カプチーノはお熱いうちにの作品情報・感想・評価

カプチーノはお熱いうちに2014年製作の映画)

Allacciate le cinture

上映日:2015年09月19日

製作国:

上映時間:112分

3.4

あらすじ

友だち、家族、そして、あなた。愛し愛されて、わたしは今、生きている。 南イタリアの美しい街 レッチェ。カフェで働くエレナは、雨の日のバス停で、アントニオと出会った。 アントニオは、カフェの同僚シルヴィアの恋人だった。 性格も生き方もまるで違うのに強く惹かれあった二人は、周囲に波乱を起こした末、 その恋を成就させ結ばれる。 13年後、ゲイの親友ファビオと独立して始めたカフェが成功し、…

友だち、家族、そして、あなた。愛し愛されて、わたしは今、生きている。 南イタリアの美しい街 レッチェ。カフェで働くエレナは、雨の日のバス停で、アントニオと出会った。 アントニオは、カフェの同僚シルヴィアの恋人だった。 性格も生き方もまるで違うのに強く惹かれあった二人は、周囲に波乱を起こした末、 その恋を成就させ結ばれる。 13年後、ゲイの親友ファビオと独立して始めたカフェが成功し、 アントニオとの間に二人の子供をもうけ、公私ともに多忙な日々を送っていたエレナを病魔が襲う…。

「カプチーノはお熱いうちに」に投稿された感想・評価

朝ドラの総集編のように時が流れていく。原題の直訳は「シートベルトをお締めください」だそうで、人生なにがあるかわかりませんから覚悟なさい、みたいな感じらしい。ハードランディング度合いでいったらアルモドバルの「ジュリエッタ」のほうが強烈だよなあと思いつつ、こちらはこちらでコメディっぽいノリがちょくちょくあって観たあとに重い気持ちが残らなくてよいなと思ったり思わなかったり。
山桃

山桃の感想・評価

-
編集が下手なのか?まとまりがあるようなないような…キーラナイトレイの眉毛と田中美奈子の唇の主人公。
yukiko

yukikoの感想・評価

3.0
この邦題は私は好き。この邦題にこの内容なところが良い。
akrutm

akrutmの感想・評価

4.5
重いテーマをイタリア的なカラッとした雰囲気で描いていて、期待以上に素敵な映画でした。所々に挿入される気の効いたユーモアもこの映画を印象的なものにしているし、なんと言ってもエレナを演じているカシア・スムートニアックがとても魅力的です。
Norika

Norikaの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

最初の40分くらいは ??で、特になぜアントニオとエレナが恋に落ちたのかその部分が全くわからなかった。これは最後まで観てやっと少し納得が行く感じ。でも
、あの部分の時系列を逆にする必要性はなんだったんだろう…最後ハッピーシーンで終わらせたかったとか??それが理由ならわたしなら写してないこれまでの思い出のシーンとかをいれるとかにするな、、too confusing すぎる。それにしてもあんなにレイシストセクシストの男を急に好きになるか? 恋はそういうもの、ということを伝えたかったのか…でもそうだとしたらアントニオの最初の差別的な発言とか違う方法でそれを表した方がよかったような気がするし、逆にエレナがアントニオにアントニオの差別発言について言及する場面が欲しかった。
ストーリーも、なんかよくある感じだったし、音楽がなんか冬のソナタみたい( No offense ) で謎にドラマチック。
でも、海のシーンは確かに綺麗だったし、最後の笑い合うシーンも素敵。なによりもイタリア語を聞いてイタリア人の2人の友達のことがすごく恋しくなった。
ちはな

ちはなの感想・評価

3.2
ある夫婦の出会いからの悲喜交々

普通ならしんみり終わりそうな話を 敢えて明るく終わらせてる

ラブラブ恋人時代から夫婦になり
子供にも恵まれ生活に追われ…
そりゃあ 夫婦の倦怠期もくるわけよね
そんな時 妻が…って話で
当たり前のかけがえのない存在に気づき夫婦の再生ですよ

人生山あり谷ありな訳ですが
人との繋がりの大切さがよくわかる作品でした
たとえ 相手が自分サイドの人ではなかったとしても
受け入れられる瞬間はあるのかもしれない


主人公エレナの親友ファビオがもうツボもツボ(あっ 顔が好きって意味です😋)
幸せな女の一生。イタリアらしい男女関係、家族関係が描かれていて、日本やアメリカの映画にはない雰囲気が好い。
nana

nanaの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

Özpetek監督大好きなんです。
イタリア人じゃないのに(から?)彼が描くイタリア人はリアリティある上に最高にチャーミング。ママ姉妹とか好きすぎる。

ヘビーな内容も笑わせてくれる。
もう最後彼女がどうなっちゃったかなんてどうでもいいの。辛すぎる現実は省いちゃおう。

そう、ただ、乱気流に備えなければ。
電気羊

電気羊の感想・評価

3.4
才気ある女性が、雨のバス停で最悪の出会いをした粗野で無教養のDQN男と、別の出会いを切っ掛けに恋愛関係に陥ってしまうラブストーリー。愛し合う二人はやがて結婚したまでは良かったが、弁の立つビジネスウーマン然とした妻とDQN夫では所詮生活レベルが違うため夫婦間の溝が深まり喧嘩が絶えなくなる。しかし、妻が突然の病魔に侵されたことで、関係を修復し夫婦愛を取り戻していくことに。ラスト、出会った頃の自分と再会するシーンは末期が見せた夢なのか、それとも現実なのか。エンディングロールで流れる歌詞が泣かせる。
kasumi

kasumiの感想・評価

3.8
イタリアの美しい街で、性格も信条も正反対の2人が惹かれ合う空気。素敵だったな…ちょっと原題の意味がわからないけれど、字幕翻訳の時点で意味抹殺されているのかしら。
この映画に関しては邦題が素敵だと思う。人との交わりが綺麗に描かれていてはっとした。
それにしても街が美しすぎる。レッツェ。いつか行かなくては
>|