ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:126分
    監督
    デイミアン・チャゼル
    脚本
    デイミアン・チャゼル
    キャスト
    ライアン・ゴズリング
    エマ・ストーン
    J・K・シモンズ
    フィン・ウィットロック
    ローズマリー・デウィット
    ミーガン・フェイ
    ジェイソン・フックス
    ジェシカ・ロース
    ソノヤ・ミズノ
    ジョン・レジェンド
    キャリー・ヘルナンデス
    ヘムキー・マデーラ
    あらすじ
    夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

    「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

    アカデミー賞で一波乱ありましたが…他の ”良い映画” たちとは違う良さがある作品。
    「観客に夢を見させる」という映画に求められていることが、音楽や美術、ストーリー、全てにおいてきちんと守られている。映画に親しみが無い人にも「映画って良いな」と思わせる良さがある。そこがこの映画の素晴らしいところ。

    一方、「それって表層的じゃないか?」と物足りなくなってしまう気持ちも分からなくない。映画館で観なくてもこんな高揚感を得られたか?と聞かれたら首を傾げてしまうかも。
    だけど、この映画は、マンネリしてる近年の映画における起爆剤みたいなもので、映画館で映画を観ることの面白さを教えてくれる作品。
    数年に一回はこういう映画が盛り上がってくれないとね〜
    mizu312
    4.0
    夢を追って何千、何万という人が集まるロスという街を舞台に繰り広げられる若者たちの恋と夢を叶えることの難しさ、儚さ、そして現実と折り合いをつけて生きていくこと。
    いろんなテーマが内包され、キラキラと切なさのバランスが絶妙。
    夢を追い続けるのか、愛しい人の側にいるのか、それが両立できない場合の選択はきっと人それぞれなのでしょうが。
    親しみの持てるキュートさから自信を喪失した打ちひしがれた女の子、そして洗練された美しさまで自由自在に行き来してミアを演じきったエマ・ストーンのアカデミー賞は大納得。彼女の表情に要所要所ではっとさせられます。そしてアカデミー主題歌賞を獲った『City of Stars』を2人で歌うシーンが本当に素敵。そしてラストシーンも本当に本当に素敵。ミュージカル、好きじゃないけど、これはやっぱりいい映画でした。認めます。
    nmo
    -
    この監督独特のカメラワーク好き
    ダンスと歌が最高に良かった。後半は切なくてほろっときました。
    ミュージカル映画ということで、歌やダンスに力が入っていてとてもノリノリになれました。

    ストーリーはどこか大人のラブストーリーという感じがします。
    観る人によって印象が大きく変わってくる映画だと思います。
    曲はいいけど恋愛映画として見たら少し平坦すぎるかなーって感じ
    ラストは切なくてよかった
    エマが本当の夢と愛を両方手にできたと解釈するか、夢しか掴めなかったと解釈するか分かれる脚色で面白かった。私は見た当時後者だと思ったけど、今見たら前者だと思うかも。観る時々で捉え方か変わる映画の良さを感じられる映画。
    よね
    3.0
    これといった名シーンがあるわけでもなく、なんとなくいいっていう雰囲気。確かに音楽もダンスもいい感じだけど、どことなく印象に残りにくい。
    キレイな映画
    観ている間幸せな気分になれる
    >|