あおい

ラ・ラ・ランドのあおいのレビュー・感想・評価

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)
3.7
ミュージカルってあんまり好きじゃないんだよな…って理由でそっとしておいてたんですが、、そりゃみんな揃って絶賛するわ!

ミュージカルの何が苦手かって、当然歌い出されちゃったりしたときに「ねえ、どうしたの?」ってなっちゃうからってのが理由の人が多いと思うんです。でも、本作はめちゃくちゃ魅力的な方法でダンス&歌パートが埋め込まれてるんですよ。(そんなにたくさんはミュージカル観てないですが、これって画期的じゃないのかな…?)
「こんな華やかで煌びやかな美しい世界には本当は手が届かないし、もしかしたら存在しないかもしれないけど、思いを馳せずにはいられない!」ってかんじ。。
なんかWikipediaに『この映画のタイトルはロサンゼルスと「現実から遊離した精神状態」を意味する。』ってあるんですけど、そういうことなんすかねー。

あと『セッション』の先生が非常に俗っぽい人の役になっててちょっと笑ったw
セブのピアノソロとミアのダンスのシーンとか、『セッション』でも見られる、しゃっ!しゃっ!ってパンするカメラワーク、スリリングで好き。

力強くて儚くて悲しくて愛おしい名作!!ミュージカル苦手な方も是非トライしてみてほしいです!!!