MARUKO

ラ・ラ・ランドのMARUKOのレビュー・感想・評価

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)
5.0
この作品はほんとに好き。
誰がなんと言おうと好き。
このラストはずるい。
誰があんなサプライズ想像できたか。

オープニングで持っていかれ、
パーティーでワクワクして、
恋愛でときめいて、
だんだんが現実が見えてきて…

次第にミュージカルも色も褪せて、
え?こんなに渋いのか…
そのままラスト。あ~、このままあのピアノが流れて切なく終わるのか…

と、思いきや!
もうほんとにびっくりした。
そこからはもう鳥肌が止まらない。
華やかであればあるほど切ないあの感覚。
ああ、終わらないで…とどんなに思ったか。
正直あのラストがなかったら、間延び気味の王道なラブストーリーだった。
でも、このラストのための長く静な助走だったのかと考えると最高すぎる。

フィルム映像の中の家族。プールサイドに座るミアと子供。
その時ミアは、家にいるのに不自然に鮮やかな青のドレスを着てるんだよね。
その不自然さがむごいほど切ない。

あの曲で出会った2人。
最後の微笑みの後に、セブは次にどんな曲を奏でたのか。
1,2,1234……

すべてのシーンが好きで、すべての音楽が好き。
まだ、品川IMAXで初めて見たときの興奮ははっきりと覚えてる。
一年前から期待して、公開初日。その一年分熟成させまくった期待の遥か彼方上を悠々と超えていった嬉しさたるや。
今ものすごいラストに出会ってる…‼って、全身で感じてた。

変に社会性とかメッセージ性を込めるのが流行ってるなかで、これを作っちゃうんだから!チャゼル監督大好き!
次の“First Man”、またチャゼル&ハーウィッツのコンビでしょ?楽しみすぎる。

p.s.このラストのためにいくら使ったかw
万超えです…