ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:126分
    監督
    デイミアン・チャゼル
    脚本
    デイミアン・チャゼル
    キャスト
    ライアン・ゴズリング
    エマ・ストーン
    J・K・シモンズ
    フィン・ウィットロック
    ローズマリー・デウィット
    ミーガン・フェイ
    ジェイソン・フックス
    ジェシカ・ロース
    ソノヤ・ミズノ
    ジョン・レジェンド
    キャリー・ヘルナンデス
    ヘムキー・マデーラ
    あらすじ
    夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

    「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

    酷い。なにが酷いかって、主演している俳優が「演技」をしていないことだ(彼らがアカデミー賞を受賞したのはその意味では酷い皮肉だ)。嬉しければ笑うし、逆に言えば笑うと嬉しそうな感情を見せている……と「表出」はしていても、例えばライアン・ゴズリングがニコラス・ウィンディング・レフンの映画で無表情で怒りや悲しみを全身全霊を込めて「表現」しているようなところには至っていない。彼らは演技を禁じられているとしか思えない。この作品は悪い意味でアニメ的なのだ。それこそアンドロイドが演技をしているような……設定も「ハリウッドで一攫千金を狙う女優志望者なら当然貧乏でしょ?」という凡庸かつのっぺりとしたもので、『セッション』の主人公が何故ドラマーになりたがっていたのか分からないのと同じように説得力を欠く。従って最終的に生み出されたのは、それこそ登場人物たちが斬新なことをやっていると勘違いしている凡庸なジャズにも似たこの作品だ。それこそが狙いだったのかもしれないが。
    うーん、、、そうきたかー笑

    ネタバレせずにレビュー書くの難しいなこれ。
    賛否ありそうなストーリーだと思うし、感想にその人の価値観出そうで議論するのが楽しそうな作品。

    ぼくは、「印象に残った」というより「印象に残るように仕向けられた」と感じてしまい、
    オープニングの出来の良さもあって監督の手のひらの上感ハンパないなと、そんな感想です。

    ミュージカルとしては、音楽は良かった。
    もっと曲多くてもいいのでは?と思ったほど。
    音楽がすごくいい!個人的にはanother day of sun が好きです!

    このレビューはネタバレを含みます

    ほんとに好きなラブストーリーの1つ
    お互いを想いあってるからこその結果に感動した
    ミュージカルということもあって少し悲しい結末をハッピーに感じられて、前向きに捉えることができた
    夢を追いかける2人に心を動かされた
    夢を叶えた2人が最後にお互いを見つめ、悟ったような顔が何とも言えなくて忘れられない
    タイミングさえあっていればこうなっていただろうと思わせるような回想にも心が震えた
    最後のバーの名前がグッとくる

    このレビューはネタバレを含みます

    結末が切なくて、うーんって感じ。あ、違う人と結婚したんだーって。エマ・ストーンあんまり好きじゃないかも😂
    普通のシンデレラストーリーじゃなくてびっくり。夢を掴むには、なにかを犠牲にしなくてはいけなのだと改めておもった。個人的に、最後のオーディションのシーンでエマが歌うところに心うたれた。全ての夢追い人に乾杯を!だなあ。
    音楽、色使いやフレームワークの使い方がとてもユニークで一見非現実のような世界観に圧倒されますが、現実問題をシビアに描いた素晴らしい作品だったと思います!
    >|