ラ・ラ・ランドのネタバレレビュー・内容・結末

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

あらすじ

「ラ・ラ・ランド」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ある男女の人生を描いた映画。
セブとミアがそれぞれ抱く夢に対する苦悩、葛藤が描かれていて、その上で夢を抱くってのはいいことだなぁと思わせてくれる。また、オープニングの曲もその夢を抱く人々の陽気さを想起させ、流石はミュージカルと思わせる。
締めのセブとミアの再開からの一連の流れはまさにこれが人生の切なさだと言わんばかりの展開で、恋愛の酸いも甘いも入り混じった切なさを感じさせる。
恋愛も夢もいいなぁと思ってしまった。

今更ながら。爆音上映で。

よかった~ミュージカル映画だいすき。
音楽もダンスも◎◎

最後の回想?もうめちゃくちゃハッピーなのに叶わなかったもしも、なんだなとおもうとうわ~~ってなりました(語彙)

切ない切ないハッピーエンド
音楽はとてもよかった。
エンドが悲しかった。ハッピーエンドが好きなひとにはおすすめしない。
いつまでも今まで見ていなかった物や知らないことを、
「興味ない」の一言で片付けているのダサい。
せめて理解しようとする行動はしよくと思い鑑賞。

夢を追いかけて、バカにされ傷つくミアが切なかった。
女優に憧れる自分に素直に、努力して行動してるけど、周りの人の視線は冷たい。

自分の日常生活でも、「自分の思いを勇気をだして行動に移してる人」にもっと気づいて、応援したい気持ちになった。

最後2人は結ばれなかったけど、夢を諦めて2人が結ばれるのも違うと思うし、2人ともこれで良いと思ってそうな顔をしてた。

ネタバレとか後で色々読んで、映画では王道ストーリーらしいけど、自分にとっては新鮮だし、感動できた。
まずオープニングの演出がすごい。
めちゃくちゃヒットした割に切ない終わり方なのが珍しいなと思った。
客の入らない劇場のシーンすごく寂しくなる。
ライアン・ゴズリング!!!好き!!!ダメ男な感じとかすごく好きだった。内容としては最後ハッピーエンドで終わって欲しかったなぁっていう浅い感想。でもやっぱどの曲も良くて、めちゃくちゃ耳に残る。ジャズ良い。
愛してるから中途半端なことはして欲しくなくて、お互いの為に選んだ人生だけど、後に沢山の【もしも】が交錯して割り切れない。(結果的に割り切るけど…)
そんな大人な恋愛を鮮やかに、美しく、魅せられました。
夢を本気で追いかけ続けていれば、いつか成功できるが、その裏では諦めなければいけない事も沢山あるんだな。
とても良い良い良い!
まだ観てなかった自分にちょっと後悔した
結末はいろんな意見があると思うけど、人生が全てうまくいくわけではなくて成功の裏には何かしらの後悔とか苦労があることが必然だと思うから良い終わり方だと思った。
・総合3

・ストーリー2.8
・映像・音楽3
・俳優・演技3.5
・エンタメ3.5
・余韻3
・満足感2.8

*またこの手の男...5
わりと、好きな俳優さん2人の映画だけど、、、うーん、完全に好みの問題だけど、恋愛映画である限り、ハッピーエンドになって欲しいんだよねー
ミュージカル映画の中では、レミゼ程のしっかりしたストーリーや感動の展開、すごい音楽はなく、マンマミーア程の明るさ楽しさも無い、ムーランルージュ程の奇抜さもない。
>|