バリー・シール/アメリカをはめた男の作品情報・感想・評価

バリー・シール/アメリカをはめた男2016年製作の映画)

American Made/BARRY SEAL

上映日:2017年10月21日

製作国:

上映時間:115分

3.4

あらすじ

天才的な操縦技術を誇り、民間航空会社のパイロットとして何不自由ない暮しを送っていたバリー・シールの元に、ある日CIAのエージェントがスカウトに現れる。 CIAの極秘作戦に偵察機のパイロットとして加わる事となったバリーは、その過程で伝説的な麻薬王パブロ・エスコバルらと接触し、麻薬の運び屋としても天才的な才能を見せ始める。ホワイトハウスやCIAの命令に従いながら、同時に違法な麻薬密輸ビジネスで数十…

天才的な操縦技術を誇り、民間航空会社のパイロットとして何不自由ない暮しを送っていたバリー・シールの元に、ある日CIAのエージェントがスカウトに現れる。 CIAの極秘作戦に偵察機のパイロットとして加わる事となったバリーは、その過程で伝説的な麻薬王パブロ・エスコバルらと接触し、麻薬の運び屋としても天才的な才能を見せ始める。ホワイトハウスやCIAの命令に従いながら、同時に違法な麻薬密輸ビジネスで数十億円の荒稼ぎをするバリー。しかしそんな彼の背後には、とんでもない危険が迫っていた…。

「バリー・シール/アメリカをはめた男」に投稿された感想・評価

のの

ののの感想・評価

4.7
トム・クルーズが最高に馬鹿で面白かった。実話だなんて信じられない…!
近代史だけでもいいからちゃんと世界史の勉強したいと思った。
Tomoko

Tomokoの感想・評価

3.3
歴史わからん!
ビジネスって怖い……
Lindenburg

Lindenburgの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

お金が溜まりまくっていくシーンのテンポが良く気持ちいい。最後に主人公が殺されてしまうのも映画の終わり方としてはスッキリしてよかった。
なんで日本だと評価がいまいち低いのか疑問に思った、普通に良かった
ぶっ飛んだような話だからフィクションだと思ったのかな?
どうなるんだろうっていうハラハラもあったし、そうなるんかいっていう裏切りもあった
トム・クルーズの映画ほとんど観ないけどこれは良いと思う
トム・クルーズはとにかく本数が多い。どれもだいたいハズレがないが、名作とまでは言えないまでもそこそこ楽しめる作品群の一つと言えそう。
実話を元にした話。冷戦時代のアメリカでCIA、麻薬組織、を股にかけた凄腕の運び屋。逮捕と釈放を繰り返しながら金を稼ぐ。どこまで運びどこまで稼ぐのか。そして、遂に雇い主が最大クラスにまで登り詰める。
テンポよく痛快なストーリーだが深みはあまりない分、娯楽作品として!
AQ

AQの感想・評価

3.2
記録。
moyamoyam

moyamoyamの感想・評価

3.6
これ実話ですか?
ビデオ内容よファンキーさが好き
CIAは仕事押し付けるくせに保険なくて終始モヤモヤしてた
あの金はどうなるんだ。誰の物なんだ。誰の懐に入るんだ。そういうドキュメンタリーも見たい。ないですかね。
ARiES

ARiESの感想・評価

4.4
トムクルーズ😆がいいね✈️

釈放の度に😆爆笑

終盤、車🚗のエンジンを
かける度の声がけも爆笑でした

運び屋の使命ですね 😆

トムクルーズが演じるから
ヒーローに見えるもんね〜🇺🇸✈️

最後まで、飽きずに楽しかった〜
トムクルーズ似合うわ〜〜✈️
👍👍👍👍
am

amの感想・評価

4.0
銃・ドラッグ・札束が飛び交うのにトムがチャラ爽やかだから良い
>|