これが私の人生設計の作品情報・感想・評価

これが私の人生設計2014年製作の映画)

Scusate se esisto!

上映日:2016年03月05日

製作国:

上映時間:106分

3.8

あらすじ

建築家として世界各国で活躍しキャリアを積んでいたセレーナは、ふと自分を見つめ直し「新たなステップ」を踏み出そうと故郷のローマに帰ってきた。しかし、イタリアの建築業界は男性社会で、ろくな仕事にも就けないまま貯金も底をついてしまう。そんな時、公営住宅のリフォーム案が公募されていることを知ったセレーナは、男性のフリをして応募し、自分はアシスタントだと偽ってコンペに臨む―。

「これが私の人生設計」に投稿された感想・評価

ちよめ

ちよめの感想・評価

4.1
イタリアのコメディ映画はそこまで観たことないけど多分会話とか雰囲気とか好きなんだよなあ
主人公が女性建築家というポイントだけで観たけどこれは本当に良かった

テンポよく進み素直に面白くて元気ももらえる
意外と社会的にシビアなテーマを扱ってるにも関わらず軽く観られて笑える最高のコメディ

去年劇場で観てたらベスト5には確実に入ってたなあ
かなり好き
イタリア男はカッコいい!!
オネエのニコラ、好き(^^)
ドタバタコメディーで楽しい♪
和奏

和奏の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

破天荒な2人、可愛くて、前向きで、2人で同じ道に歩めないけれどそれぞれの幸せを掴む2人の姿にうるっときた、ポップな音楽とともに、コメディー要素もあるが仕事における男女差別、そこに立ち向かう主人公がかっこよかったです。
PAGE

PAGEの感想・評価

4.3
想像以上に面白かった!
自分も建築を専攻していたのもあり、共感できたところがあった。
とりあえず、みんなキャラ濃い!
Murnor

Murnorの感想・評価

3.8
イタリア版アダムドライバー?
meg

megの感想・評価

3.7

###


ポジティブで優秀な女性建築家、セレーナ・ブルーノ。彼女が一生懸命に取り組んだ集合住宅の公共スペースのデザイン公募、面接会場に行くと男尊女卑が浸透した会社だと判明。そこで、応募者の"ブルーノ"という架空の男性設計士をでっち上げ、「私はブルーノのアシスタントです」と嘘をつく、、、


###


いやー!めっちゃ面白かった!!!設計問題と同時に、同性愛、男尊女卑などもテーマに入れ込んでて、見応え十二分にアリ。
100分でこんなに笑えて泣けるなんて、、、

物語は申し分なし。地味に面白かったのは、序盤では冴えないダサいセレーナが、途中から洗練されて超美人になったこと!!笑
角度によって、テイラースウィフトとオードリーヘップバーンのどちらかに見えていたのが面白かった。

そして、ゲイたち最高。私の友達にもいるけど、性別で判断せずに人として分け隔てなく仲良くしてくれて、本当にいいやつ。

この映画のユーモアもセンスも色も全てが大好き。

セレーナの設計した公共スペースへのアイデアがとにかく素敵。
KazueOgn

KazueOgnの感想・評価

3.8
女性差別がいまだに残る建築業界で検討する主人公がかっこいい!キャリアウーマン!
エルトンはマジ可哀想
>|