ラ・ラ・ランドの作品情報・感想・評価

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

4.0

あらすじ

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功…

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

ちよめ

ちよめの感想・評価

4.6
試写会にて。語彙力降ってこい

変な邦題付けられなくてよかった…
ラ・ラ・ランドってなんのこっちゃいって感じだけど、調べて知れば納得。
音楽は勿論、ダンス、色使い、画面作り、演出の細部に至るまで、デイミアン・チャゼル監督のこの作品への愛がとても感じられました。素晴らしかったです。

ラスト、私はあのタイプの終わり方にとことん弱い…もうがっつり心掴まれました。

様々な作品のオマージュが各所にちりばめられているので、映画や音楽が好きな人は更に楽しめるニクい映画。私はもっと勉強しようと思いました。

4Kで観たい


サントラ買いました


(2/24 2回目)
IMAX @ T・ジョイPRINCE品川

もう展開は分かってるから、終盤に差し掛かるところで泣きそうになった。
終わり方わかんない
wataru

wataruの感想・評価

4.0
ララランド
“Here's to the fools who dream.”
夢見る愚か者たちに乾杯

夢をジャズで表現されたような
夢に向けて、努力を間違えないてどう頑張るか、そして結果をどう捉えるか
もう一度、夢を見直したくなる
ドラマチックであり、鮮やかで切ない、甘い現代の夢に酔いしれる珠玉のミュージカルでした。良かっです。

「ラ・ラ・ランド(La La Land)」は夢の街L.A.(Los Angelesわ)のニックネームで、そこで夢に向かって頑張っている人たちを半分からかったような呼び方だそうです。
zrock

zrockの感想・評価

3.0
デルタ、日本語なんとかしてよ、これくらい有名な映画はw
が、字幕なしでもまあわかるだろと見てみたら、まあそんな感じだった。
JKシモンズはちょっとしか出ないのね。
忍成

忍成の感想・評価

-
ほんと悪いけど

さっっっぱりわからん ごめん
何が悪いとかじゃなくて、この『映画が客を選ぶ』ような感覚が私には合わない。ホラーとか特殊な話だったらわからんでもないけどミュージカルムービーでしょ?これが作品賞だったら……と思うとちょっとやだ。同じ監督ならセッションのが数十倍いい。

あとそういう撮り方なのかも知れんけどエマストーンが終始癇に障るのなんで。こんな顔の人だったっけ?
asehoi

asehoiの感想・評価

3.9
ミュージカル映画を好きになった
良き映画なり

圧倒的芸術な作品

喜怒哀楽、愛、後悔などの
描写が桁外れ

音楽ファッション色使い
たまんないっす。

暗転からのピンスポへの
質感?なんというか
映像の作り方がもう。
pino

pinoの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

んーーー
ダンス

カメラワークは凄いなあって思うし
クールでビューティフルなんだけど
いわゆる一般人にはわからんかった。
後悔するなら本当の幸せ手に入れて欲しかったマル
只のミュージカル映画ではない。

ラストは今までの約120分はこの瞬間のための演出だったのだとさえ思える。
映像や音楽は明るいシーンなのに涙が止まらない。
こうすれば良かった、ああしていたらどうだっただろう、あの時は楽しかった…
あのワンシーンで全てを感じられる。
本当に本当に素晴らしい作品です。
DVDを買おうと決心した初めての作品。
>|