64 ロクヨン 後編の作品情報・感想・評価

64 ロクヨン 後編2016年製作の映画)

上映日:2016年06月11日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.5

あらすじ

昭和最後の年、昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で「ロクヨン」と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点として14年が過ぎ、時効が近づいていた。平成14年、主人公の三上義信は「ロクヨン」の捜査にもあたった敏腕刑事だが警務部広報室に広報官として異動する。そして記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発…

昭和最後の年、昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で「ロクヨン」と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点として14年が過ぎ、時効が近づいていた。平成14年、主人公の三上義信は「ロクヨン」の捜査にもあたった敏腕刑事だが警務部広報室に広報官として異動する。そして記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発生。刑事部と警務部の軋轢、未解決のロクヨンと新たな誘拐事件の関係、そして三上の一人娘の行方——。怒涛の、そして驚愕の展開が次々と三上を襲う。

「64 ロクヨン 後編」に投稿された感想・評価

豪華キャストを活かしきれず終わってしまった感。
犯人捕まえてハイ終わり的で…64の真相というかもっと深く知りたかった。

でも、2作通してとても楽しめました。
一気見した。
これまた食い入るように観た。
キャストの演技がうますぎてムカついたりイライラしてしまったけど、それぐらい面白かった。
ぱぐ

ぱぐの感想・評価

4.6
前後編続けて観るべし
前編からの長い伏線が「この車は今、64の捜査指揮をとっている」のセリフで全て繋がる。原作に忠実なのは以前のドラマ版よりもこちらだろうか。ほとんどセリフのない永瀬正敏が娘を失い、全てを失いながらも途方も無い執念で結果的に全てを繋ぐ、存在感のある父親を演じる。
す

すの感想・評価

2.8
前編の方がおもしろかった
aym

aymの感想・評価

4.0
後編しか見とらんのに良かった
aco

acoの感想・評価

3.0
前編に続き、後編もドラマ版の方が良かった。
原作が面白いから、映画も決して面白くないわけではない。
でも、あのドラマの独特の世界。電話の音とか映像の暗さとかそうのうのも含めて、NHKはすごいな、と。

映画だから、役者がドラマよりも豪華になってたけど、坂口くん要りますか?なんだかもったいないわ
kosuke

kosukeの感想・評価

3.9
魂と魂の擦れ合い。
正義とはこれだと強く物語っていましたね。
Reyas

Reyasの感想・評価

-
前後編に分けなくてもよかった。
>|