ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:126分
    監督
    デイミアン・チャゼル
    脚本
    デイミアン・チャゼル
    キャスト
    ライアン・ゴズリング
    エマ・ストーン
    J・K・シモンズ
    フィン・ウィットロック
    ローズマリー・デウィット
    ミーガン・フェイ
    ジェイソン・フックス
    ジェシカ・ロース
    ソノヤ・ミズノ
    ジョン・レジェンド
    キャリー・ヘルナンデス
    ヘムキー・マデーラ
    あらすじ
    夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

    「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・レビュー

    ngsm
    ngsmの感想・レビュー
    2017/02/25
    3.2

    このレビューはネタバレを含みます

    ありえたかもしれない未来に思いを馳せつつも、現状を肯定していくラストは好き。

    シネマカリテや閉館したシネクイントでかかっていたら、すごい素敵な作品を見た!って思えたんだろうなという印象。

    近年でいったら「はじまりのうた」みたいな受け入れられ方で人気が広まっていくなら自然だと思えるけど、宣伝で言われているような映画史に残る傑作だとか、エポックメイキングな作品かと言われれば、それはあまり腑に落ちない…

    でも公式サイトの推薦コメントでは山崎まどかさん、山内マリコさんといった普段映画を見るときに参考にしている方の絶賛コメントがあってあれだし、瀬田なつきがロマンティックだって褒めてるけど、あなたの映画の方がキュートでロマンティック

    以下気になったところ
    1. 話運びの拙さ

    2人の関係性が大きく変化する2カ所の大事な場面(映画デートと1人芝居後の喧嘩)へのストーリーの運び方がうまくないと思った。

    予定をきちんと確認して、ダブルブッキングがあったら、連絡すればいいじゃん。
    同じような展開が2回続いたので、上手くないなと思った。

    エマ・ストーンはまだ、冒頭でオーディションの予定を忘れていたシーンがあったので、そういうズボラな人なのかなと思えたけど、ライアン・ゴズリングは、不自然で唐突なダブルブッキングで、あのケンカ後ならきちんと予定確認してよ、最低でも撮影で行けないってメッセージ送るのが妥当じゃない?

    2.ミアの魅力の乏しさ

    全編通してミアというキャラクターが好きにならなかった。映画館で上映中のスクリーンの前に立つなんて映画が好きな人がとる行動としてとても信じられないし、やたら音楽を蔑視した態度とるじゃん。ああいう人嫌い。

    ゴズリングも「ドライブ」のときに比べたら…

    3.ミュージカルシーン
    最初とラストは最高だけど、それ以外ミュージカルシーンは迫力もあまりないし、明るく楽しくって感じでもなくてうーんって感じだった


    しかも今感想書いてて思ったのは、考えたことを熱量もって伝えたい気持ちでもないというのが期待していた分すごい残念
    まなみ
    まなみの感想・レビュー
    2分
    3.9
    2017.0316
    TOHOシネマズ新宿
    maco
    macoの感想・レビュー
    6分
    3.5
    とにかく歌が最高!服もダンスも主演の2人も!でも、最初からぶっ飛ばしてて心がついてかなかったのと、春夏秋冬の写し方の微妙具合と博物館で急に宙に浮いちゃうところが自分的に何だか冷めるところがあって映画にのめり込めなかったのが残念。内容は切ないけど2人の関係性はよかったなとは思う。
    タマゴ
    タマゴの感想・レビュー
    7分
    -
    まじよかったー
    burgerlove
    burgerloveの感想・レビュー
    13分
    5.0
    ありきたりな話と見せかけて、よくできていて何回か見てしまいました。
    iui
    iuiの感想・レビュー
    14分
    4.5
    2回目はオープニングから切なくなる
    ayanon7
    ayanon7の感想・レビュー
    15分
    4.5
    オープニングから心を鷲掴みにされて、最後の最後まで最高だった!!監督の、ジャズと映画に対する思いが詰まってて、ライアンの"ジャズは死につつある"っていう台詞が印象的だった。歌って踊るシーンは「雨に唄えば」みたいで、見ててとてもわくわくした!笑顔のJKシモンズが出てきたときは「セッション」とのギャップにちょっと笑えた(笑)映像と歌と演奏と台詞に何回も泣きそうになって、最後SEB'Sで2人が合うシーンは涙が。。。決してハッピーエンドじゃないけど、この終わり方は嫌いじゃない。エマストーンとライアンゴズリングの魅力がたっぷりで2人の事がもっと好きになった!!
    映画館で見れてよかった!もう一回見に行きたい。
    たかひろ
    たかひろの感想・レビュー
    22分
    4.0
    音楽がものっそよかった。アヴィがいた。
    潮騒かもめ
    潮騒かもめの感想・レビュー
    25分
    4.0
    良い映画。劇場でミュージカルやるんじゃなくて、映画でミュージカルやることの可能性を広げているカメラワーク・シーンの構成が意欲的でかなり好印象でした。

    テーマとしてはノスタルジックにやってもいいところを、あえてちゃんと現代設定でやるところは、志として素晴らしいと思います。いえ、「アーティスト」はとても好きで、あちらをdisってるわけでは絶対にありませんが。

    とはいえ、やはり現代に舞台をおいているからこそ、登場人物の所作などへの眼差しが厳しい自分を感じます。そういう自分のせいですが、登場人物への惹き込まれ度はそれほど高くなりませんでした。


    以下、作品自身とは関係のない点含めて、辛口なコメントを。

    主人公(セブ)がジャズかぶれで、一緒にセッションする仲間がみんな肌が黒めなのに、主人公のみ白人っていうのは、別に俳優その人が悪いとかプロデューサーが悪いとは思わないけど、観る側に問題はあるよね、とは思うのです。市場の要請の反映ですかそうですか、と嘆息はします。主人公(ミア)周辺の、恋愛が絡みそうな対象の男性が、セブ以外も揃って白人なのは、さすがにプロデューサーレベルでどうかと思います。ちょい役もいるんだから、少しは混ぜても良かったのでは。ミアが田舎出身っぽい設定だったからなのかな?ジャズバーの客とか、ダンサーとか、黒人ラテン系アジア系混ざってみんなかっこいいのに、女優の仕事周りとか恋愛関係とかが白人ばかりでした。ハリウッドの現実を皮肉ってる、というようなシニカルなスタンスの映画ではないはずなんだけど。はてさて。

    …と、鑑賞後にお茶飲みながら振り返っているのですが、「ミア一生懸命でかわいいよね!(≧∇≦)」ってならなかったのって、上に書いたようなことが意識下に引っかかって「まあ本人としては真っ直ぐにがんばってるんだろうけど無意識に他人の値踏みを現実的にしてる怖い娘」って印象が、大きすぎる眼も併せて私に覆いかぶさったのかな…。
    …求め過ぎ?ごめんなさい。

    あと、俳優が頑張らなくていいから、手元映さなくていいから、良い演奏優先で聴きたい派でした。ピアノの音が、もっとメロメロになりそうなかっこいい奴でトリコにしてくれても良かったのよ、映画としては。俳優のかっこよさは落ちるかもだけど、セブっていう役のかっこよさは、いいピアノでもっと上がったはず。「恋に落ちちゃうよこんな音色ひかれたら!ダメ男でいいー」って思える音で襲ってくれて良かったのよ!あくまで個人の好みです。求め過ぎでごめんなさい。
    >|