ウェット・ホット・アメリカン・サマー(原題)の作品情報・感想・評価

「ウェット・ホット・アメリカン・サマー(原題)」に投稿された感想・評価

アメリカのノリノリコメディノリが好きな人にはおすすめの作品かと思います。だらだらぐでぐでちょこっとクスリに少しのゲイとセックスにとりあえずディープキスな映画!

観終わった後は祭りのあとみたいに妙に寂しい気分になっちゃいます。
アメリカじゃサマースクールが子供の夏休みの定番ですが、なんだかちょっと羨ましいなーと感じました。

このサマースクールには参加したくないけども!
AnriKimura

AnriKimuraの感想・評価

3.0
みんなバカだしみんな素直!
seishirow

seishirowの感想・評価

3.9
「80年代のサマーキャンプをとことん正確に再現」とネットフリックスの説明にはあったので、そういうつもりで見てたけど、正確⁉この言葉のせいで混乱した。
途中まで何を見てるのかわからなくなってたし、キャラがそれぞれゴチャゴチャとなんかやってるなぁと思ってたし。でも後半のほんと最後のあたりでやっとわかった。
正確で、投げやりなコメディだった。
面白かった。
rimakufu

rimakufuの感想・評価

3.9
可笑しくってなぜか愛らしい、個性的なキャラクター達にたくさん出会えちゃう青春コメディ。
Kota

Kotaの感想・評価

4.4
“10年後の朝9時半にまたここで会おう”

個人的に大好きでした。“バッドチューニング”や、“ナポレオンダイナマイト”が好きな方は是非。
下品なコメディと言われがちだけど、僕なりの考察はそうではありません!!

2ヶ月間のサマーキャンプ最終日の話。
敢えて最終日を切り取るところにまずセンスを感じる。
主役はサマーキャンプの子供達ではなく、それを指導するバイトの大学生たち。

冒頭キャンプファイヤーから始まりその時はただのモブばかりに見えるけど、終わる頃にはその20人に及ぶキャストそれぞれのキャラがしっかり立っているところがすごい。嫌いなキャラがいない!

一日の中で好きな人を振り向かせたい人、童貞を捨てたい人、発表会を成功させたい人、元夫を忘れたい人、ただバカやりたい人など各々にストーリーがありそれが時系列でテンポよく進んでいきます。

そして、自分もこのキャンプの一員になりたいと思わせるようななんともいえない温かい雰囲気が終始あります。
コメディなのでやりすぎ感は否めませんが、それすら愛おしかったです。かなり声出して笑いました。笑

後半宇宙船が落ちてくるシーンがありますが、それにほとんどの人が気づかないところに、人は大小関わらず自分の悩みに精一杯なんだ。というようなメッセージを感じました。

キャスト達は本当に共同でコテージに泊まり撮影をしたらしく、そこからうまれるナチュラルなアドリブもそのまま映画に採用されています。だからこそあの雰囲気も納得です。
ブラッドリークーパーは当時まだ演劇学校の生徒だったみたいです。飛び抜けてイケメンだけど。

確かに下品なネタは多いですが、それ以上に温かい気持ちにさせてくれる映画。
まさにウェットでホットでどうしよもないけど、人間臭くて愛おしい夏物語でした。

アメリカではかなりの人気作だけど、日本ではあまり認知されてないようなので、気になった方は是非見てみてください!

PS.続編ドラマとして、「1日目」や「あれから10年」がありますが、そちらは茶番なのであまりオススメしません。笑
sunmoon

sunmoonの感想・評価

-
恐ろしいほどくだらなかった。ある意味、すごい。ブラッドリーさん笑
ごめんなさい全然面白くなかった
こういうエクストリームなコメディは下品で暴力的で苦手

いい作品って聞いてたからドラマと10年後も見ようと思ってたけど、ちょっと辞めとこうかな
キングスオブサマーのプログラムを買ったらなぜかこの映画とセットの内容だったので観てみた。
確かにこの系統ではあるけどどっちかというと「エブリバディウォンツサム」だったな。
頭がエロでしか埋め尽くされていない若者たちの群像劇。シュールな演出がだんだん激しくなっていって夢か現実かわけがわからなくなって来る。アホで楽しい。

しかし私がこのサマーキャンプ行ってたら「サマーキャンプインフェルノ」の方だったろうから苦痛でしかなかったろうな…
とり

とりの感想・評価

4.0
楽しそう!今となっては伝説の映画?!かは分かんないけど去年のEVERYBODY WANTS SOME!!みたいなレトロさと馬鹿馬鹿しさのミックスが良くって、現在活躍する役者が多い、サマーキャンプ最終日(1981/8/17)の群像劇コメディ(ex.ブラッドリー・クーパー、エリザベス・バンクス、ポール・ラッド)!例え批評家受けが良くなくっとも紛れもなくこれは僕たちの味方だ。夏が終わり皆が去った後のキャンプ場みたいに散らかってるけど、困ったことにそのアンサンブルが嫌いじゃない、少なくとも本作に限って言えば。
作中で皆それぞれの個性すぐ受け入れてくれるし、皆拍手で温かく迎えてくれるし。青春映画が好物ならきっと嫌な気はしないはず。雰囲気好き!ちょっと痛いときもあるけど、ある意味でハイでラリってるということ。つまりビッグ・リボウスキやラスベガスをやっつけろも遠くない?ということ。好き勝手お馬鹿やってるから、こっちも「つながらない」とか「ありえない」とか「どうなってるの?」とかという感想・気持ちは一旦無視。夏の奇跡?
勝手に関連作『エブリバディ・ウォンツ・サム』『ナポレオン・ダイナマイト』
「この夏は最低だと思ってたけど最後の24時間は最高だった」「君たちは最高の友達だ。他にいないけど」

Netflixのオリジナルシリーズで今の出演者が当時の前日譚?を演じるのは斬新!みんなヨボヨボ笑
TOMATOMETER32%、AUDIENCE76%
As comedy, Wet Hot American Summer is a slapdash, fragmented affair that misses more often than hits. As parody, it fails because it attempts to satirize something ridiculous and self-parodying in itself.
ジョナ

ジョナの感想・評価

3.3
楽しそう
>|