父を探して(2013年製作の映画)

O Menino e o Mundo/The Boy and the World

上映日:2016年03月19日

製作国:
  • ブラジル
  • / 上映時間:80分
    監督
    アレ・アブレル
    脚本
    アレ・アブレル

    「父を探して」に投稿された感想・評価

    音楽が良い。アニメもかっこいい。社会批判も、少年の視点を通すことによってごくごく自然な感じ。
    そして終わってからも、あのメロディを思い出す。
    全編セリフ無しなのに伝わってくる。
    悲しさ、嬉しさ、怖さ、楽しさ…。

    子どもが描いたような落書きのような絵の温かな雰囲気が良い。

    音楽も耳に残る。

    社会問題を扱った大人向けアニメだった。
    終わり方はよくわからなかったけど、よかった。
    特に映像。
    かわいい、ふしぎ、こわい、さみしい、あったかい。
    子どもが描いたような淡い可愛い絵がどんどん色が濃く、暗くなっていく。
    まるで、小さな僕でも世界が苦しんでることわかってるよ。と訴えかけてる様
    デジタルに慣れている分、こういう作品を観るとアナログ仕事の良さを再認識させられます。
    大人向けの絵本を読んでいるようでした。
    カラフルで素朴な絵と計算された音楽や効果音、一気に引き込まれました。
    ファンタスティックプラネットもそうだけど、こういった類は眠くなっちゃう!美術館かパルコミュージアムでなきゃ集中できない!立ちながらみたいな〜〜

    でも、とにかく絵がかわいくて、色づかいも好み!色でハッピーや憂鬱、不気味を表現するのもいい。空の色がいちばんときめくな!
    音楽を奏でるときのカラフルなふわふわの玉のシーンは印象的で、込み上げるものがある。涙が出そうになった。音楽フェスにいきたくなるな〜〜

    工場帰りの満員バスの車内が一気に茶色になったのが笑えた。
    パンのジャムを取り合うシーン、砂山を作るシーンもなんかいい。

    一応女子なので、無駄にお買い物したい欲が強いけど、これをみてたらモノなんてあほらしく感じちゃった!不思議と。

    なんとも色彩に反して暗いお話しだけど、背けちゃいけないけど、たのしく生きたいね!

    このレビューはネタバレを含みます

    眠い...。

    ◆『父を探して』 - 言葉は不要。鮮やかな世界が語る、切なくも前向きな人生の賛歌
    http://asunete.hatenablog.com/entry/2016/03/26/023006
    アカデミー賞にもノミネートされたブラジル産アニメ。
    見てよかった。この色彩感覚、大好きだ。素晴らしい絵本を見た時、これアニメーションで見たいな〜とか思った事ありませんか?この作品はその感覚を呼びおこします。大好きな父を探しにいった少年が見た世界は?

    物語はビターで社会的。セリフはほぼないが、現代の縮図という様な象徴的な描写が多い。少年は何を思ったのか。

    説教臭いとか説明が足りないとか言う人もいるでしょうが、アニメと言うジャンルでは最近、特に希少な考えさせてくれる作品です。1つ批判すると、邦題はあまりセンスないですね。英題the boy and the worldは本質を表してるんだから、そのまま直訳すればいいのに。
    メッセージ的には大人向けだが、やはり子供向けでしょう。
    絵は綺麗だけどこれで80分は長い。
    ワーキングクラスはどこもそんなもんでしょう。