64 ロクヨン 後編の作品情報・感想・評価

64 ロクヨン 後編2016年製作の映画)

上映日:2016年06月11日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.5

あらすじ

昭和最後の年、昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で「ロクヨン」と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点として14年が過ぎ、時効が近づいていた。平成14年、主人公の三上義信は「ロクヨン」の捜査にもあたった敏腕刑事だが警務部広報室に広報官として異動する。そして記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発…

昭和最後の年、昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で「ロクヨン」と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点として14年が過ぎ、時効が近づいていた。平成14年、主人公の三上義信は「ロクヨン」の捜査にもあたった敏腕刑事だが警務部広報室に広報官として異動する。そして記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発生。刑事部と警務部の軋轢、未解決のロクヨンと新たな誘拐事件の関係、そして三上の一人娘の行方——。怒涛の、そして驚愕の展開が次々と三上を襲う。

「64 ロクヨン 後編」に投稿された感想・評価

灯

灯の感想・評価

3.7
凄かった。
三崎の想いの強さに涙が止まらなかった。

父・母・子供の心を砕いてしまった、
でもそれに気付いて受け止めてる三崎は
かっこよくて、
だからこそ娘さん帰って来てほしかった。
お父さんの姿見てほしかった。

瑛太さんや綾野剛さんの
三崎を思いながらの台詞も素晴らしかった
犯人、コイツかーって
前編後編合わせて観たけど
感情まるっと持っていかれた。
キャスト陣の演技の素晴らしさ
S

Sの感想・評価

3.0
犯人がクズすぎてむかついた
それだけ役者さんの演技がすごいのか

14年間の苦しみから解放された人達をみて少しうるっときた
kobaemi79

kobaemi79の感想・評価

3.8
後半もダレることなく見応えがありました

確かに、サスペンスだけど人間模様が描かれてるドラマだった

実際にあんなことあるのか?と疑わないわけではないけど、保身のためにひた隠しにするっていうニュースや問題は沢山あるものな

見てよかった!って思える作品でした
KU

KUの感想・評価

3.8
広報官として責務を全うする中で、胸中にある我が娘への思い、そして葛藤する佐藤浩市さんの姿が印象的だった。
はる

はるの感想・評価

3.2
64年に閉じ込められた人たちの執念を描いた、人間味あふれる映画
でもミステリー要素というよりは、人間模様って感じだった
mochi

mochiの感想・評価

-
深く重たい、後編
tabisuke

tabisukeの感想・評価

2.0
ストーリー ★3
曲 記憶にない
メッセージなし
ズレた映画
事件の解決とそれに関わる人々の矜持を描いた後編。
前編よりはエンタメ性があるので、重たいドラマながら観やすくはなった。
>|