです。最後のパンチが最高。

ジェイクギレンホールはこういう役がぴったりだと思いました。
>|