64 ロクヨン 後編の作品情報・感想・評価

64 ロクヨン 後編2016年製作の映画)

上映日:2016年06月11日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.5

あらすじ

昭和最後の年、昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で「ロクヨン」と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点として14年が過ぎ、時効が近づいていた。平成14年、主人公の三上義信は「ロクヨン」の捜査にもあたった敏腕刑事だが警務部広報室に広報官として異動する。そして記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発…

昭和最後の年、昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で「ロクヨン」と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点として14年が過ぎ、時効が近づいていた。平成14年、主人公の三上義信は「ロクヨン」の捜査にもあたった敏腕刑事だが警務部広報室に広報官として異動する。そして記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発生。刑事部と警務部の軋轢、未解決のロクヨンと新たな誘拐事件の関係、そして三上の一人娘の行方——。怒涛の、そして驚愕の展開が次々と三上を襲う。

「64 ロクヨン 後編」に投稿された感想・評価

豪華キャストを活かしきれず終わってしまった感。
犯人捕まえてハイ終わり的で…64の真相というかもっと深く知りたかった。

でも、2作通してとても楽しめました。
Ayaka0227

Ayaka0227の感想・評価

3.7
ドラマだと主演はピエール瀧で、映画は佐藤浩市。

主人公は、もともと小説を読むと分かるが容姿があまりよろしくない設定。

男前の佐藤浩市がその役を演じるのは限界あるよなあって思いながら観てました。

しかも主人公の娘も母が美人なのに対して父の遺伝を濃く受け継いだがために、容姿が悪いことをコンプレックスに思っている設定。その役を映画では、芳根京子が演じています。

その娘が父親に向かって、あんたのせいでこんな醜い容姿になったから整形させてくれって当たり散らしてて、そんなことキラキラした美しい芳根京子に言われても…

「は? ふざけないでください。整形するところ見当たらないくらい完璧やんけ」

としか思わず映画に集中できませんでした。ストーリーは面白いです。
佐藤浩市と夏川結衣からどうやってしてもブサイク生まれないやん。
もうちょい配役考えてくれたら、映画に入り込めました。
のろ

のろの感想・評価

3.5
メモ
ずっしりとした邦画
SILVER

SILVERの感想・評価

3.5
64の解決に本腰が入る後編。
後編はサスペンスとして先が読めない展開。
有名なキャストは演技が優れているからこそ有名になれたんだと実感できる作品でした。
ハルナ

ハルナの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

まさか!まさかの犯人
やっぱり自分がしたことって回り回って帰ってくるんだなと
三上さんの刑事魂最高にカッコよかった
警察の上層部って毎回映画で悪い感じに描かれてる気がするから実際もそうなんだなぁと思っちゃった
犯人、コイツかーって
前編後編合わせて観たけど
感情まるっと持っていかれた。
キャスト陣の演技の素晴らしさ
S

Sの感想・評価

3.0
犯人がクズすぎてむかついた
それだけ役者さんの演技がすごいのか

14年間の苦しみから解放された人達をみて少しうるっときた
kobaemi79

kobaemi79の感想・評価

3.8
後半もダレることなく見応えがありました

確かに、サスペンスだけど人間模様が描かれてるドラマだった

実際にあんなことあるのか?と疑わないわけではないけど、保身のためにひた隠しにするっていうニュースや問題は沢山あるものな

見てよかった!って思える作品でした
KU

KUの感想・評価

3.8
広報官として責務を全うする中で、胸中にある我が娘への思い、そして葛藤する佐藤浩市さんの姿が印象的だった。
はる

はるの感想・評価

3.2
64年に閉じ込められた人たちの執念を描いた、人間味あふれる映画
でもミステリー要素というよりは、人間模様って感じだった
>|