二ツ星の料理人の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

「二ツ星の料理人」に投稿された感想・評価

きつね

きつねの感想・評価

3.6
料理なんだけどアクション見てる感じにわくわくした。

シエナミラーがかわいくてかっこいい。
ブラッドリー・クーパーを中心に顔のいい男達の感情の矢印を見てニヤニヤしながら楽しめました!

このレビューはネタバレを含みます

すげーよかった。
料理を題材にした洋画は本当に名作揃い。
同僚の娘とケーキを前にして向かい合うシーン。
ライバルとの朝食シーン。
ミシュラン来訪時のシーン。
素晴らしい。
『三つ星を逃した。』
『でも生きてるじゃない。』

『何時も通り。普段通りやるだけ。力を合わせて。』
『はいシェフ』
ntk

ntkの感想・評価

4.0
キレると厨房めちゃくちゃにするやつは「ひええ」と思ったけど、最後は「こういうお店なら働いてみたいな〜」と、三流0ツ星レストランでバイトしてる私は思いました。
とにかく料理うまそうなのと、ロンドンの雰囲気が良き🤤
料理がテーマの作品の中でも料理が主役級にがっちりと軸にある作品

洗練された一流料理にとどまらず、市場や屋台の大衆料理までもどれもが抜け目なく美味しそう。
王道な筋書きではあるが人間関係がしっかり組まれており、この役いらないのでは?となることなく終盤にすっきりと結びつく。トニーの役どころは強引さはあれど、すんなりとまたアダムに手を貸した理由として説得力を持たせているし、ライバルのリースの役どころも面白かった。

ミシュランとってるお店達って想像を絶するほどスパルタな体育会系なのに、提供されるお皿の上はとっても繊細なギャップがすごい!今後ステキな料理を食べに行く機会があったら今まで以上にもっとじっくりと堪能したいと思う。

料理の映画が個人的に好きなので贔屓目に見てると思うけれど、、料理が本当に素敵で、清々しい作品でした!終わりのアダムとトニーのサイレンスの会話のカットがいい感じ。
SayuRi

SayuRiの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ひとまずお腹がすいた。
王道って感じのストーリーでハッピーエンド。
テンポもよくすんなりみれて、
厨房で働いた事あるから、あるあるーと共感も持てる映画だったなぁ。

それにしても料理の世界も進化してるんだと思った。
2019/01/05
美味しい

料理の映画観て毎回思うのはみんなこんなに気性荒いのこわい…の気持ち

終わり方も好きだった
Kaichyi

Kaichyiの感想・評価

4.0
冒頭5分で引き込まれた。
最近だとここまでテンポいい映画は珍しい。

貝むきを100万個やってるシーンがあるんけだが、あれだけで料理人の気質がわかるというもの。

そしてただの「天才料理人」なだけではなくて過去に問題起こしまくっていて、他人に迷惑をかけるだけでなく自分自身も追い込んでいる。

そこからの三つ星レストラン獲得までのストーリーは圧巻。
あなたはこの料理人くらい「これをしたい!」というこだわりはあるだろうか?

☆4.5候補
洋画の料理を題材にした映画よく見るんだけど、高級なレストランとかの厨房はこんなにピリピリしてるものなのか…って思った。
本当に、シェフも大変だし、一緒に働いてる人も大変そう。

めちゃくちゃお皿ガシャーンってやったり料理投げたりしてて演出にしてもやりすぎやろ!ってなった!

色々問題があれど、真摯に仕事に取り組む姿勢がとても素敵な主人公だった。
m

mの感想・評価

1.5
アダムがきらいすぎて最後まで観れない…お、おまえ〜〜!!!!牡蠣でも剥いてろ!

また気が向いたら観る…