抹茶マラカス

ラ・ラ・ランドの抹茶マラカスのネタバレレビュー・内容・結末

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)
3.9

このレビューはネタバレを含みます

間違いなく良作だが、しっくりは来なかった。ミュージカル映画が苦手なのかもしれない。エマストーン自身はえもいわれぬ丁度良さを持ってて素晴らしいが、歌って踊ってならハリウッドよりブロードウェイを目指すべきだし、脚本賞にノミネートされる程か疑問なストーリー展開。予告編の時点でオチまで予想できるよ。
音楽や原色中心の色鮮やかな衣装は見て、聞いて楽しいのは間違いないので損はない、とは思う。

P.S.
エマストーンはハリウッド女優へと5年で駆け上がったが、そのことが何を意味するのか。
恥を忍んで一人舞台をやったその勇気が道を拓くというメッセージなのか、元々実力があっても運がないと発掘されないハリウッドのシステムへのアンチテーゼなのか、ジャズ、あるいはライアンゴズリングとの出会いが彼女を一段上に引き上げたのか。
結局、一番伝えたいメッセージが何なのかはよくわからんかった。