yahhotaka

これが私の人生設計のyahhotakaのレビュー・感想・評価

これが私の人生設計(2014年製作の映画)
4.0
元気が出る映画!
しかも、イタリアの事が少しわかった気がする。
日本ト同じ女性に優しくない国なのだ。全く知らなかった。
女性をには礼儀として口説き文句を発するイタリア男のイメージに騙され
女性に優しい国と思っていた。
挨拶代わりに口説くのは女性が大好きな男性が多い国だと思っていたが、
イタリアの男性には女性とはその程度の向き合い方で十分なのだ。それ以上でもそれ以下でも無いその対応だけで十分女性を認めているのだというポーズなのでは?と思い出した。
男尊女卑の象徴として日本が効果的に使われている。上手だなぁと思う。
(と、言う事は日本のイメージは世界的に見て今だに女性は芸者イメージなのだろう。ちょっとがっかり。)
本作は楽しい、女性の自立応援を笑いとペーソスで描き、キャストも最高!でもイタリアの現実をチクッとするところも深いなぁ。

原題はもともとの『生きていてすみません!』がよかったな。