ラ・ラ・ランドの作品情報・感想・評価

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

4.0

あらすじ

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功…

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

ユタ

ユタの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

全体としては面白かったし、すごく楽しめました。ただ引っかかる所はあるかな、と言う感じでした。
(以下、終盤の展開にも少し触れています)

引っかかった所として…
エマストーンとライアンゴズリングが映画を見るシーンが、女優を夢見る人なのに、映画をないがしろにしてる様に見えたところ。
似たように前作でも、同じ舞台に立っているメンバーをないがしろにしてるように感じたシーンがあって、そこがどうしてもどうしても受け入れられなかったので、この監督の苦手な部分なのかも知れません。
自分本位というか、監督は映画や音楽への愛情、敬意が足りない人なのかな、と思ってしまう…。

ただそれも若さ故のもの(監督の方が年上なのに偉そうに言うなって感じですが)で、それがプラスに働いている部分もあるので完全に否定は出来ないのかなと今作を見て思いました。
あとは、中盤はもっと色々出来たような気もするし、
なにより音楽的な豊かさがもう少しあったなら…とも思いました。
不快になったとまではいかないけど、音楽的な価値観、考え方が監督とはあまり合わないのかも…


ただ好きだった所もたくさんありました。冒頭のミュージカルシーンはすごくわくわくさせられたし、様々な映画のオマージュも監督自身が楽しんでやっている感じがしてよかったです。
主演の二人も良くてとにかく、エマストーンが可愛かったです!
また、多分意見は別れるだろうけど少なくとも自分には、
この二人は「出会うべくして出会って、別れるべくして別れた二人」にちゃんと見えた。そこの説得力は感じました。


ラストもホロッとさせられました。

セブがもっとボロボロになっててもいいんじゃないか?というか、結末はもっと苦い方がミュージカルシーンが際立つのではないか、とも思ったけど、セブはこれぐらいの’’小さな救い’’があっても良い人なのかも。
しゃり

しゃりの感想・評価

4.3
究極のタラレバ映画。
たとえ今違う道を歩むことになっても、一緒に過ごした時間と二人の愛は本物だったんだよなー…
(これが冒頭で伏線として歌われてる)

ストーリー云々より、あの高揚感、色彩感覚、何より音楽に魅了される。
そしてライアンとエマは永遠に見ていられるカップル!
いの

いのの感想・評価

3.6
結末が期待していたものと違って残念だったけど、映像がキレイでストーリーのテンポも良くて見やすかった。
天狗

天狗の感想・評価

4.2
やっと観れました。チョー話題作。

観終えて最初に考えたのは、チャゼルという監督は恐らく理系の出なのではないかということ。セッションも本作も共通しているラスト10分の怒涛、そこに観客を放り込んで観客自身の中に怒涛を起こさせるという感動工学的?手法は非常に理系的な計算のようだったから。

気になったので調べるとやはり父親はなんと計算機科学者で博士、本人もハーバードの視覚環境学専攻。やっぱり。

ま、そんなことはおいといて本作ですが、ミュージカル映画としては大したことないな、と思う。ヘアーやレ・ミゼラブル、ムーラン・ルージュとかのほうが完成度が高いと思いました。

それよりもやはり主演の二人の魅力、現実のものになった互いの夢にはお互いの居場所が無かったという絶望的なシナリオとラストの怒涛。これらが本作を昨年度のオスカー総なめに繋げたのではないでしょうか。

でもチャゼルは次の作品ではこの手を使わないと思います。
love1109

love1109の感想・評価

4.2
今さらの「ラ・ラ・ランド」。いやー面白かった! エンターテイメントへの限りない憧れと愛情。ドキドキとワクワク、そして、ちょっぴりの切なさが、きらきら散りばめられた魔法。わずか1本のフィルムでエマ・ストーンの美しさは永遠となった。こんな映画を観ると、ミュージカルを生んだアメリカという国が、ほんとうに偉大に思えてくる。胸、高鳴りっぱなし!
Mayu

Mayuの感想・評価

5.0
最高!
サントラずっと聴いてる
天文台に行ったことあるので興奮しました
Yuki

Yukiの感想・評価

3.0
好き嫌い分かれる作品だと思う。自分にはハマらなかったなぁって…アカデミー賞とか総なめした作品にハマらないってなんかつらい 笑
346

346の感想・評価

3.7
エマストーンの映画
>|