ラ・ラ・ランドのネタバレレビュー・内容・結末

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

4.0

あらすじ

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功…

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

「ラ・ラ・ランド」に投稿されたネタバレ・内容・結末

映像は綺麗でした!面白いカメラワーク!
お客さんとぶつかってコーヒー零しても、映画館で上映中に壇上に乗って邪魔しても謝らないヒロインが苦手でした。細かいことが気になって感情移入しきれなかった。歳をとったからかしら……
歌はそんなに好きではなかった。
最後の終わり方がとてもよかった。
2人がよりを戻さず、お互い笑顔でお別れ。
アマゾンプライムに来てようやく見れた!

とにかくお洒落。
曲もダンスも歌声もお洒落。
色使いに衣装、景色から建物まで全部完璧にお洒落。
ライアン・ゴズリングかっこいい。

セバスチャンがミアにひかれて急激に大人になって、夢とは違っても現実的になっていく姿には共感。
夢を追い続けて傷付いたミアを最後のオーディションに向かわせるところまでの、互いがいたからここまでこれた、夢を忘れずこれたのは良かった、
んだが、夫よ誰だお前?!?!
訳わかんない奴と結婚して子供までいるミア…
現実的というか、まぁ、そう全てが上手くもいかないよね、と思わなくもない、けど、そんな本当はこうなるはずだった的完璧にしあわせなパラレルワールドまで見せておいて、なんだよそれはー!!!!
夢見させて…

結局ミュージカルにはベタなハッピーエンド、パワフルな歌声、派手めな演出、コメディ要素を求めてしまって、物足りなさがある…

IMAX2Dとかで見たらもっと違ったんだろうか…
物足りないあまりにグレショをもう一回見てしまった…
後半もの凄いヒリヒリした
最後の為に観る価値がある!
走馬燈のように選び取らなかった未来を思う時!
最初からキスしてれば良かったんだ!
ハッピーエンドでも良かったのかも知れないけど、自分はこの終わり方が好きです。
DVD視聴。
女優を目指す女性と、ジャズバー経営を目指す男性とのラブストーリー。
ミュージカル感比較的薄め。でも、雰囲気は良かった、
お互い夢を追いかけるために別れて、5年後再開(けど、女性側はもう別の男性と結婚してた)。
ダサいといいつつ、セブズという名前でバーを開いてたのには少しうるっとした。
終わり方、凄い秒速5cm感。ただ、途中の描写が女性中心だったからか、印象がちがった。秒速は男性人気高いけど、本作は女性の方が好きそう。
個人的にはグレイテストショーマンの方が好きだけど、ララランドもよかった。泣きはしなかったけど。
綺麗で楽しめるミュージカルムービー。ラストに関しては賛否両論あるも、私は好きです。
アマゾンプライムにて、吹き替えで見た。
上映時にわりと炎上してたのでめちゃくちゃ色眼鏡がかかった状態だったんだけど、見てみたらいい映画だった。
「君の名前で僕を呼んで」のさわやか大人バージョンと見ることもできるというか、最後のシーンは「未練がないわけではないが、まあ君も幸せになれよ」と見ることもできるし、「僕の人生において君と出会えてよかった、君という存在に影響を受けたこそ今の僕がある。ありがとう」っていうハッピーな見方もできると思う。
音楽が素晴らしかった。

結ばれなかったけど、お互いを尊重して、良い思い出になるんだろうなぁ。
前評判高すぎた、監督の別作品が好きだったので個人的にも期待しすぎた、などの要因もあってかちょっと楽しむことが出来ませんでした。

本当に好みの問題なんだと思いますが、恋愛モノで、一番好きな相手とは違う相手とくっつくという展開が私の中では地雷なのだと思います。
>|