父を探して(2013年製作の映画)

O Menino e o Mundo/The Boy and the World

上映日:2016年03月19日

製作国:
  • ブラジル
  • / 上映時間:80分
    監督
    アレ・アブレル
    脚本
    アレ・アブレル

    「父を探して」に投稿された感想・レビュー

    こりん
    こりんの感想・レビュー
    4日
    4.7
    少年の優しき夢を笛の音色で浄化する(^^)

    ある少年は出稼ぎに行った父親を探す旅へ‥

    そこから広がる世界。それは、ブラジルの叫び‥とクレヨンタッチで描く色彩豊かな世界✨綺麗だ。

    旅の中で出会った人達。プランテーションで働くおじいちゃんや都会から綿を縫う若者。

    不思議と癒し、哀しみが詰まった物語を楽しめる。こういった世界観は、嫌いじゃない。

    オリンピックでは分からなかった新たなブラジルを発見できる。やっと見る事が出来て良かった✨オススメします。
    ららら
    らららの感想・レビュー
    5日
    3.5
    色彩豊かなアニメーションに心洗われる。
    人びとが奏でる音楽がカラフルな玉になって空に舞い上がり一羽の美しい鳥になる描写がとてもすき。
    ラストがゾクッとした。
    猿
    の感想・レビュー
    5日
    -
    言葉がないけど理解できるすごい
    アニメの雰囲気がとてもいい
    乗物とか建物がかっこよい
    ただ父を探しに行くだけかと思った
    こう
    こうの感想・レビュー
    5日
    4.6
    セリフが無くても、
    鮮やかな色彩と
    柔らかな音楽と
    幾何学的な映像と
    壮大なストーリーがあれば
    まだまだアニメの可能性は限りないんだと痛切に感じさせられる作品。

    今までには感じたことのない映像体験の中に貧困問題、軍事問題などブラジルが抱える現実をしっかりたたきこんでいるのは素晴らしい!

    ラストには「!」と頭をガツンとやられたような感覚に陥る。
    正月に観たユーリー・ノルシュテインのアニメでも感じたが、感情をいかに視覚的に感じ取れるかが大切だなと。
    この作品もあとになればなるほどジワジワ感じてきそうだ…。
    もっこ
    もっこの感想・レビュー
    5日
    4.0
    ブラジルのアニメーション。
    アートアニメーションが好きな人や絵本が好きな人には全力でオススメしたい作品。

    パステルやコラージュで描かれたアニメーションで、とにかく色彩が美しい。音楽や色が記号的に配置されているので、セリフがなくても感覚的に理解することができた。

    観る前はもっと抽象的なものを想像してたけど、意外に構成がしっかりしていて社会メッセージも込められた真面目な作品だった。
    終盤でちょっとビックリな展開があり、あーそういう話なのかってちょっと切なくなった。
    子どもも大人も楽しめそう
    Rin
    Rinの感想・レビュー
    5日
    3.5
    少年が父親を探しながら世界の様々なものを見て知っていく物語。

    会話がないため内容を理解するのが難しい( ´⚰︎` )

    映像は色鮮やかで独特の世界観☆
    中身は格差社会や発展による環境汚染などブラジルの現状が描かれてます‥

    でも作中の音楽シーンはとても前向きな気持ちにさせてくれます。いろいろな楽器を使って自由に奏でる音楽の素晴らしさをカラフルな玉で表現しているのが良かったです( ˊᵕˋ* )
    testes
    testesの感想・レビュー
    6日
    4.0
    邦題:父を探して
    英題:THE BOY AND THE WORLD
    原題:O Menino e o Mundo

    内容的には、"少年と世界"が一番しっくり。
    邦題のセンスがないのか、敢てこのタイトルにしたのかは謎。

    それはともかく、とても良かった。

    NHKのあの名前を思いだせないけど青虫アニメ?の世代としては
    主人公のカーク少年の目?をみたときに、お?!と思いもました。
    全く関係ないけれど。笑

    設定とか派手な演出で楽しむタイプでなく
    観る側の想像力を引き出させて魅せるタイプの映画。

    しかしなるほど…これを劇場で観ていたら2016年のベスト5入り確実。
    そう思えるほどの出来で納得の高評価。
    フィルマの評価が当てになりすぎてそろそろ怖い…笑
    リュウジ
    リュウジの感想・レビュー
    6日
    3.1
    タイトル通り
    父を探す少年の物語でした

    子供が描いたようなアニメーションのタッチと
    子供が見た世界を独特に描いていました


    全体的に悪くはないけどショートフィルムで良かった気がします

    映画半ばで退屈に感じました

    アニメーションは新鮮でしたが30分ぐらいでその新鮮さはなくなりました

    ストーリーの内容は結構社会を風刺しているものでした

    ズートピアやレゴムービーなど現代社会を風刺したアニメ映画は好きですが
    父を探して は少し口説いと感じました

    こういうメッセージです!
    というのが前に出すぎて
    父を探すという本編のストーリーがあんまり関係なくなっている感が出ていました


    1番の落ち目はサントラでした

    同じ曲を20回ぐらい聞かされ
    かなり飽きっぽいです

    会話がない映画となると音楽は結構大事かと思います

    以上のことからショートフィルムだった方がこの映画には向いていた気がします

    会話のないアニメだと
    同じ年に公開されたレッドタートルの方が
    音楽もアニメーションもストーリーも個人的に良かったです


    ただ 父を探して のエンディングは良かったです
    詩的でした
    宮田匠の平凡で非凡な日常
    宮田匠の平凡で非凡な日常の感想・レビュー
    6日
    3.9
    ハッとさせられました。
    表と裏の世界を垣間見れた作品で、いろいろと考えさせられました。

    最後まで観て、話がしっくりきました。

    闇の部分をテーマにしているものの、絵本の中に入ったような色使いが観ていて美しかったです。