ラ・ラ・ランドの作品情報・感想・評価

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

4.0

あらすじ

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功…

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

じろう

じろうの感想・評価

4.0
バンコクエンポリアムにて。ライアンゴズリング、ピアノも歌も上手い!ってとこにまず感動。エマストーンってミランダカーと同じ系統で日本人受けしそうな顔だな。2人の体が浮き出して空で踊っちゃうとことか、ちょっと好きになれないけど、エンディングは最高。店を出るエマに軽く微笑むライアン。感情移入マックス、スクリーンに向かって拍手しかけました。
fonske0114

fonske0114の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ずっと気になってた作品を遂に観賞。
ハリウッドで夢見る若者をとらえた青春ミュージカル。

前半は明るくミュージカル、後半は前半に比べて暗くミュージカルも少なめ。

とにかく色彩、画面が美しい。遠くからの固定カメラで道路や街を映せば、手持ちカメラで臨場感や不穏な雰囲気を演出したりと映像が美しく、ジャズを中心としたオシャレな音楽もマッチして音楽も美しい。

ミュージカルが苦手なのだが抵抗なく見れた。

物語自体は後半になるにつれてどんどん切なくなっていく。この映画は映画館で見たかったとしみじみ。

最後に...


ミアなにやっとるんなぁぁぁぁぁ!!!!

このレビューはネタバレを含みます

流行り物は見たくないという謎の幼稚な反骨心から今まで見ていなかったが、最近ミュージカル、音楽映画にハマり今さらながら視聴。

正直な感想は、やはりとても良かった。
監督が「セッション」のデイミアン・チャゼル、主演がライアン・ゴズリングとエマ・ストーンのゴールデンペア、脇役にソウルシンガーのジョン・レジェンドや「セッション」でもお馴染みJ・K・シモンズなどとても豪華な俳優陣が揃っていた。

内容としてはハリウッドに憧れる売れない女優とLAに自分のジャズ・レストランを構えるとゆう夢を持つこれまた売れないジャズピアニストの恋を一年追った映画。

冒頭の渋滞のシーンから度肝を抜かれ、スケールの大きさや所々に見られるハリウッドへの皮肉(ブラックジョーク?話題になったグルテンフリーダイエット等)もあり終始飽きることなくあっという間の2時間だった。

出会いが最悪の2人が徐々に近づき、ゴールイン!みたいなありきたりなしょうもない作品は日本のお家芸だが、同じ題材でもここまで顕著に差が出ると少し情けない気持ちになってしまう。
1番の差は2人の結末だろう。
少し納得がいっていない反面、途中に入る空想シーンで理由がわかった気がする。

空想シーンでは、ミアが女優として売れてセバスチャンがパリの撮影に帯同しながら雇われピアニストとして演奏するシーンがあるのだが、それではミアの夢は叶うがセバスチャンの夢は叶っていない。
ただ、現実ではセバスチャンはLAに自分の店を開き、ミアは女優として成功を収めている。
空想のシーンはセバスチャンとミア、どちらが想い、望んだものなのか。
自分は、旦那を連れたミアを見つけ2人の思い出の曲を演奏しようとするセバスチャンの後悔や夢の続きを表現したものだと勝手に思っている。

どちらが夢を諦めるのであれば、このまま結婚し幸せな家庭を築くことができる、しかし2人とも夢を追い距離は離れてしまう。
離れていた2人が5年後に再開、再び恋に落ち…という流れが1番まとまっていて綺麗な終わり方だとは思うが、なぜそうしなかったのか、なにか意図があったのかは正直わからない。

だが、終盤の渋滞シーンでスルリと違う道に抜けて行くミアの車を見て、序盤の渋滞シーンは夢見る多くの若者を表していて、終盤のシーンで抜け出したミアは自分なりの成功を手に入れたのかと感じた。

セバスチャンも成功を収めてはいるが、最後のあのなんとも言えない切ない顔は忘れられない。
見た直後ミアこの野郎としか思わず、今もミアこの野郎と思っている。
途中で消した
映画の魔法を現代に持ち込もうとした作品
プラネタリウムのシーンで二人は宇宙空間を踊りまわるし、セバスチャンがピアノを弾くと周囲は暗くなる
二人だけの世界を映画が全力で演出してるような
前半は楽天的な夢物語っぽいが、後半はややシリアスになる

個人的な考えを言うと、この映画がオスカーの監督賞をとったのは長回しを中心にしたミュージカルシーンのすごさからだと思います
バードマン風(ルベツキ風)の工夫をいれて数カットをワンシーンに見せていて、これを何人もの演者が入り乱れるミュージカルでやるのは相当エネルギーがいるだろうな、と
もちろんそれだけじゃないんだろうけど

エマストーンが女優賞とったのは歌って踊ってしながら複雑な心理の夢追い人とセバスチャンとの切ないロマンスを演じきったから、かな?
ごたごたがあったけど結局作品賞とれなかったのはテーマ性がなかったからでしょうね
アメリカも政治が揺れてるし、社会性が強いほうが賞はとりやすいでしょう
でもあのミスはよくないわー、今さらだけど
SayaWada

SayaWadaの感想・評価

3.0
個人的には感情移入しそうになったタイミングでダンスに入ってちょっと冷めちゃって、の繰り返しだったからダンスのシーンはラストだけでよかったかなあ。ミュージカルは大好きなのだけど。この違和感はDVDで観たからなのか、劇場で観たらまた全然違ったのかも。切なすぎるハッピーエンドには涙、、!
ゆ

ゆの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

音楽が良かった!
あとミアめっちゃ可愛い。
切ないラスト、泣けた
瑛理香

瑛理香の感想・評価

3.9
2018年映画鑑賞12作目。
優しくて暖かい色で懐かしさを感じる映画。

好き嫌いが分かれそうだが自分は好きな映画だった。今更ながら久しぶりにまともな映画を見てしまった。


ミュージカルシーン以外もカットせずにワンシーンを長尺で撮ったりと、観るものをララランドの世界に入れてくれる優しさを感じる。

色彩は意識され尽くしているのだろうが、寒色である青をメインで強調し使いつつも美しい音楽と反意する暖かい色を散りばめているため全体的に不思議と暖かい色を感じる。

ジャジーなサウンドやLAの舞台が自分が経験して来なかった時代や環境すら何故か懐かしく感じる。


自分的にはその3拍子の作品でした。

好き嫌いが分かれると思ったのはストーリー的に自分が生きた目線で鑑賞するときっと味わいが人によって大きく変わるであろうと。
恋愛や人生観てものはそう出なきゃ成り立たないもの。
>|