ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:126分
    監督
    デイミアン・チャゼル
    脚本
    デイミアン・チャゼル
    キャスト
    ライアン・ゴズリング
    エマ・ストーン
    J・K・シモンズ
    フィン・ウィットロック
    ローズマリー・デウィット
    ミーガン・フェイ
    ジェイソン・フックス
    ジェシカ・ロース
    ソノヤ・ミズノ
    ジョン・レジェンド
    キャリー・ヘルナンデス
    ヘムキー・マデーラ
    あらすじ
    夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

    「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・レビュー

    踊る猫
    踊る猫の感想・レビュー
    2017/03/01
    3.1
    酷い。なにが酷いかって、主演している俳優が「演技」をしていないことだ(彼らがアカデミー賞を受賞したのはその意味では酷い皮肉だ)。嬉しければ笑うし、逆に言えば笑うと嬉しそうな感情を見せている……と「表出」はしていても、例えばライアン・ゴズリングがニコラス・ウィンディング・レフンの映画で無表情で怒りや悲しみを全身全霊を込めて「表現」しているようなところには至っていない。彼らは演技を禁じられているとしか思えない。この作品は悪い意味でアニメ的なのだ。それこそアンドロイドが演技をしているような……設定も「ハリウッドで一攫千金を狙う女優志望者なら当然貧乏でしょ?」という凡庸かつのっぺりとしたもので、『セッション』の主人公が何故ドラマーになりたがっていたのか分からないのと同じように説得力を欠く。従って最終的に生み出されたのは、それこそ登場人物たちが斬新なことをやっていると勘違いしている凡庸なジャズにも似たこの作品だ。それこそが狙いだったのかもしれないが。
    Akitam
    Akitamの感想・レビュー
    36分
    3.0
    夢物語のようで妙に現実的なラスト…切ない。
    カラードレスかわいいのにエマストーンがかわいくないのが残念。。
    acco224
    acco224の感想・レビュー
    41分
    4.7
    オープニングで、急に車を降りて歌い出したときは、え。もう歌うの?渋滞で何を昂ったの?。。。冷めた目ー。
    だったんだけど、一曲歌い終わる頃には完全に一員になってたよね。車の上で黄色のワンピース着て両手を挙げてたわ。

    そこからはワクワク以外の何物でもない。夕日を背にタップダンスしたり(靴履き替えるのが可愛い)、プラネタリウムの星空を飛び回ったりする演出はキタキター!って感じ。
    ビビッドなワンピースにヒールで歌い躍り走りステップ。
    音楽に、勝手に、心が跳ねる!
    セバかっこいい。ピアノ弾く姿ズルい。

    そして納得のラストにはまんまと胸が痛かった。
    きっと戻ったとしても、また同じ選択をするだろうけど、手に入らなかったからこそ、想像の中の人生は美しくて泣けた。
    おかもと
    おかもとの感想・レビュー
    48分
    4.0
    歌とダンスに期待してる人は楽しめるかと。
    なんかあっけない終わり方やった気もした。バッドエンドともハッピーエンドとも捉えれる。
    お互いの夢を理解し続ける事も応援し続ける事も難しいんやなと感じたけど、そんなカップルもいいなと思えた。
    その他いろんな感想が出た作品。
    さーちゃん
    さーちゃんの感想・レビュー
    50分
    2.2

    このレビューはネタバレを含みます

    予告編を見たり、PRが凄くて、とっても期待値高くして見てしまったからか残念な1本だった。
    衣装のカラフルな感じや曲は好きだけれど、オープニングがフィナーレ(笑)

    結末が恋も仕事もハッピーエンド!っていう典型的な終わり方でなくて、大人になったら少しは理解できるのかなぁ。私には少し早かったかなという感想。ちょっと終わったあともやもやした。

    やっぱりミュージカルは恋も仕事も全部ハッピー!!ってのが好き。笑
    あと細かいけれど、、、あれ。いきなりこの展開?って思う部分もあって少しストーリーに感情移入しにくかった。
    特に美術館のとことかよく分からなすぎた(笑)

    エマのくしゃっとした笑顔も見れず、逆光が多くて闇を少し感じる演出が多かったのも気になる。
    映像美や演出についてもう少し見たいからDVDを借りてゆっくり見たいな。
    りょう
    りょうの感想・レビュー
    1時間
    4.2

    このレビューはネタバレを含みます

    とにかくライアンゴズリングがかっこいい!歌もダンスもピアノも素晴らしかったです。夢を追う姿はやはり魅力的に映ります。

    ミュージカルシーンはもちろんのこと5年後のラストも印象的でしたね。ミアは結婚していて、セブは未練が残っていて。なんかあのあたり男女の思い出の捉え方の違いというかなんというか、絶妙にリアルでした。それでも会話を交わさずアイコンタクトで互いの気持ちを察するあたり、せつなさの中にもしっかり絆を感じるので個人的にあのラストは好きです。

    とにかくよかったです。もう一回観たいです。
    ほ
    の感想・レビュー
    1時間
    4.2
    公開日と、それからもう1回みました◎
    大袈裟なぐらい鮮やかな場面が多くて、リアルな綺麗さではないけどそれが逆に色んな意味での”夢”感があって、キラキラしてました。最後の空想?シーンが綺麗すぎて何回でも見れそう!あと何ってエマの衣装の色味がツボ...。

    古典作品のオマージュがいっぱいあったみたいやけどわたしは全然分かりませんでした。笑
    tamayz
    tamayzの感想・レビュー
    1時間
    3.8
    音楽と世界観がとっても綺麗で構成も素晴らしかった!
    個人的には別のラストが好きだけれど、このミュージカル映画を良くしているのはこのラストだからなんだろうなと思いました。
    >|