Insop

64 ロクヨン 後編のInsopのレビュー・感想・評価

64 ロクヨン 後編(2016年製作の映画)
3.0
横山秀夫原作「64 -ロクヨン-」の後編。

昭和64年に起きた未解決誘拐殺人事件から14年。その家族の元への警察庁長官の慰問の前日、誘拐事件が起きる。犯人の名乗る名前、要求、手口はすべて昭和64年の事件、通称「ロクヨン」をなぞるものであった。刑事部から詳細が秘され、再び記者クラブとの関係が悪化する県警広報課。犯人の指定する場所はすべて「ロクヨン」と合致する。犯行は模倣なのか、狂言なのか。そして、ついに迫る「ロクヨン」の真相、、、みたいなお話。

やはり前作にも増して、キャストの熱演が光ります。
佐藤浩市、綾野剛、三浦友和、奥田瑛二、瑛太、柄本佑らはさすがですが、やはり圧巻なのは永瀬正敏。

溢れ出る思いが涙に変わるその瞬間の演技は鬼気迫るものがあります。

キャスト達の好演は素晴らしいのですが、反面、ストーリーにやや粗さを感じます。

結構ツッコミ所は多いですよね(笑)。

それでも、横山作品独特の重苦しい暗さを表現すできてると思います。

個人的には横山作品の実写化では、「ルパンの消息(2007年公開、水谷俊之監督)」が一番お気に入りかも。

それでも十分良作なサスペンスだとは思います。