64 ロクヨン 後編の作品情報・感想・評価

64 ロクヨン 後編2016年製作の映画)

上映日:2016年06月11日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.5

あらすじ

昭和最後の年、昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で「ロクヨン」と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点として14年が過ぎ、時効が近づいていた。平成14年、主人公の三上義信は「ロクヨン」の捜査にもあたった敏腕刑事だが警務部広報室に広報官として異動する。そして記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発…

昭和最後の年、昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で「ロクヨン」と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点として14年が過ぎ、時効が近づいていた。平成14年、主人公の三上義信は「ロクヨン」の捜査にもあたった敏腕刑事だが警務部広報室に広報官として異動する。そして記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発生。刑事部と警務部の軋轢、未解決のロクヨンと新たな誘拐事件の関係、そして三上の一人娘の行方——。怒涛の、そして驚愕の展開が次々と三上を襲う。

「64 ロクヨン 後編」に投稿された感想・評価

瑛太、分厚くなった
mai

maiの感想・評価

5.0
キャストがすごく豪華!!
演技がずば抜けて上手い俳優さんばかりなので、見応えがバツグン!
佐藤浩市の目力がいい。
人物の思いが、言葉でなくとも伝わって来る。
特に、永瀬正敏の泣きの演技が抜群に良かった。
見てるだけで泣けてきた。
七央

七央の感想・評価

3.4
豪華役者陣のお芝居を見れたのはとても楽しめた。
雨宮さんのやり方も父親の執念を感じたし、三上も気迫あって集中して観られたが、盛り上がりは少し欠けた。
前編から持っていった作り込みは後編ではあまり感じ取れず薄っぺらく見えた。
ゆか

ゆかの感想・評価

3.8
お父ちゃんの執念ってすごいな〜〜
patrick

patrickの感想・評価

3.1
前編のクライマックスで最高にテンションを上げられたけど…後編で下がってしまったな。
これがサスペンスやミステリー映画を2部策に分けてしまった宿命なのか。

けど、各役者陣の演技は最高!
刑事部と警務部の権力闘争のなか古巣に着くか現在の部署に着くかで揺れ動きつつ、14年前の誘拐事件ロクヨンを模した誘拐事件が発生。事件は一気にクライマックスへ。
記者クラブの記者との関係が反発から戦友のように変化し、部下との絆が深まったところが一番の見どころであった。
警察官ではあるが刑事が主役でない一風変わった警察物。
たろ

たろの感想・評価

3.5
おもしろかった
キャストが豪華、豪華!
この人も出てるの??ってだけで楽しめた映画。
ストーリー自体は腑に落ちない点もあるけど、まあ良し。
ながかった〜🙄
犯人の探し方がすごい!
>|