64 ロクヨン 後編の作品情報・感想・評価

64 ロクヨン 後編2016年製作の映画)

上映日:2016年06月11日

製作国:

上映時間:119分

3.5

あらすじ

昭和最後の年、昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で「ロクヨン」と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点として14年が過ぎ、時効が近づいていた。平成14年、主人公の三上義信は「ロクヨン」の捜査にもあたった敏腕刑事だが警務部広報室に広報官として異動する。そして記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発…

昭和最後の年、昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で「ロクヨン」と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点として14年が過ぎ、時効が近づいていた。平成14年、主人公の三上義信は「ロクヨン」の捜査にもあたった敏腕刑事だが警務部広報室に広報官として異動する。そして記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発生。刑事部と警務部の軋轢、未解決のロクヨンと新たな誘拐事件の関係、そして三上の一人娘の行方——。怒涛の、そして驚愕の展開が次々と三上を襲う。

「64 ロクヨン 後編」に投稿された感想・評価

瑛太、分厚くなった
てん

てんの感想・評価

3.7
前編から続けて視聴。後編は前半の伏線をきちんと回収してくれて序盤からがっつり引き込まれた。
事件にきちんと解決があり、一定のカタルシスがあったのもよかったが、何よりよかったのは前編から丁寧に積み重ねた組織の腐敗がきちんと活きてくるところだと思う。中盤、一旦解決かと思わせた後に続くやるせないシーンの数々。劇的な物語だけではうまくいかない、生っぽさがこの作品の良さなのだと感じた。そして、そこが魅力だからこそ、ラストの公衆電話からの着信が陳腐に映ってしまった。
不満はあるものの、これぞまさに邦画というか、日本らしさが詰まっているところ魅力でもありうんざりするところでもある、そんな映画だった。
Yua

Yuaの感想・評価

4.3
重いテーマ
だけど真剣にぶつかり合うことの大切さがよく分かる
2017/11/20 プリメ
のぞみ

のぞみの感想・評価

3.8
【ロクヨン 64】の後編、鑑賞しました!

たったの7日間しかなかった昭和64年に起こった少女誘拐殺人事件。通称“ロクヨン”

前編で丁寧に張り巡らせた伏線を後編でしっかり回収して結末へ繋げる

原作とは違うラストで重厚な人間ドラマがとても見ごたえがありました

豪華キャストの役者映画かと思いましたがはっきり言わせてもらいます

違います!!!!!!!!!

これは佐藤浩市さんのための映画なんだと思わされました

佐藤浩市さんがこの映画にかける思い、熱い演技全てが素晴らしかったです

主役級の役者たちが佐藤浩市さん演じる三上を支える
たくさんのキャリアがある人たちだからこそ作品に説得力を持たせ、ここまでの映画が出来上がったのだと思います

日本映画はまだまだ捨てたもんじゃない!
これが日本映画だ!

といえる凄い力のある作品でした
謎が解ける感じはよかった!
父の執念あっぱれ!!
shiho

shihoの感想・評価

1.5
キャストは豪華だけど暗い。
結末が微妙だった。
娘が見つかったらよかったのに。
まさや

まさやの感想・評価

3.0
前編の伏線の回収とかあって中盤までは良かったけど、終盤は個人的にちょっと微妙やった。
>|