二ツ星の料理人の作品情報・感想・評価

二ツ星の料理人2015年製作の映画)

Burnt

上映日:2016年06月11日

製作国:

上映時間:101分

3.6

あらすじ

3年前、パリの二ツ星レストランから姿を消した料理人、アダム・ジョーンズ(ブラッドリー・クーパー)。一流の腕を持ちながらも大きな問題を抱えたアダムはトラブルを起こし、すべてを失った。もう一度、料理人として再起をはかるため、ロンドン美食界の友人トニー(ダニエル・ブリュール)のレストランに乗り込む。「世界一のレストランにしてやる」と自分を雇う約束を取り付け、女性料理人のエレーヌ(シエナ・ミラー)、パリ…

3年前、パリの二ツ星レストランから姿を消した料理人、アダム・ジョーンズ(ブラッドリー・クーパー)。一流の腕を持ちながらも大きな問題を抱えたアダムはトラブルを起こし、すべてを失った。もう一度、料理人として再起をはかるため、ロンドン美食界の友人トニー(ダニエル・ブリュール)のレストランに乗り込む。「世界一のレストランにしてやる」と自分を雇う約束を取り付け、女性料理人のエレーヌ(シエナ・ミラー)、パリ時代の同僚ミシェル(オマール・シー)など最高のスタッフを集めていく。満を持して、新しくレストランをオープンするアダムだったが、過去のトラブルの代償は、まだ解決していなかった・・・。

「二ツ星の料理人」に投稿された感想・評価

Shelby

Shelbyの感想・評価

3.3
料理人こっわ。
ブラッドリー・クーパーは相変わらずのイケメン。でも、メンタル壊れめな料理の鬼過ぎて怖いな。何かを突き詰める人達って、本気すぎて怖い。
料理は美味しそうでお腹すきました。
本作のイチオシはヒロインのダニエル・ブリュール。可愛すぎた。
かのー

かのーの感想・評価

3.2
料理のシーンはすごいオシャレに撮ってた。

なんかでも展開がはやすぎてよくわかんなかった笑
え、もう店できたの、みたいな。

リミットレスのときも思ったけどブラッドリークーパーはどんな役でも合いそう
七変化というか。

なんでも完璧を目指す人は
他人が完璧でないと受け入れられない、か、、。
korokichi

korokichiの感想・評価

3.3
ライトに楽しめる映画。
トニーがなぜこんなに良い人なのか。。
yu

yuの感想・評価

3.6
アパレルやめることがあったら次は飲食したいなーってなんとなく思った。
カシコ

カシコの感想・評価

3.0
【過去記録】
感想の為の再鑑賞。

本作品、結構好きである。
大好きな俳優のブラッドリー・クーパーが主演というだけで十分美味しいが、登場する料理たちも十分美味しそうである。

主人公アダムの周りには、いつも凄く良い人達がいるのだけれど、それは何故か…。
そこのところ(何故に良い人を惹きつけるのか)が描ききれていなかった感が否めないのは残念なところ。

なんだかんだで、ミシュランの3つ星を取るため悪戦苦闘するわけだが、世の中のシェフってこんな嫌なやつばっかなのか?ってくらいにある意味自己中なのだ。

華やかな世界こそ舞台裏なんか見るもんじゃないなという感じ。

だから、余計に何故にこんなに皆んなが彼を慕うのか明確なところが欲しかった。

けれど本作品、料理関係の映像やうんちくとしてなかなか愉しめるものだったので、共感できる方に是非鑑賞してみて欲しいと思った。
美しい盛り付けで芸術的なひと皿が出来上がる光景は本編のストーリーとは無関係に魅力的だった。
Mika

Mikaの感想・評価

3.5
挫折した料理人がミシュラン三ツ星を目指す話。
料理人て完璧主義のイメージなのか、他の映画でもこういうストーリーあったような気がする。
とりあえずブラッドリー・クーパーかっこ良かった。

2018.25
ブラッドリークーパーのキレ芸に期待して観ましたが、見事です。

邦題から話の落とし所とか読めてしまったのが残念
よし

よしの感想・評価

2.9
記録 
まあ面白い
WOWOW、💮とみる
>|