父を探して(2013年製作の映画)

O Menino e o Mundo/The Boy and the World

上映日:2016年03月19日

製作国:
  • ブラジル
  • / 上映時間:80分
    監督
    アレ・アブレル
    脚本
    アレ・アブレル

    「父を探して」に投稿された感想・評価

    色々な事を考えさせられた、
    アニメーション作品。セリフはなし。
    音と絵本をめくるような 可愛らしい❤絵が、内容とのギャップを浮き彫りにした感じだった。

    キャラの男の子は………途中から
    「ニャッキ」にしか見えなくて困ったf(^_^;
    とてもイイ作品でした❤
    台詞や字幕は一切なし(なんか言葉みたいなモノは発するが何語なのか不明…)のアニメーション。

    POPでカラフルで不思議だし新しいのかもしれないけど、わたしにはイマイチ入り込めなかった。
    音を視覚でも楽しめるアニメーション。

    その音は色鉛筆やクレヨン・切り絵などに化け、色彩豊かに丸を描きスクリーンいっぱいに広がる。
    なんて美しくて優しい世界なんだろう。

    子供の落書きのような素朴な見た目の主人公は、突如出稼ぎのため家を出た父を探す旅に出る。
    旅の途中に出会う人たち、そして様々な出来事はブラジルの行き過ぎた資本主義による問題を浮き彫りにする。
    そして少年の行き着く先は…。

    美しい世界に映し出されたシビアな現実はその影を深く落とす。

    でもあの父の教えてくれたメロディは、そして音が集い作り上げた大きく色鮮やかな鳥は、人生の歓びとしていつまでも彼の胸に残り続けていたから…と思いたい。

    43/2017
    絵本のように温かな映像で、揺り籠に乗っているかのような心地よさ。もはや寝てたのではないか?うん、たぶん寝てたな!
    映像が素晴らしくても物語へ引き込むことができるかは別問題で、そこはアートアニメの難しいところなんだろうな。
    社会の実像を優しいアニメで見せてくる。
    最後は故郷を懐かしく感じられた。
    押し付けがましくないカラフルな世界が可愛い。色鉛筆、クレヨン、絵の具、なんかそんな風な、紙に描かれるための世界観が良い。だからこそ、途中のシーンが怖い。音の表現が良いなぁ…ほんわか。
    かわいいアニメーションが実は残酷な社会の状況を描いている、という作品も既に結構ありそうだよな~という気がしましたが、この作品はラストにもうひとひねりあって、また最初から観返したくなりました。

    アニメーションが観ていてとても面白い。
    主人公の男の子の顔はニャッキにしか見えないけれど。

    音楽もしばらく頭に残る。
    ブラジル発のアニメーション作品。

    色鉛筆や絵の具、コラージュを駆使したカラフルな色使いに、登場する人物はみんな棒人間とは言わないまでも特徴的でないシンプルな姿。

    ナレーションや、台詞は一切無い本作品。
    その分、この作品の意図するところは事前情報無しに見出すには洞察力と想像力が必要。

    設定はごく普通の家庭にいるごく普通の少年に焦点を当てていて、
    その少年の父が出稼ぎの為に家を発つ。
    父が恋しい一人息子は、我慢出来ずにたった一人で父を捜す旅に出る。
    何人かの人たちに出会い助けられながらの、その道中。
    少しずつ少年の世界観は広がって行き、世界(ここではブラジル)の実情を垣間見ることになる。

    僕の頭に浮かぶのは、「経済発展」という名の成長が抱く、その一方の矛盾。

    少年が目にしてきたものは、
    ① 農村での厳しい雇用環境
    ② 工場でのオートメーションにより職を失う人たち
    ③ 中心部でのきらびやかな世界の、少し離れたところに広がるスラムに生きる子どもたち
    ④ 職を探してさまよう大人たち
    ⑤ その群衆の中に見いだす父の面影
    ⑥ そして自由平等を求め、政権に対する対抗

    僕の目にはこの作品の終わり方は切ないように見えた。
    子どもの頃は自由、
    大人になったら個を捨てて、
    ひたすら働く、
    年を取りその日その日を切に生きる。
    個人の存在は何ら特別でなく、全体の一部。

    そのシンプルに描写された登場人物たちの特徴のない出で立ちが、その印象を助長させる。

    最後の方に環境問題に関する強烈なメッセージを見て取れたけれど、ちょっとむりやりにメッセージを広げ過ぎかなとも思った。

    父の弾いていたフルートの音色や、自由を表す音楽が心地よい。
    美しいアートワークとは裏腹に
    けっこう重い展開。

    邦題が残念で候。