64 ロクヨン 後編の作品情報・感想・評価

64 ロクヨン 後編2016年製作の映画)

上映日:2016年06月11日

製作国:

上映時間:119分

3.6

あらすじ

昭和最後の年、昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で「ロクヨン」と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点として14年が過ぎ、時効が近づいていた。平成14年、主人公の三上義信は「ロクヨン」の捜査にもあたった敏腕刑事だが警務部広報室に広報官として異動する。そして記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発…

昭和最後の年、昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で「ロクヨン」と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点として14年が過ぎ、時効が近づいていた。平成14年、主人公の三上義信は「ロクヨン」の捜査にもあたった敏腕刑事だが警務部広報室に広報官として異動する。そして記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発生。刑事部と警務部の軋轢、未解決のロクヨンと新たな誘拐事件の関係、そして三上の一人娘の行方——。怒涛の、そして驚愕の展開が次々と三上を襲う。

「64 ロクヨン 後編」に投稿された感想・評価

瑛太、分厚くなった
犯人が行なった 犯行が…


まさかの展開だった
MizukiOno

MizukiOnoの感想・評価

3.6
ベテラン俳優の豪華さ

とゆうところでの点数。

もうちょっと一人一人深掘ってみたかったけどまあ、原作が主人公一人称だから仕方ないか。。。

結末はすっきりしないし
うーん、気持ちもすっきりしないな...

でも永瀬正敏はさすがでした!
あのやつれ方、あの人にしか出せない
sii

siiの感想・評価

3.2
スッキリしたようでスッキリしてない
やまち

やまちの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

子供を殺された親。
子供を殺した、子供を持つ親。
子供が引きこもりの警官である親。

親が子供を想う気持ちは それぞれだけど、結局自分の子供が可愛い

14年前に人の子供を殺しておいて自分の子供が誘拐されると被害者ぶる。
正直、クソ腹が立った。
てか、何故自分に子供がいるのに他人の子供を殺せた?


「雨宮は14年前に取り残されたままだ」という言葉は心に残った。

日本中に星の数ほど事件があって、でも警察も全てを解決できる訳ではない。

見捨てられた、取り残された遺族はどうやって生きていけばいいのか、考えさせられた。


正直、前編後編共に登場人物が多いし難しかった。
こういう系の話は本で読みたい派なので、小説で再度向き合おうと思う。

芳根ちゃん、最後までよく分からんかったのが残念...。
izu

izuの感想・評価

3.2
前編は序章。
ついに事件が解決。
意外と言えば意外なところにつながる。
やっと見たぁ〜✨
ほんと豪華すぎなキャスト!!!
日本代表作のひとつになるだろうってぐらい有名役者ばかり。

そりゃ出たいよね、横山作品。
私も男で、役者で、このオファーきたら絶対うける!!名誉だよ

相変わらずの男くささと、大人の青春みたいな話の中に、もどかしさとか、人との繋がりとか、葛藤があって、
めっちゃ号泣!

個人的には前編が好き💕
誰か語り合おうww
SerikaGoto

SerikaGotoの感想・評価

3.5
とにかく瑛太くんがむかついて仕方がなかった。そのくらい上手いってことなんだけど、本当に嫌な感じ。全体的にさすがの重厚感があって、前編だけで終わることはできない。
>|