ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:126分
    監督
    デイミアン・チャゼル
    脚本
    デイミアン・チャゼル
    キャスト
    ライアン・ゴズリング
    エマ・ストーン
    J・K・シモンズ
    フィン・ウィットロック
    ローズマリー・デウィット
    ミーガン・フェイ
    ジェイソン・フックス
    ジェシカ・ロース
    ソノヤ・ミズノ
    ジョン・レジェンド
    キャリー・ヘルナンデス
    ヘムキー・マデーラ
    あらすじ
    夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

    「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・レビュー

    ユキユキ
    ユキユキの感想・レビュー
    2017/02/01
    3.9
    アカデミー賞で一波乱ありましたが…他の ”良い映画” たちとは違う良さがある作品。
    「観客に夢を見させる」という映画に求められていることが、音楽や美術、ストーリー、全てにおいてきちんと守られている。映画に親しみが無い人にも「映画って良いな」と思わせる良さがある。そこがこの映画の素晴らしいところ。

    一方、「それって表層的じゃないか?」と物足りなくなってしまう気持ちも分からなくない。映画館で観なくてもこんな高揚感を得られたか?と聞かれたら首を傾げてしまうかも。
    だけど、この映画は、マンネリしてる近年の映画における起爆剤みたいなもので、映画館で映画を観ることの面白さを教えてくれる作品。
    数年に一回はこういう映画が盛り上がってくれないとね〜
    Miki
    Mikiの感想・レビュー
    27分
    4.8
    音楽から物語まで最高
    きりみちゃん
    きりみちゃんの感想・レビュー
    44分
    1.5
    ん??みんなのスコア★4.1すか?なぜ?
    情熱的な恋愛してるわけでもなく、ドラマチックな別れ方ラストなわけでもないし。
    ただライアンセクシーすぎたね。ピアノ弾いて歌って踊ってハリウッド俳優ってそのくらい多才じゃないとダメなのかー。
    ライアンの出っ歯するやつ吹いたわwあんなん見たいファンおらんやろ
    あい
    あいの感想・レビュー
    2時間
    5.0
    ミュージカルあんまり見たことなかったけどすごく感動した
    音楽も雰囲気もストーリーも全てがすごい素敵
    エマストーンとライアンゴズリングは2人とも色気がすごい。
    お気に入りの映画です!
    nn
    nnの感想・レビュー
    2時間
    3.9
    昨日の朝ドラ「ひよっこ」では「ウエストサイド物語」を観に行く主人公達。
    楽しかったようで、帰って来たら真似して歌って踊って・・・かわいい。
    ってことで「ラ・ラ・ランド」を観に行く(・・・)
    1000円だし(・・・)

    ワタクシってばつくづく現実的な人間なのだと思う。
    いや、面白かったですよ。
    オープニングからしてワクワクしたし、何度見てもプールのシーンは息継ぎできない。
    黄色いドレスのミアがセブと踊る夜景の綺麗な丘の上のシーンはとても素敵で、帰ってから真似するならこのシーンねと思ったくらいだ(真似できるのか???)
    ただ、二人がグリフィス天文台で踊るシーンがあって、まさに宙に浮くのだ。
    これは興ざめ。
    だいぶ前に見た「かぐや姫の物語」の時にも感じた違和感を思い出す。
    かぐや姫が不倫相手と手取り足取り宙に舞うシーン。
    これってまさに恋の、もっと言えば性愛の「まさに天にも昇る心地」ってのを表現してるんですか?
    なんだかね〜宙に浮かれると、一気にワタクシの気持ちはクールダウンしてしまうわけです。

    古き良き時代のジャズを愛す男セブは、カッコ良いのですが、少し顔が真ん中に寄り気味なところ?ちょっとしゃくれてるところ?が「土田晃之氏」に見えてしょうがなかった。
    もっと言えば、女優を目指しているミアはワタクシの悪友ユカねーちゃんに似てて、彼女が泣くと心配になったわ。
    そして、最後はそれぞれの夢を叶えて再会するわけですが、ハッピーエンドではないわけで、
    その空白の間がたったの5年間、というのも少々「え?」って感じ。
    その5年間でミアは大女優になって、結婚して、かわいい子供も産んだのか!!!
    頼む、頼むから、ここはハッピーエンドにして欲しかった。
    そしたら、このハッピーエンド好きなおばばは納得して「ミュージカル映画で初めて大好きと言える映画でした」って書くから。
    そもそも、尊敬するタモリ氏のせいで、ミュージカルを敬遠していた。
    よって知識がない。経験がない。
    この「経験」というのは大事だ。
    我が老母を連れて「この世界の片隅で」を観に行った時、母の感想が「よくわからなかった」
    え?わからなかった?どういうこと?何も難しい話じゃなかったよ?と思ったが、
    そもそも本も読まないし、映画も見たことない人には、わからないことが色々あったのだろう。
    それと同じで、ミュージカル映画というものをよく知らないワタクシとしてはやはり、なぜここで踊る?なぜ急に歌う?と思ってしまうのだ。
    そんなこというならウエストサイドストーリーだって、喧嘩してるのになぜ踊る?と、身も蓋もないことを思ってしまうのだから、もう根本からダメなわけだ。

    と、そんな反省を踏まえ、近々「美女と野獣」を見に行こうと思っておるところ。
    ラン
    ランの感想・レビュー
    2時間
    3.6
    サントラ欲しくなる
    はちべえららい
    はちべえららいの感想・レビュー
    3時間
    3.3
    2017.3.3 ANA機内
    miho
    mihoの感想・レビュー
    3時間
    3.8
    きろく
    さー
    さーの感想・レビュー
    4時間
    3.3
    きろく。
    >|