二ツ星の料理人の作品情報・感想・評価

二ツ星の料理人2015年製作の映画)

Burnt

上映日:2016年06月11日

製作国:

上映時間:101分

3.6

あらすじ

3年前、パリの二ツ星レストランから姿を消した料理人、アダム・ジョーンズ(ブラッドリー・クーパー)。一流の腕を持ちながらも大きな問題を抱えたアダムはトラブルを起こし、すべてを失った。もう一度、料理人として再起をはかるため、ロンドン美食界の友人トニー(ダニエル・ブリュール)のレストランに乗り込む。「世界一のレストランにしてやる」と自分を雇う約束を取り付け、女性料理人のエレーヌ(シエナ・ミラー)、パリ…

3年前、パリの二ツ星レストランから姿を消した料理人、アダム・ジョーンズ(ブラッドリー・クーパー)。一流の腕を持ちながらも大きな問題を抱えたアダムはトラブルを起こし、すべてを失った。もう一度、料理人として再起をはかるため、ロンドン美食界の友人トニー(ダニエル・ブリュール)のレストランに乗り込む。「世界一のレストランにしてやる」と自分を雇う約束を取り付け、女性料理人のエレーヌ(シエナ・ミラー)、パリ時代の同僚ミシェル(オマール・シー)など最高のスタッフを集めていく。満を持して、新しくレストランをオープンするアダムだったが、過去のトラブルの代償は、まだ解決していなかった・・・。

「二ツ星の料理人」に投稿された感想・評価

Shelby

Shelbyの感想・評価

3.3
料理人こっわ。
ブラッドリー・クーパーは相変わらずのイケメン。でも、メンタル壊れめな料理の鬼過ぎて怖いな。何かを突き詰める人達って、本気すぎて怖い。
料理は美味しそうでお腹すきました。
本作のイチオシはヒロインのダニエル・ブリュール。可愛すぎた。
KAzKI

KAzKIの感想・評価

4.3
アメリカンスナイパーの主演がシェフに。


天才の考える料理論。

よかった。
MisoEri

MisoEriの感想・評価

5.0
料理が美しいです。きれい。そして厨房、こわい。
”食うための料理はつくらない”
食と性を関連付ける考え方とか
一般の私のような人間とはやっぱり感覚違う。
個人的に、女の子のおはなのケーキをシェフがつくって食べさせるところ好き。
料理を作る。料理を出す。そういうシーンほんときれい。芸術。
そして、その時流れる曲もスタイリッシュな曲で、
視覚に聴覚にと、心地よい。
しかも、最後仲間との絆に気づくシーンは、素敵だった。
最高の職場で、最高の仕事をする。これってすごい名誉だよね。
まかないおいしそう。そして、オムレツおいしそう。
この映画私の中で、フード映画の一番かもしれない。五つ星あげちゃう。
三本足

三本足の感想・評価

2.0
6998/217

汚ねえ
指突っ込んで味見する店を
よくミシュランは星つけるよな

よくある話よくあるオチ
個人的に
ミシュランが絡むと萎える
どうせ飲食をスポーツのように描く
おきまりの
足元や包丁さばきやオーダー読み上げたり
シェフが怒鳴ったり皿投げたり料理捨てたり
短いカットをならべて
忙しく慌ただしくみせてるけど
手元の世界なので
引いてみれば実際はほぼ誰も動いてないっしょ

見終わった後もミシュランやら星やら店やら
かぶれてる奴らに興味わかない

罰として殻むき100万個
三年かけて

ミシュランが選ぶ店は安心できん
ソースに指突っ込んで味見するし
それをおかしく思わない国の
単なるガイドブック
昔バイトした時の料理長思い出した
何度も指3本付けてしゃぶる
客は料理長の指菌や唾液混じりの料理を食わされてたな
おれは絶対食わなかった
まかないも食わないようにしてた
よく外食してインスタしてる
連中みるとゾッとする
料理のシーンはスピード感があって楽しめた。
作る過程を見たら、出来上がった料理は食べたくないけど。
ミシュランだと思ってたけど、実は違ったあとのブラッドリークーパーの壊れかけの演技好きだった。
ビニール袋をかぶる。
ワンマンだったけど、やっぱりチームワークって大事。
銀幕短評(#35)
「二ツ星の料理人」

2016年、アメリカ。1時間41分、公開中。
総合評価 53点。

フランスで修業を積んだ料理人が ロンドンでレストランを開業し、ミシュランの星をねらうという物語り。

使い古しのストーリーはさほどわるくないが、全体を通して、主人公(演技はよい)がひとりカラ回りしている感じ。

料理は素材と腕とチームワークなのだから、チームワークの醸成をもっとていねいに描けば、映画の厚みが増したろうにと思う(「ちはやふる」を見よ)。

総じて演出が雑。何か起こるかな、起こるかな、と楽しみにしていたら、何も起こらずに終わった感じ。1時間41分がとても長く感じる。給仕長役と子役はうまかったな。

わたしは子どもの頃、板前か建築家になりたかった。しかし なれずにまず正解だった。どちらも創造的な仕事だから。でもカッコよくてあこがれる、いまでも。
前半の人集めのシーン好きだった
あそこに出てる料理ファストフードであっても食べてみたくなるからいいね

自分は食にこだわりをあまり持たない人間だしあんなお洒落なご飯逆に食べにくいと思ってたけど、一回ぐらいチャレンジしてみてもいいかもって思えた

シェフってすごいな、あんな世界で生きていける自信ないわ…

マックスとリールが好きだったな
foxtrot

foxtrotの感想・評価

3.3
 人類の食への挑戦って半端じゃないものがあるよね・・・

 これ食えるんじゃね?

ってところに始まり、

 食えるモノ、食えないモノの選別はもちろん、

 食えないモノですらどうやったら食えるだろう…?

と命を賭す無謀な、いや勇敢な奴らの果てしない挑戦と数多の犠牲があり、さらにはひたすらに旨さを追求し夢破れてきた者たちの上に今の食は成り立っている。

 最初に描かれる牡蠣ってのがそういった食と調理の原点…歴史、謂わば縦の繋がりへの意識(リスペクト?)なのだろう。

 その実力は十二分のとある男の再起をベースに、お客に提供され口に運ばれるに至る料理を成立させる上で欠かせないチームという横の繋がりを主題として描いていく…

 この移行はスムーズだった。それが描き切れていたかは別問題として。
>|