クリミナル 2人の記憶を持つ男の作品情報・感想・評価

「クリミナル 2人の記憶を持つ男」に投稿された感想・評価

なんか捜査官の記憶を植え付けられた死刑囚的なのがわちゃわちゃする話。
記憶が2つあるからなのか主人公が何をしたいのか結構終盤まで分からなかったです。主人公側の組織と相手側の組織もイマイチどっちが悪役なのかも分からなかったです。まあオチはふつうにあったからモヤモヤはないです。
なんかワンダーウーマン出てた。
デッドプールとワンダーウーマンとロビンフッドとバットマンの相棒が出てくる超豪華な映画
ケビンコスナーカッコいい!言うまでもないけど言っちゃう笑

ジェリコの破壊力と殺傷力に見惚れた。痛みにも感情にも無頓着で躊躇ない感じがすごくいい。ケビンは熱苦しい正義だけでなくサラッとした極悪がほんとに上手い。あの声で歌うように吐く暴言。何回も繰り返し観て(聞いて)しまう。
鼻をかくラストにキュン♡とした。したけども!ジェリコとしての記憶と葛藤、苦悩がここで出るもんじゃないのか?オリジナル人格がクズだからって無視したら物語の軸が揺らぐんじゃないかな。
何なら覚えてないと暴挙に出て撃たれてしまった方がわたし好み。あ〜でもケビンが撃たれて死ぬラストじゃ二番煎じって言われちゃうかね。
ゆ

ゆの感想・評価

3.0
ガルガドットくそ綺麗

ポープの記憶はなくなったままになったみたいだけどそれは一応1人の人間消したようなものだけどいいのかと胸糞悪い感じで終わった
人の記憶を他人に移し替えるという技術…

CIA捜査官が任務中に殺害されてしまい、彼が持つ情報を得るために、CIAは服役中の犯罪者の脳を使って死亡したCIA捜査官の情報を移植させ、捜査中の犯罪を食い止めようとします。しかし移植した犯罪者が超S級のくせ者。CIAの筋書きは狂い出し、思いどおりに事が運ばないというお話。

CIAはなぜそんな凶悪犯を移植先に選んだのか分かりませんが、その犯罪者を演じたのが、90年代ブイブイ言わせたケビン・コスナー。

今作は、今までのケビン・コスナーでは想像できない悪役っぷり。トラボルタやミッキー・ロークもそうですが、ハリウッドスターは皆んな歳をとったらマッチョになって悪役を演じなければならないのでしょうか?

脇を固める俳優陣は、ゲイリー・オールドマン、トミー・リー・ジョーンズ、ライアン・レイノルズ、ガル・ガドットと豪華な布陣。特に殺された捜査官の妻を演じたガル・ガドットの美しいこと。この役に彼女はピッタリだったと思います。

設定に無理はあるけど、導入としては「ジェイソン・ボーン」みたいで面白く、ケビン・コスナーの悪役っぷりも斬新で良かったと思います。しかし後半になるにつれて、筋書きがどんどん都合良くなっていき、最後は"へー"という"無"に近い感情しか残りませんでした。

最後あんな終わり方で本当にいいのでしょうか?
今考えても、やっぱり納得できません。

このレビューはネタバレを含みます

重大な任務を任されたCIAエージェントが任務途中で殺されてしまう。彼がやり残した事を遂げるため、彼の記憶を辿るため、彼の脳から他人の脳へ記憶を移植する。その人がその人たる為のアイデンティティは外見ではなく、記憶や行動なのだろう、と改めて感じた。なかなか面白かった。
新しい展開と思う。
面白い❗
katsuya

katsuyaの感想・評価

3.7
感情のない凶悪犯が移植されたCIAの記憶により徐々に感情を得ていく物語

最終的にどっちの人格になったかわかんないけど、ジェリコが残ってて欲しいな〜って思った

初めは戸惑いつつも徐々に感情が出てくる描写が上手くて、純粋に楽しめた
しょう

しょうの感想・評価

3.5
イギリスを舞台にしたスパイっぽいアクション映画。俳優陣が非常に豪華。凶悪犯罪者がスパイの記憶と習慣を移植されるというのが最大の舞台装置なんだけどなんか微妙。ラストもそれでいいんかいという展開でブラックコメディかと思った。
キャスト豪華
>|