64 ロクヨン 後編(2016年製作の映画)

上映日:2016年06月11日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:119分
    監督
    瀬々敬久
    脚本
    瀬々敬久
    原作
    横山秀夫
    キャスト
    佐藤浩市
    綾野剛
    榮倉奈々
    瑛太
    三浦友和
    永瀬正敏
    吉岡秀隆
    仲村トオル
    椎名桔平
    滝藤賢一
    奥田瑛二
    夏川結衣
    緒形直人
    窪田正孝
    坂口健太郎
    あらすじ
    昭和最後の年、昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で「ロクヨン」と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点として14年が過ぎ、時効が近づいていた。平成14年、主人公の三上義信は「ロクヨン」の捜査にもあたった敏腕刑事だが警務部広報室に広報官として異動する。そして記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発生。刑事部と警務部の軋轢、未解決のロクヨンと新たな誘拐事件の関係、そして三上の一人娘の行方——。怒涛の、そして驚愕の展開が次々と三上を襲う。

    「64 ロクヨン 後編」に投稿された感想・レビュー

    タナカノゾミ™
    タナカノゾミ™の感想・レビュー
    2017/04/09
    -
    瑛太、分厚くなった
    chn126
    chn126の感想・レビュー
    1時間
    3.6
    やっと後編も見れました〜
    前編から続き楽しめました

    が、犯人を見つけた方法がちょっと声だけでってのは弱くないかと思いましたし、前編に比べ、記者クラブとのやりとりがただ叩かれてたくらいしかなくて微妙、、、

    解決はしてスッキリはしたけど。
    echo
    echoの感想・レビュー
    14時間
    2.6
    後半はぐだぐだと、言わなくてもわかるからっていう説明的なセリフばかりでげんなり。
    ザ魔雲天くん
    ザ魔雲天くんの感想・レビュー
    17時間
    3.3
    原作は読んでませんが、ストーリー展開が早くあっという間に終わったという感じがした。
    さかい
    さかいの感想・レビュー
    1日
    -
    この無茶苦茶な三上像の改悪は佐藤浩市の仕業なのか監督の仕業なのか脚本家の仕業なのかPの仕業なのか。
    rocca
    roccaの感想・レビュー
    1日
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    前編から後編にかけて一気に鑑賞。
    原作がシリーズ物の一つということを知らなかったので、それを踏まえて観れ(読め)ば違ったのかもしれない。

    前編で起きた翔子ちゃん事件についてあまり深く話が進まず、記者クラブと広報、県警の確執がメインで話が進むため、
    記者クラブや、広報のことを知らない人が見ればちんぷんかんぷんのような気がする。
    たまたま今作にも出演されている綾野剛さんが主演の「日本で一番悪い奴ら」に関連する「真実-新聞か警察に跪いた日(高田昌幸)を読んでいたので、まだ記者クラブや広報がどういうものかイメージがついていたので見ることができた気がする。
    (あまり刑事物を読まない(見ない)妹は一緒に見ていて「記者クラブのくだりが難しすぎる…」と言っていたので)

    原作は最初だけ数ページ読んだだけれどまだ未読のためなんとも言えないが、
    原作もこんな感じなのだろうかと思う点がいくつか。
    三上の娘の失踪も尻切れとんぼというか、確か原作では父親に似ていて(佐藤浩市さんが不細工とは言い難いですが女の子で似ていたら確かに辛いかもしれない)それが嫌で、お母さんは美人という環境に引きこもりがちになる、という雰囲気だった気がするので、芳根京子さんはすごく綺麗だしあれでは醜形恐怖症のようにしか見えず、感情移入というか、彼女の気持ちについてはあまり見えてこなかった。
    ラストシーンもハッキリしないところが余韻や期待を生むのかもしれないがすっきりせず。
    後編の予告に衝撃の事実、感動がとあったが、正直前編の三上が自分の身をかけて動き出したところに一番心を打たれた。
    確かに14年間、ずっと電話帳を最初の「あ」から何度も何度も犯人が見つかるまで電話をかけ続け、最終的に犯人にたどり着いた雨宮には衝撃を受ける。
    遺族の思い、恨みは強い。
    しかし、声を聞けば犯人がわかる、という設定が前提であるため感動にまで結びつかなかった。

    確執や、64の模倣事件が再び起き事件をなぞっていく様は緊迫感に溢れ重厚感があり、日本の映画の良さが出ていたと思う。

    シリーズ物の一つだからか警察内部の話が多く、事件のクローズアップが少なかったように感じられたのは少し残念だった。
    日吉や幸田ももう少しでてきても良かったのかなぁと。

    それでも約4時間、先の気になる展開で十分楽しむことができた。
    原作も是非読みたい。
    夙沖波耶音
    夙沖波耶音の感想・レビュー
    1日
    3.7
    前編が勢いがあったので後編まで一気に見ましたが、やや失速気味。

    まあ、それでも邦画の良さがきちんと描けてる気がしました。

    前編後編に分けても、やはりちょっと詰め込みすぎな感じは否めず、
    後編は結構走り気味で
    もう少し深い心理的なものを期待してしまいました。

    というか、
    もうあの俳優さんが出てきた時点で
    あー、この人が犯人なんだろうなーとは
    思いましたけど(笑)

    割とすっきりした終わり方だった気がします。
    夏色ジーン
    夏色ジーンの感想・レビュー
    1日
    3.8
    感想川柳「誰も皆 あの日の悔いを 晴らしたい」

    昭和64年1月5日。 関東近県で漬物工場を営む雨宮芳男(永瀬正敏)の娘・翔子が誘拐された。犯人はサトウと名乗り、身代金要求額は2000万円。昭和天皇の崩御により、昭和64年はたった7日間で終わった。そして迷宮入りとなったこの少女誘拐殺人事件は、県警内部で「64(ロクヨン)」と呼ばれることになった。平成14年12月。 県警で、かつて刑事部の刑事として「ロクヨン」の捜査にも加わっていた三上義信は、今は警務部秘書課広報室広報官のポストにあった。
    1週間後に全国の警察を統括する警察庁長官が、時効が1年後に迫った「ロクヨン」担当捜査員を激励するために視察に訪れるというのだ。そして、三上が複雑に絡み合う事態の収拾に奔走しながら迎えた、長官視察の前日。県内で少女誘拐事件が発生する。サトウと名乗った犯人は、身代金2000万円をスーツケースに入れ、父親に車で運ぶことを要求した。14年前の「ロクヨン」とまったく同じように…というとこからの続き。

    もう最初からクライマックスのような勢いで始まります。m(。_。)mそしてそのまま2時間駆け抜けました。(;・∀・)まさかそんな展開が待ってるとは…(゜ロ゜;謳い文句のように結末に涙はしませんでしたが、面白かったと思います。( ̄ー ̄)

    ベスト3を挙げるなら佐藤浩市、永瀬正敏、三浦友和かな〜。特に葛城事件の後だから三浦友和が凄かったし、永瀬正敏も鼻水ぶっ垂らしての号泣に髭を剃った意味、佐藤浩市は言わずもがな。((((;゜Д゜)))

    事件のクライマックスもいいですけど、自分的には柄本佑が出た記者会見が印象的。広報官は大変だぁ〜( ̄□ ̄;)
    >|