ラ・ラ・ランドの作品情報・感想・評価・動画配信

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

3.9

あらすじ

「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

あい

あいの感想・評価

5.0
オープニングのダンスから感情が高ぶって、すでにララランド最高だわ状態になっていたよ。すき。

歌やダンスはもちろん、
その衣装やシルエットに目を奪われるっ!
パキッとした色のドレスに、裾の動きや、ヒールのピンが跳ね上がる瞬間、もちろんそれらは彼女たちの完璧なスタイルがあって成立しているわけだけど、かわいいし綺麗だしずっと観ていたい。美術スタッフはトキメキを与える天才だなぁとドキドキが止まらなかった!!!すきすき。

映像自体はクラシックな雰囲気もあって、また、ミュージカル映画だからできる、世界が魔法にかかったような空間を、有名なミュージカル映画のリスペクトを交えて演出されていた。それも観てて楽しい。るんるんしてしまう。すきすきすき。

俳優さんたちは、特にエマ・ストーンのキュートで、それでいてちょっとワイルドな表情やダンスが堪らなく愛おしい。すきすきすきすき。

息切れしそうなくらい、ずっとすきだと言い続けたい映画だった。

アカデミー賞ではちょっとハプニングもあったけど、全てがハッピーエンドで終わらないけれど、確かにハッピーエンドなの、この映画にピッタリな展開ではないですか!!?

いつのまにかTOHOシネマズカードをララランドデザインに変更していた。うん。なかなかかわいい。

このレビューはネタバレを含みます

最後ミアが結婚相手とたまたま入ったのがセバスチャンのお店セブズ。
セブズに入るまでの夫婦での映像が夢だったのか、お店に入ってセバスチャンと目が合ったあとの映像が夢だったのか、どちらが本当の結末なのか、どうなるのどうなるの?と、ドキドキしながら見ました。

結果としてはとても切ない結末になっていたけど、エンドロールが流れている時間、いろんな思いが湧いてきた。
人生うまくいくこともあれば思い通りにいかないこともあるよねと。
そういうのも含めて味わい深いミュージカル映画だったなと。

総括するとミアの若かりし恋愛模様。しかしそれは女優として成功する彼女の人生に必要不可欠だった元彼とのラブストーリーといったところかな。

最後までどう転ぶかわからないドキドキな展開と、こうだったら良いなを見事に裏切る意外な結末で、最後の最後まで楽しませてもらいました!

店名は『チキン、ビール、ジャズが売りの"チキンスティック"にする』と断言していたセバスチャンが作ったお店…かつてミアが提案していた"セブズ"の店名とロゴになっていたね。
セバスチャンはミアと結ばれることを願って待っていたのかな…
もう、この上無い程の賞を授かっている本作。興行収入的にも大成功。日本でもブームに。で、自分はミュージカルというジャンルが「やや苦手」というタイプ。序盤の渋滞中の自動車の上で歌って踊るシーンは目を引く綺麗で楽しいシーンだけど、ダンサーが飛び跳ねる度に凹むボンネットが気になって仕方ない。ここら辺がミュージカル好きの方と目線の違うところなのだろう。ストーリーは敢えてなのか、かなり古風なラブストーリー。理解しやすい。一点気になったのが。ライアン・ゴズリング演じるピアニストは本来ジャズピアニスト志望のところを生活のためポップバンドの仲間に。そこまでは良い。が!思いっきり下手くそに歌われたのが、僕の大好きなアーティストa-haの「take on me」だった事。a-haって最近の曲もデビュー曲も大好きなので、それを少し冷めた目線で描かれた事で減点です。
忘れ種

忘れ種の感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

最初の渋滞のシーンが1番好き。

ラスト、もしも、とは思わなくはないけど、もしもで言ったら私の世界もバラ色で、あれ?何を見て居たのかしらってなっちゃった。
すぎ

すぎの感想・評価

4.0
一世を風靡しましたね!!
もちろん、映画も見に行きました。ですが、ネトフリにあがっていたので再度視聴。
「やっぱり、映画って素晴らしいな~」って、思いましたね。だって、味わい深くなるんだもん。
きっと、生涯、何度も観たい映画なんだなと思います。一度観たあなた、そろそろ見直す頃合いですよ!!w
ひで

ひでの感想・評価

4.0
なんだか切ないお話だった…
ただのミュージカル映画って思ってたけど、いろんな気持ちが混じってて良かった😃
人生って深いねぇ
エマ・ストーンって最近どっかで観たのに思い出せない😅
サントラが好きすぎる
サワラ

サワラの感想・評価

3.8
音楽も映像もすごい好き。
終わり方はもやっとした。
>|