64 ロクヨン 後編の作品情報・感想・評価

64 ロクヨン 後編2016年製作の映画)

上映日:2016年06月11日

製作国:

上映時間:119分

3.5

あらすじ

昭和最後の年、昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で「ロクヨン」と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点として14年が過ぎ、時効が近づいていた。平成14年、主人公の三上義信は「ロクヨン」の捜査にもあたった敏腕刑事だが警務部広報室に広報官として異動する。そして記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発…

昭和最後の年、昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で「ロクヨン」と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点として14年が過ぎ、時効が近づいていた。平成14年、主人公の三上義信は「ロクヨン」の捜査にもあたった敏腕刑事だが警務部広報室に広報官として異動する。そして記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発生。刑事部と警務部の軋轢、未解決のロクヨンと新たな誘拐事件の関係、そして三上の一人娘の行方——。怒涛の、そして驚愕の展開が次々と三上を襲う。

「64 ロクヨン 後編」に投稿された感想・評価

南国

南国の感想・評価

3.5
大きな組織で動く中の人間の生々しい感情だったり、娘を誘拐された時の親の気が気じゃない感じもよく伝わって来た。
taa

taaの感想・評価

3.6
昭和の未解決事件をモチーフにした映画で、佐藤浩市主演てことくらいしか知らずに視聴。

なんだかすげー俳優ばっか出てんなーと
冒頭から期待が膨らみました

結果、感想ですが
『重い』
この一言に尽きる

組織の立場立場で、
ときには必要悪というか、
本意じゃないところで、
やりきれない思いを抱きながらも
なんとか踏ん張って生きてんなーて

いかんせん中年俳優勢が重厚感ありすぎて、若手俳優が、軽く見えてしまいました。

男の人にはオススメです。
きぬ

きぬの感想・評価

3.5
前編の方が好き。
記録

俳優陣がかなり豪華
見ていて切なくなってくる
mami

mamiの感想・評価

-
観なくてもよかったと思う映画。キャストだけ無駄に豪華。なんで話題になってたのかわからない。観た時間返して欲しい。
Naoto

Naotoの感想・評価

4.0
佐藤浩市にはナイフ舐めて欲しかった
ごまふ

ごまふの感想・評価

2.0
オチが強引……!
かれん

かれんの感想・評価

3.0
佐藤浩市と夏川結衣の娘は絶対に美人さんでしょうに。整形したくて堪らない娘って設定どうなんかなwあれかな、醜形恐怖症とかかな…などの雑念多し。
総論としては警察もいろいろタイヘンねぇ。です。
>|