64 ロクヨン 後編の作品情報・感想・評価

64 ロクヨン 後編2016年製作の映画)

上映日:2016年06月11日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.5

あらすじ

昭和最後の年、昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で「ロクヨン」と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点として14年が過ぎ、時効が近づいていた。平成14年、主人公の三上義信は「ロクヨン」の捜査にもあたった敏腕刑事だが警務部広報室に広報官として異動する。そして記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発…

昭和最後の年、昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で「ロクヨン」と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点として14年が過ぎ、時効が近づいていた。平成14年、主人公の三上義信は「ロクヨン」の捜査にもあたった敏腕刑事だが警務部広報室に広報官として異動する。そして記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発生。刑事部と警務部の軋轢、未解決のロクヨンと新たな誘拐事件の関係、そして三上の一人娘の行方——。怒涛の、そして驚愕の展開が次々と三上を襲う。

「64 ロクヨン 後編」に投稿された感想・評価

南国

南国の感想・評価

3.5
大きな組織で動く中の人間の生々しい感情だったり、娘を誘拐された時の親の気が気じゃない感じもよく伝わって来た。
ま

まの感想・評価

4.0
犯人の炙り出し方、記者会見、急展開、結末。話の展開のスピードと佐藤浩市の演技力のおかげで最後まですっかり見入ってしまったけど、少し無茶なのでは、とは思った。

しかし、正しいことを貫いて組織ではなく1人の人間として、自分を背負って動いていく難しさ、大切さを身に染みて感じる。

他のレビューを見てみると、よく分かんなかったという意見が多くて悲しい。分かんないのは仕方ないし自分も完璧に理解出来たわけではないが、1映画鑑賞者として、分かろうとする努力はすべきだと思う。映画は芸術作品なのでべき論は見当違いだが。

日本映画も、たまにはいいなって
beallright

beallrightの感想・評価

3.3
2018年118本目
2018/7/16

なんかよくわからなかった。時代背景がわかってないからかなー。
ぽー

ぽーの感想・評価

3.4
よかったけど、犯人の話とか、佐藤浩市の娘の話とかもっとみたかったなぁ。
ドラマもみてないし、原作も読んでないから、そのあたり知ってるとまた違うのかな。
なかぴ

なかぴの感想・評価

3.6
演技の熱量すごくてそういう意味では見応えありでした
うめ

うめの感想・評価

3.6
これは、豪華なキャストありきの犯人の隠し方やね。
良くも悪くも小説の通りだったなあ
前編では先頭きって広報室に乗り込んできてた坂口健太郎が、後編ではほぼ空気状態だったな。

私に警察モノを受け付けるスキルがないという前提で開き直ってますが、

そもそも小さい子供が殺されるという設定が私はダメだ…。
永瀬正敏の立場で考えると、せめてもの救いとして犯人に厳罰が下されたという演出が欲しかったという個人的希望。
しかも娘の目の前で父親を逮捕させるって、これもどうなの。子供の心を切り刻むような表現で見ていてつらい。

警察もマスコミも内輪でただワイワイやってるだけで、犯罪被害者だけがさらにつらい思いをさせられているようにしか思えなかった。
>|