うるふ

ラ・ラ・ランドのうるふのレビュー・感想・評価

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)
4.0
金曜ロードショーで。

洋楽和訳シリーズ。

フォロワー様が600名に!
ここまで増えるとは、、、
いつもお世話になっております。
これからもどうぞよろしくお願い致します。


It's nine o'clock on a Saturday
The regular crowd shuffles in
There's an old man sitting next to me
Making love to his tonic and gin

土曜日の 夜9時
常連客が おそろいだ
僕の隣に 座る爺さんが
ジントニックと 戯れている

He says, "Son can you play me a memory
I'm not really sure how it goes
But it's sad and it's sweet
And I knew it complete
When I wore a younger man's clothes."

彼は言うんだ 「若いの 私の青春を弾いてくれないか
もうよく覚えてないんだが、切なくて甘かった
もっと若い格好だったときの話さ」

Sing us a song you're the piano man
Sing us a song tonight
Well we're all in the mood for a melody
And you've got us feeling alright

歌ってくれ ピアノ弾きさん
今夜は歌ってくれ
何かしら聴きたいんだ
楽しませてくれよ

Now John at the bar is a friend of mine
He gets me my drinks for free
And he's quick with a joke or to light up your smoke
But there's someplace that he'd rather be

バーテンのジョンは友達さ
いつも酒をおごってくれる
ジョークが上手で 客に気遣いができる
でもやりたいことが他にあるんだと

He says, "Bill, I believe this is killing me."
As a smile ran away from his face
"Well, I'm sure that I could be a movie star
If I could get out of this place."

「ビル、嫌になっちゃうよ」
いつもの笑みは どこかに消えた
「オレは映画スターにだってなれるんだ
こことオサラバできたらな」

Now Paul is a real estate novelist
Who never had time for a wife
And he's talking with Davy, who's still in the Navy
And probably will be for life

ポールは作家気取りの不動産屋
奥さんをもらうヒマはなかったらしい
海軍が長いディヴィとお喋り
死ぬまで変わらないんだろうな

And the waitress is practicing politics
As the businessmen slowly get stoned
Yes they're sharing a drink they call loneliness
But it's better than drinking alone

あの娘は世の中を勉強中
知らぬ間に男を酔わせている
みんなして孤独という名の酒を飲んでいるけど
独りで飲むよりマシってもんだろ

Sing us a song you're the piano man
Sing us a song tonight
Well we're all in the mood for a melody
And you've got us feeling alright

歌ってくれよ ピアノ弾きさん
今夜は存分歌ってくれ
音楽に浸りたいんだ
みんなお前を待ってるよ

It's a pretty good crowd for a Saturday
And the manager gives me a smile
'Cause he knows that it's me they've been coming to see
To forget about life for a while

土曜にしては混んでいて
マネージャーが僕に微笑んでくれる
みんなが僕に会いに来る
束の間だけでも 現実逃避をするために

And the piano it sounds like a carnival
And the microphone smells like a beer
And they sit at the bar and put bread in my jar
And say, "Man what are you doing here?"

ピアノの響きは宴を奏でる
ビールのような香りのマイク
客席からは チップが投げられ
「こんな所でくすぶってるのか?」って声掛けされる

Sing us a song you're the piano man
Sing us a song tonight
Well we're all in the mood for a melody
And you've got us feeling alright

さあ、歌ってくれ ピアノ弾きさん
いいから今夜は歌えよ
音楽がないとやってられない
お前に任せるからさ

訳詞 うるふ  またまたビリー・ジョエルで『piano man』(ピアノ弾き)
ちなみに、この歌詞ってビリーが経験した実話らしいです。
不思議とお酒が飲みたくなります(まだ飲めないけど。笑)
和訳付き原曲
https://youtu.be/kbFjsqxuZbc

エンディングがとっても粋。
『カサブランカ』などクラシックへのリスペクトもあり、楽しめた。
二回目なのに隣で見てた母親が号泣してて、思わず苦笑い(笑)
チャゼル監督の作品に出てくる男性キャラクターって、徹底的に『嫌われ役』だよね。