ラ・ラ・ランドの作品情報・感想・評価

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

4.0

あらすじ

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功…

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

ユタ

ユタの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

全体としては面白かったし、すごく楽しめました。ただ引っかかる所はあるかな、と言う感じでした。
(以下、終盤の展開にも少し触れています)

引っかかった所として…
エマストーンとライアンゴズリングが映画を見るシーンが、女優を夢見る人なのに、映画をないがしろにしてる様に見えたところ。
似たように前作でも、同じ舞台に立っているメンバーをないがしろにしてるように感じたシーンがあって、そこがどうしてもどうしても受け入れられなかったので、この監督の苦手な部分なのかも知れません。
自分本位というか、監督は映画や音楽への愛情、敬意が足りない人なのかな、と思ってしまう…。

ただそれも若さ故のもの(監督の方が年上なのに偉そうに言うなって感じですが)で、それがプラスに働いている部分もあるので完全に否定は出来ないのかなと今作を見て思いました。
あとは、中盤はもっと色々出来たような気もするし、
なにより音楽的な豊かさがもう少しあったなら…とも思いました。
不快になったとまではいかないけど、音楽的な価値観、考え方が監督とはあまり合わないのかも…


ただ好きだった所もたくさんありました。冒頭のミュージカルシーンはすごくわくわくさせられたし、様々な映画のオマージュも監督自身が楽しんでやっている感じがしてよかったです。
主演の二人も良くてとにかく、エマストーンが可愛かったです!
また、多分意見は別れるだろうけど少なくとも自分には、
この二人は「出会うべくして出会って、別れるべくして別れた二人」にちゃんと見えた。そこの説得力は感じました。


ラストもホロッとさせられました。

セブがもっとボロボロになっててもいいんじゃないか?というか、結末はもっと苦い方がミュージカルシーンが際立つのではないか、とも思ったけど、セブはこれぐらいの’’小さな救い’’があっても良い人なのかも。

このレビューはネタバレを含みます

期待し過ぎたかなぁ。
雰囲気は良かったね。
ラストシーンも好きでした。
せつなくあたたかい愛の物語。
あと個人的には彼の車が実はすぐそこにあったってシーンが一番好きかなぁ。
simsim

simsimの感想・評価

3.9
最後の終わり方がなぁ〜思ってたのとは違ったんだよな〜〜
それでもサントラは素晴らしいし、どのシーンもカラフルでとても素敵な映画だった。
ぼ

ぼの感想・評価

4.0
話の筋としては成り立ってないですこの映画は。才能と愛が主軸のはずなのに、ミアがどんな女優を目指してるのか。運がないだけで才能はあるのか。そうでもないのか。全然明らかにされないままだからです。でもこの映画はそれでいい。
なぜならここで大事なのは「才能と愛を天秤に苦悩し才能を選ぶ姿」とそれを美しく演出する音楽、その2つだからです。
その点において私はこの映画を見てると同人誌みたいだなーと思います。推しがこうなってこうなったら超悲しいけど爆萌えじゃないスか???というのを超綺麗な絵面と演出と音楽で盛大にやられた気持ち。でもそれがすごく綺麗にまとまってて本当にいい映画だと思います。
最後のミアとセブの夢想には、同人で私が見たいのはこういうことなんだよーーっと思って涙が出ます。
夢か恋か大人になるとどっちも選べると思ってたけど、難しいこともあるんですね。
でもあれで良かったと思える後味の良さ。
曲も一曲一曲良かったし、ダンスも素敵。

このレビューはネタバレを含みます

勝手にハッピーエンドを想像していたぶん余計に切なかった。
音楽は綺麗だったけどもっとダンスだと思っていたから少しだけ残念。
ゆめ

ゆめの感想・評価

-
途中しょうもないけど 最後どんと来る映画。 仕事か恋愛か。考えさせれらた
遅いだろ!って感じですが、
昨日初めてみました!!(笑)
現代的なビビットな色使い。
それでいてどこかレトロチックで。
映し方もとても芸術的。
音楽もシーンごと合っていて、
音色に聞き惚れ状態が続いちゃう。
けど…私の好みではないんです…。
ざっくり言うとストーリーかな?
自分に合わない映画ってありません?
私の場合はこれがその1つ…。
でも、ブロードウェイとか舞台化してもらえたら、楽しめるかも!
そう!舞台っぽいと感じました!
ストーリー仕立てが!
Maiko

Maikoの感想・評価

-
私が今まで観た映画で1番何回も観たいって思ったし、感動した作品。
IMAXで観れて良かった。
>|