Zuidou

ウイークエンドのZuidouのレビュー・感想・評価

ウイークエンド(1967年製作の映画)
5.0
蛭子能収さんが「ゴダールの中では一番好き」とラジオで言ってたので観てみた。ウィークエンドどころかワールドエンド、週末じゃなくてもはや終末的な、第三次大戦が起こった後の荒廃した世界を見せられているかのよう。戦後無頼派の文学にも近いものがある。ゴダール作品の中では『気狂いピエロ』と『勝手にしやがれ』に次いで分かりやすくパンチの効いた作品だと思う。どこ行っても必ず車が大量に事故ってて死体が転がっている。そして絶え間なく聞こえてくるクラクション、悲鳴、銃声、言い争う声、場違いにも思える重厚な音楽。この人の映画でここまでうるさくて血の量が多いのも珍しいのでは。