64 ロクヨン 後編の作品情報・感想・評価

64 ロクヨン 後編2016年製作の映画)

上映日:2016年06月11日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.5

あらすじ

昭和最後の年、昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で「ロクヨン」と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点として14年が過ぎ、時効が近づいていた。平成14年、主人公の三上義信は「ロクヨン」の捜査にもあたった敏腕刑事だが警務部広報室に広報官として異動する。そして記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発…

昭和最後の年、昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で「ロクヨン」と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点として14年が過ぎ、時効が近づいていた。平成14年、主人公の三上義信は「ロクヨン」の捜査にもあたった敏腕刑事だが警務部広報室に広報官として異動する。そして記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発生。刑事部と警務部の軋轢、未解決のロクヨンと新たな誘拐事件の関係、そして三上の一人娘の行方——。怒涛の、そして驚愕の展開が次々と三上を襲う。

「64 ロクヨン 後編」に投稿された感想・評価

瑛太、分厚くなった
はち

はちの感想・評価

4.0
ずっと手に汗握って緊張してた。。


大切な子供を殺されて何年も犯人を探し続ける被害者も、
そんな被害者に感情移入して苦しむ広報官も、
怯えながら家族を守りたい加害者も、


みんなそれぞれ家族がいて、
大切な人が居て、
自分のことが可愛くてなにかを守りたい。


多分何か目に見えない線があって
その線を超えた時に人を傷つけたり殺めたり絶対に自分はそんなことしないなんて言い切れない。
でもきっと本当なら守りたいものがあるからこそ、
守らなければいけない秩序はあって、
そこに人間の地位や名誉が絡んで大変な絡まり具合を少しずつ解いていくような、、
そんな映画でした。

なんかすごい頭使ってドツボにはまってしまったけど、面白かった。
Yasu

Yasuの感想・評価

3.0
記録。
キャストは豪華だけど、話のテンポが遅くて、入り込めなかった。。。
父親の執念に驚かされたり
久しぶりに前編、後編と飽きずに見れました。
タイタニックは結構頑張らないとみれなかったぼくでしたが
よかったと言えます。
YUYA

YUYAの感想・評価

4.0
重厚その2
ぺこ

ぺこの感想・評価

3.0
前編後編とも俳優さんたちの演技に魅了された。ただストーリー的に記者クラブとのやりとりの必要性が分からない。

事件だけまとめた方が分かりやすくて面白そう
ミステリー感強くなっていくのと思わぬ展開が色々と出てきて引き込まれた(^^)

クライマックス、衝撃の瞬間に出くわしてしまった娘!この芝居がちょっと…🤣
一気に冷めると同時に笑ってしまった

2018 8 チャンネルNECO
okome

okomeの感想・評価

3.3
前編の方が良かった

このレビューはネタバレを含みます

前編がいいところで終わってたから、続けて観賞。

んー。私的には後編はいまいちでした。
模倣した事件が、元の事件の犯人の娘を狂言誘拐してたのはなるほどと思ったんだけど…
なんだろう…消化不良感が否めない。

犯人の動機だったり、三上さんの娘さんのことだったり…
もやもやしたまま終わっちゃったっていう印象になっちゃった。

でもやっぱり俳優さんたちの演技には魅了されます。
永瀬さん、すごかった。

個人的には、吉岡秀隆さんの狂言誘拐の電話のごまかし声が、必死な表情とかも含めてかわいくてよかった笑
あと、窪田くんの引きこもり姿!おお…ってなった笑

後編でも大人たちが大勢でわーわー言ってる場面が多くて、もうやめて…ってなった。
ほんとに苦手だ…笑

一番の救いは、犯人の緒方さんの娘さんがいい子だったところ。
でも結局、その子の心を砕くことになってしまったのだけれど…

子供が犠牲になる映画は弱ってるときには見れないなと改めて感じた映画でした。
>|