バリー・シール/アメリカをはめた男の作品情報・感想・評価

バリー・シール/アメリカをはめた男2016年製作の映画)

American Made/BARRY SEAL

上映日:2017年10月21日

製作国:

上映時間:115分

3.4

あらすじ

「バリー・シール/アメリカをはめた男」に投稿された感想・評価

ちひろ

ちひろの感想・評価

3.5
実話をもとにした映画。めちゃくちゃおもしろいというわけではないけれど、私自身が実話をもとにした系映画が好きなのでわりと楽しめた。
全体的にテンポ良く進むので組織や事柄が消化できないまま進む傾向があった。最初は家族を養う為にお金を求めたバリー・シールだが本質のスリルを求める性格がアメリカに使われ、捨てられたように感じた。1番悪いのはCIA⁇
J四郎

J四郎の感想・評価

3.6
トム・クルーズ主演の実話に基づく話。
事実は小説よりなんとやらとよく言いますが、コレが実話??と目を疑うくらいぶっ飛んでます。仮にこんなレベルの話を作ろうものなら、そんなヤツおれへんやろ~と確実にツッコミが入りまっせ。

この映画はクライムもんだと思うんですが、まるでアメリカンドリームを成し遂げた野郎!てな具合に作品のカラーは実に明るい。当時のニュース映像や社会情勢も盛り込みながらテンポよくサクサク進みます。やってる事の重大さを忘れる能天気な作風にトム・クルーズがハマってます。

なんかこんな映画があったな?と考えたら「ウルフ・オブ・ウォールストリート」が近いかもしれない。

話も強烈だが、一番印象的だったのはカメラワークかな?ハンディカメラを多分使っていて、やたらとズームを使用します。コレ、ひょっとしたら酔う人は酔うんじゃないかな?そのせいか、妙に臨場感があってドキュメンタリーを観ている気になる。

これは空の規制がガバガバだった時代だから可能だったそうで、実話としての弾け具合は「ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金」もビックリです。メイキングで判明したが、やはりトムさん。実際に小型機を操縦してるんですね。
AmiSakai

AmiSakaiの感想・評価

3.6
トムクルーズは悪いことしてもトムクルーズ。
面白かった。ウルフ・オブ・ウォール・ストリートと似てる、

ポンポンとテンポよく進むストーリーは本当良い意味で可もなく不可もなくって感じの物語を作ってる。。
トムクルーズはこの手の可もなく不可もない作品がなんとなく合ってる。笑

そしてこれが実話ベースってのが面白いよね。当時の歴史的背景とか地味に見れてそこもそこで面白かった◎


パイロット志望の友達がいるんだけど、凄いかっこいいなって思い始めた、単純だけど笑
unknown

unknownの感想・評価

4.1
これが事実に基づいてるとかヤバいと思う。波瀾万丈な人生てっ感じで面白かった(ラスト虚しいけど)
演技うまい。ストリーは間延び感もある。また観る。
ジン

ジンの感想・評価

-
有り余ったお金隠すために庭掘ったら、前に埋めてたお金出てくるところ好き。
これ実話ってやばいなーと思った
トム様こういうの安定で似合う
>|