64 ロクヨン 後編の作品情報・感想・評価

64 ロクヨン 後編2016年製作の映画)

上映日:2016年06月11日

製作国:

上映時間:119分

3.5

あらすじ

昭和最後の年、昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で「ロクヨン」と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点として14年が過ぎ、時効が近づいていた。平成14年、主人公の三上義信は「ロクヨン」の捜査にもあたった敏腕刑事だが警務部広報室に広報官として異動する。そして記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発…

昭和最後の年、昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で「ロクヨン」と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点として14年が過ぎ、時効が近づいていた。平成14年、主人公の三上義信は「ロクヨン」の捜査にもあたった敏腕刑事だが警務部広報室に広報官として異動する。そして記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発生。刑事部と警務部の軋轢、未解決のロクヨンと新たな誘拐事件の関係、そして三上の一人娘の行方——。怒涛の、そして驚愕の展開が次々と三上を襲う。

「64 ロクヨン 後編」に投稿された感想・評価

mia

miaの感想・評価

3.4
永瀬正敏の悲壮感、佐藤浩一のどんどんやつれていく感じ、良かったです。
犯人お前か!とはなったけど、こいつがほんと悪いヤツ。胸糞悪い。
でもなんか推理する、とかそういう進み方ではなかったからミステリーぽくないなーとの印象。
警察内部の話や記者クラブとの対立が多めなのでヒューマンドラマっぽい。
目崎家の娘たち、物凄いギャルと普通の小学生とか、なんかちょっと違和感で、それに対する父親の態度もなんとなく違和感を感じた。
ラストが原作と違うとのことで、非常に気になります。
読んでみようかな。

雨宮の犯人への執念がすごすぎた。
「64」は、それほどまでに暗く重く、心に圧し掛かる事件だったんだろう。
当然だろうけど。
雨宮から広報官への謝辞、やっと事件が全て終わった安堵、納得がいくラストでした。


-100/2017
まさや

まさやの感想・評価

3.0
前編の伏線の回収とかあって中盤までは良かったけど、終盤は個人的にちょっと微妙やった。
shu

shuの感想・評価

3.3
新たな事件を追った後編。
昭和64年の事件と今回の事件の関係が分かる中盤までは面白いです!
中盤から後半は引き伸ばし感が強い!
前後編の2部作にする意味はなかった…
残念でした。俳優陣を豪華にして無理矢理に大作にした作品でした。
KT

KTの感想・評価

3.6
面白かったです。
やはり原作を読まずに見る映画は楽しめます。原作も読んで観たいと思います。
前編との最初は入りづらかったけど、最後は見入ってしまった。後編への繋ぎもよくて、前後編すぐに見れた!出演者の演技が良かったな〜〜
Tomo

Tomoの感想・評価

3.5
やっぱ俳優が全員すごい
事件ものだけど、あんまりミステリーを見る感覚じゃない
ずっと負の感情がつきまとうけど、私的にはおもしろい
Ryosei

Ryoseiの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

顧みられることのなかった者への眼差しが優しく、伏線が回収されていく後編はぐいぐい引き込まれていきました。
公衆電話がキーになるの、世代的には新鮮でした。
キャストが凄い
>|