ラ・ラ・ランドの作品情報・感想・評価

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

4.0

あらすじ

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功…

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

クワン

クワンの感想・評価

4.5
ああ、最高過ぎて、完全に打ちのめされた!
冒頭から、素晴らしい楽曲と踊りに圧倒され、完全に別世界に連れていかれた。その後も往年のミュージカルの懐かしさと現代のテンポアップした感覚が融合されて、高揚感と陶酔感がずっと続いていく。

ライアン・ゴズリングのジャズピアノとエマ・ストーンの歌と踊りと、2人のタップと、夢を追う葛藤、全ての表情が、切なく、そして愛おしい。

夢を追うことのトキメキと切なさと、恋をすることのトキメキと切なさと、
両者に潜む理想と現実が見事に凝縮されて、心の一番深いところまで、突き刺さった。後半は、胸を鷲掴みにされ、悲しいのでは無いのだけど、なぜか涙が止まらなかった。

そして、クライマックスの構成は、もうとどめを刺された感じ。しばらく席を立てなかった。もうアカデミー賞、全部「ラ・ラ・ランド」で染めてくれ!

デイミアン・チャゼル監督が、音楽をモチーフにしながらも「セッション」と別軸の「ラ・ラ・ランド」という映画史に残る傑作を残したことに驚愕する。インタビューで、大好きなウディ・アレンの「世界中がアイ・ラヴ・ユー」にもインスピレーションを受けたと言っていてとても嬉しい。

この映画を観て感じることは、観終わっても終わらない映画だということ。
観終わっても、あの場面、あの音楽が何度も心に蘇り、今も心を揺さぶり続けている。

そして、心の奥底に秘めた情熱も突き動かされるよう。学生時代,LAに留学していた頃、グリフィス天文台で観た風景、描いていた夢が溢れ出した。
それは、もう一度、夢に走り出そう、という合図かもしれない。

この映画は、夢うつつで一時の現実逃避して終わる映画以上の力を持っている。ひとりひとりに潜む自分の夢に光を当て、そこに付随するトキメキ、切なさ、現実、葛藤、孤独、人生をあぶりだす。この作品は、全ての夢追い人への賛歌の物語だと思う。

一時も早く、劇場に走った方がいいと思います。
そして、夢を諦めないことを心に誓いました。
人生は一瞬の夢のようなもの。
ならば「ラ・ラ・ランド」に生きていこう♪
やっぱり、映画って最高だ!!!
hiho

hihoの感想・評価

3.0
オシャレミュージカル映画?

撮り方と衣装がしゃれてる
オシャレ感が全面に出てた

前評判が良かったから期待し過ぎて
少し物足りない
話の展開も個人的にイマイチのれない


オシャレ感出すミュージカルであって力強く愛を叫ぶ事や気持ちをぶつける物ではなかった。
ミュージカル映画は少ししか見てないのでこういのもあるのか
学んだ

些細な事だけど思った事コメントに書かねば
ネタバレ
黒田

黒田の感想・評価

3.5
ライアン・ゴズリングって不思議な雰囲気を醸し出す俳優だなー。時間をゆっくりにしてしまう感じがある。エマ・ストーンは可愛い。
にら

にらの感想・評価

4.0
昔観た映画のセリフやシーンがいくつかあって、そういう部分でも楽しめる。ファッションも可愛くて素敵!

夢は叶う!って気持ちにさせておきながら、現実ってそうだよなって思わせてくるストーリー展開がとても身にくるものがあるけど、何歳で観るかで感じるものが変わってきそうな作品。

音楽は派手なミュージカルに慣れてる方は盛り上がりに欠けると思うかも?
でもしんみり心にくる曲が多くて、自分の中で反芻したくなる。
私はサントラも後々買って聴きなおしました!
yuu

yuuの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

もっとハッピーなミュージカル映画だと思っとったけどなそうではなかった
『もしも』の世界線を出すことでなんとも言えない気持ちにさせる
普通にjazzかっこいい
さとこ

さとこの感想・評価

3.8
record-2017.11.20

大人の人生の選択がリアルに描かれているなぁと。
ただ陽気でハッピー!なミュージカル映画じゃなくて、わたしは好きだな
個人的にこの監督とは相性が良くないみたい。
セッションもイマイチでしたが、これはもっと肌に合わなかった。
演奏が下手なりに“ウィップラッシュ”は格好良くてキャッチーでしたし。
色使いや画作りは綺麗だと思いましたが小綺麗にまとまっている以上のものは感じず。
随所の歌もダンスも何一つハマらなかった。

序盤が本編、という声は周囲にもネットにもよく聞きましたが、正直なところ、これが本編なら後は期待出来ないかも…、と思っていたら本当にその通りだった。
同じミュージカル物なら“レント”の方がずっと良くできている、というのが個人の感想です。
Momoka

Momokaの感想・評価

3.5
とてもお洒落な映画でした。
花束

花束の感想・評価

3.0
ダンスが素敵だった。前評判が高いと見るハードルが高くなってしまうけど、一度は見ておいて正解の上質なミュージカルでした。
>|