ラ・ラ・ランドの作品情報・感想・評価

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

4.0

あらすじ

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功…

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

3.1
酷い。なにが酷いかって、主演している俳優が「演技」をしていないことだ(彼らがアカデミー賞を受賞したのはその意味では酷い皮肉だ)。嬉しければ笑うし、逆に言えば笑うと嬉しそうな感情を見せている……と「表出」はしていても、例えばライアン・ゴズリングがニコラス・ウィンディング・レフンの映画で無表情で怒りや悲しみを全身全霊を込めて「表現」しているようなところには至っていない。彼らは演技を禁じられているとしか思えない。この作品は悪い意味でアニメ的なのだ。それこそアンドロイドが演技をしているような……設定も「ハリウッドで一攫千金を狙う女優志望者なら当然貧乏でしょ?」という凡庸かつのっぺりとしたもので、『セッション』の主人公が何故ドラマーになりたがっていたのか分からないのと同じように説得力を欠く。従って最終的に生み出されたのは、それこそ登場人物たちが斬新なことをやっていると勘違いしている凡庸なジャズにも似たこの作品だ。それこそが狙いだったのかもしれないが。
ゲーテ

ゲーテの感想・評価

3.7
•ディズニーランドが好きな人が楽しめそうなミュージカル映画

•夢の光と闇が描かれてる

•「もしも違うあの時違う出会い方をしたら...」
Yoki

Yokiの感想・評価

-
3/10&4/?
音楽と映像が素敵。
mizuking

mizukingの感想・評価

4.0
踊りたくなる曲がいっぱい。さすがセッションを撮った監督。夢のような世界でもあり、現実的な世界でもあり。ラストについての感想はいろいろありそうだけど、私は嫌いじゃないかな。
モリノ

モリノの感想・評価

2.5
個人用メモ

音楽は好き
カメラワークも綺麗だった
脚本はいまいち
全体的な迫力に対して
弱い内容だった。
ジャズいいね😊👍
もう、最後のシーンの2人の考えが、、泣
まじかよ!!ってなった笑笑
とても切なくなるけど、共感もできる。音楽とダンスがすごくよかった。
Hina

Hinaの感想・評価

4.9
映像美、音楽の素晴らしさとストーリーの切なさのギャップがたまらなく良い
冒頭の長回しで引き込まれました!
見終わった後
ライアン・ゴズリング、エマストーンこの二人が本当に好きになる!
自分も夢を追いかけたくなった 笑
ただ、予告で重要なとこ見せすぎじゃね?
あり?ちょっと待って、、!!
そう思った人多いんじゃない?
>|