ラ・ラ・ランドの作品情報・感想・評価

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

4.0

あらすじ

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功…

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

3.1
酷い。なにが酷いかって、主演している俳優が「演技」をしていないことだ(彼らがアカデミー賞を受賞したのはその意味では酷い皮肉だ)。嬉しければ笑うし、逆に言えば笑うと嬉しそうな感情を見せている……と「表出」はしていても、例えばライアン・ゴズリングがニコラス・ウィンディング・レフンの映画で無表情で怒りや悲しみを全身全霊を込めて「表現」しているようなところには至っていない。彼らは演技を禁じられているとしか思えない。この作品は悪い意味でアニメ的なのだ。それこそアンドロイドが演技をしているような……設定も「ハリウッドで一攫千金を狙う女優志望者なら当然貧乏でしょ?」という凡庸かつのっぺりとしたもので、『セッション』の主人公が何故ドラマーになりたがっていたのか分からないのと同じように説得力を欠く。従って最終的に生み出されたのは、それこそ登場人物たちが斬新なことをやっていると勘違いしている凡庸なジャズにも似たこの作品だ。それこそが狙いだったのかもしれないが。
見る度に良く感じる映画。
ごめん好きじゃない。めっちゃつまらなかった・・・1時間で書いてたらしい脚本だし、とても読めやすいしキャラクターもどうしょーもないわ。ううん、ブームは理解できない、数年後だれも覚えられない作品だと思う。曲が良かったけどな。Ryan Goslingもかっこいい、相変わらず!
言い表しようのない素晴らしさ
新しいミュージカル映画の形
じゃっっっっかん間伸びするので99.9点という感じだけど文句なしでキャストも演出もかっこよい
MN

MNの感想・評価

3.0
ものすごく玄人向けでした。
ミュージカル映画、昔の映画音楽の好きな人、ディープに映画を観てる人にとっては良い映画なのかもしれない。
脚本、ストーリー重視で観たい人には物足りない感が否めない。
アカデミーの選考委員には受けが良かったんだろうなぁと思う映画です。
ごんべ

ごんべの感想・評価

4.2
ミュージカルの映画で楽しかった!
REINA

REINAの感想・評価

3.5
私的には凄く好きだったけど
万人受けって感じではなさそう。
ミュージカルよき!
映像綺麗だし音楽も素晴らしい!
サウンドトラックきくよね~~
>|