抹茶マラカス

64 ロクヨン 後編の抹茶マラカスのネタバレレビュー・内容・結末

64 ロクヨン 後編(2016年製作の映画)
2.0

このレビューはネタバレを含みます

冒頭で誘拐事件のフーダニットを放棄して、誘拐事件が狂言なのか、そうでないならあるいは、という部分も放棄。全ては前編で蒔いた長官視察と刑事部長召し上げ、広報室と記者クラブとの対立の流れが無視されてるためである。
誘拐事件解決後の改変部分では感情の赴くまま(と言いつつ、理解しがたい)三上の暴挙によって河原での殴り合い。いるか?このくだり。
原作では、目崎を状況証拠で落として見せる、といった松岡一課長の株は劇中乱高下。そもそも何故匿名だったかも説明されず(父親だけ明かしたのは、彼が被疑者だから)。
結局高い原作力に頼っただけで、脚本家の方は横山秀夫を超えられず、ということか。今年の暫定ワースト1に。