ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:126分
    監督
    デイミアン・チャゼル
    脚本
    デイミアン・チャゼル
    キャスト
    ライアン・ゴズリング
    エマ・ストーン
    J・K・シモンズ
    フィン・ウィットロック
    ローズマリー・デウィット
    ミーガン・フェイ
    ジェイソン・フックス
    ジェシカ・ロース
    ソノヤ・ミズノ
    ジョン・レジェンド
    キャリー・ヘルナンデス
    ヘムキー・マデーラ
    あらすじ
    夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

    「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・レビュー

    ngsm
    ngsmの感想・レビュー
    2017/02/25
    3.2

    このレビューはネタバレを含みます

    ありえたかもしれない未来に思いを馳せつつも、現状を肯定していくラストは好き。

    シネマカリテや閉館したシネクイントでかかっていたら、すごい素敵な作品を見た!って思えたんだろうなという印象。

    近年でいったら「はじまりのうた」みたいな受け入れられ方で人気が広まっていくなら自然だと思えるけど、宣伝で言われているような映画史に残る傑作だとか、エポックメイキングな作品かと言われれば、それはあまり腑に落ちない…

    でも公式サイトの推薦コメントでは山崎まどかさん、山内マリコさんといった普段映画を見るときに参考にしている方の絶賛コメントがあってあれだし、瀬田なつきがロマンティックだって褒めてるけど、あなたの映画の方がキュートでロマンティック

    以下気になったところ
    1. 話運びの拙さ

    2人の関係性が大きく変化する2カ所の大事な場面(映画デートと1人芝居後の喧嘩)へのストーリーの運び方がうまくないと思った。

    予定をきちんと確認して、ダブルブッキングがあったら、連絡すればいいじゃん。
    同じような展開が2回続いたので、上手くないなと思った。

    エマ・ストーンはまだ、冒頭でオーディションの予定を忘れていたシーンがあったので、そういうズボラな人なのかなと思えたけど、ライアン・ゴズリングは、不自然で唐突なダブルブッキングで、あのケンカ後ならきちんと予定確認してよ、最低でも撮影で行けないってメッセージ送るのが妥当じゃない?

    2.ミアの魅力の乏しさ

    全編通してミアというキャラクターが好きにならなかった。映画館で上映中のスクリーンの前に立つなんて映画が好きな人がとる行動としてとても信じられないし、やたら音楽を蔑視した態度とるじゃん。ああいう人嫌い。

    ゴズリングも「ドライブ」のときに比べたら…

    3.ミュージカルシーン
    最初とラストは最高だけど、それ以外ミュージカルシーンは迫力もあまりないし、明るく楽しくって感じでもなくてうーんって感じだった


    しかも今感想書いてて思ったのは、考えたことを熱量もって伝えたい気持ちでもないというのが期待していた分すごい残念
    CKPP
    CKPPの感想・レビュー
    14分
    -
    泥酔しながら見た。ヒロインのドレス&立ち姿が本当に綺麗で、それだけでも見た価値はあったと思う。
    しおり
    しおりの感想・レビュー
    37分
    4.0
    オープニングとガールズの曲がものすごく好き。
    踊りたくなる。楽しい。好き。
    田中ぼっち太郎
    田中ぼっち太郎の感想・レビュー
    1時間
    3.8
    夢追い人に乾杯を、たとえ愚かに見えても。

    エマ・ストーンが情感たっぷりに歌い上げる名曲。

    登場人物は夢を追いかけ、LA(ラ・ラ・ランドのタイトルにも含まれていますね)に集ってきた者たち。

    主人公のセブもまたそんな夢追い人の一人な訳ですが、音楽も映画も「古き良きもの」がピークを迎えて転換を迫られるなか、それでも「古き良きもの」にこだわり続ける愚か者なんですね。
    そのこだわりは一種の狂気でもあるんだろうけれども、だからこそいとおしくも思える。

    これは監督のデイミアン・チャゼルにも言えることではないでしょうか。
    本作のテーマが本作の出自自体とリンクすることでより味わい深い作品となっています。
    今作はかつてのミュージカル映画への徹底したオマージュが捧げられています。そしてミュージカルシーンも「そうだ、映画ってエンターテイメントなんだ!」と改めて認識させてくれる出来です。それだけでも一見の価値ありですね。
    とはいえクライマックスの時間の省略が良い意味でも悪い意味でもブランクを感じさせてしまうところはあるのですが。

    映画は新たな局面を迎えていますが、主人公たちと同じようにそんな荒波であがこうとした、そして見事に成功をおさめた一本です。
    TMK
    TMKの感想・レビュー
    1時間
    3.1
    映像が美しかった。
    ミヨシ
    ミヨシの感想・レビュー
    2時間
    -
    鮮やかな色彩で最初から最後まで目が楽しい。音楽に乗ってすぐに終わってしまった。
    fuuuko13
    fuuuko13の感想・レビュー
    2時間
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます


    圧倒的なオープニングも
    夜の街を歩くSomeone in the Crowd 中
    色鮮やかな衣装も今の時代だからこその
    ミュージカル映画って感じで印象的なシーン💓

    周りに何と言われようと自分の信念に
    従って、互いに励ましあって本当に
    大好きなカップルでした。

    セブは腑に落ちないながらも現実的に今できることやって、努力して夢を叶えられた。失うものはあったけど、ミアのパートナーとして支えてるより幸せなんだろうと思いながらしんみりしてしまった。

    ミアは才能が周りに認められて、
    幸せな家庭をもってたけど、
    ミアにとってのセブの存在は相当
    大きなもので、感謝してるんだろな〜と
    ラストの回想シーンで思った。
    YusakuNakai
    YusakuNakaiの感想・レビュー
    2時間
    4.2
    踊りたくなる映画!
    映画館を出た後踊りました。笑

    エンディングに賛否両論あるみたいですが、僕は好きでした。
    監督がやりたい事詰め込んだ感があって、好き嫌い別れそうやなとも思いました。笑

    冒頭の主題歌を歌うシーンで目頭が熱くなり、グッと心を掴まれました。

    割とアナログチックな撮影方法も使われてるイメージで、監督は映画好きであり、音楽好きなんだろうなと伝わってきました。

    主人公の2人がお互いに夢を叶えたので、
    良かったんじゃないでしょう、切ないけど。
    サトミン
    サトミンの感想・レビュー
    2時間
    4.0
    カメラ長回しの凄さ。
    最後は切ない。
    zzzs
    zzzsの感想・レビュー
    2時間
    3.9
    ハッピーエンド好きなので...
    ただ映像は本当に引き込まれた。
    >|