ラ・ラ・ランドの作品情報・感想・評価

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

4.0

あらすじ

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功…

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

3.1
酷い。なにが酷いかって、主演している俳優が「演技」をしていないことだ(彼らがアカデミー賞を受賞したのはその意味では酷い皮肉だ)。嬉しければ笑うし、逆に言えば笑うと嬉しそうな感情を見せている……と「表出」はしていても、例えばライアン・ゴズリングがニコラス・ウィンディング・レフンの映画で無表情で怒りや悲しみを全身全霊を込めて「表現」しているようなところには至っていない。彼らは演技を禁じられているとしか思えない。この作品は悪い意味でアニメ的なのだ。それこそアンドロイドが演技をしているような……設定も「ハリウッドで一攫千金を狙う女優志望者なら当然貧乏でしょ?」という凡庸かつのっぺりとしたもので、『セッション』の主人公が何故ドラマーになりたがっていたのか分からないのと同じように説得力を欠く。従って最終的に生み出されたのは、それこそ登場人物たちが斬新なことをやっていると勘違いしている凡庸なジャズにも似たこの作品だ。それこそが狙いだったのかもしれないが。
nanae

nanaeの感想・評価

4.5
世界観がすき
なによりも音楽がすきすぎる
エマストーンかわいい
ミュージカルは舞台でやればいい。なんて野暮な文句を蹴っ飛ばせる快作。これは映画でしかできない。

さすがエンターテイメントの本場。血の滲むような研鑽を重ねてきたプロが、正当な審査を経て出演しているのがよくわかる。事務所の権力がキャスティングを決める日本のお遊戯会なんかとは全然別次元。

もう冒頭から計算しつくされた音楽と、振り付けと、色彩と、カメラワークに身を乗り出した。一体どれだけの人間が情熱を注げばあんなシーンが撮れるんだろう。場面の転換点やミュージカルシーンへの接続過程もセンスの塊。ビビッドな差し色があらゆるシーンに配されているから、音や動きに画面が負けてない。

静かな余韻を残すEDも凄く好み。ヘアスプレーみたいな陽気でエネルギッシュなEDも好きだけど、これもまたいい。セッションが受けつけなかったからって劇場で見なかったのは失敗だな。

ただひとつ、やっぱアメリカの大地にプリウスは似合わないね。
くるみ

くるみの感想・評価

3.5
寝てしまった
mia

miaの感想・評価

3.3

冒頭の高速道路のシーンで好きだなぁと思ったけど、全体の印象としてはそこまで入り込めなかった…。
元々HSMなんかが好きだから、ラブストーリーのミュージカル映画=ハッピー映画だと思ってみてしまったのが違和感の原因。
最後の回想のシーンなんかは切なかったな。

音楽や映像美は好きな世界観でした。
ろめお

ろめおの感想・評価

3.5
ゴズりんの努力賞

24/90 movie2017
シェアハウスの女子たちが若々しくて夢も自信もあるって感じで良かった。
おっこ

おっこの感想・評価

4.5
冒頭から拍手したくなる。これぞミュージカル映画といったオープニング。「どうやって撮ってるの?」と気になってしまう場面が何度もあり、アカデミー賞で撮影賞を取ったのも頷ける。最後の回想場面も良い。しかしところどころチープな部分があり、あえてやっているのか否か分からなかった。ストーリーは王道。この時代に公開する映画として、メッセージ性に欠けた点が作品賞を逃した要因として大きいのではないかと思う。
>|