ラ・ラ・ランドの作品情報・感想・評価

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

4.0

あらすじ

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功…

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

これを観て、こんなに泣かない人生がよかったな、手遅れか、最高でした、ビール買って帰ります
葵

葵の感想・評価

1.3
合わなかった
かずや

かずやの感想・評価

5.0
最高の映画だ。
人生最高を塗り替えた映画かもしれない。
夢を追いかけること、恋をすること、両方を叶えることは現実には難しいのかもしれない。
盲目になる程、狂ってしまうほどにのめり込まないと、手に入らないものなのかもしれない。
自分にとって大切なことはなんなのか、よく考えないといけない。
この映画、どちらの気持ちも分かる。
そして思ったのが、この映画は恋愛映画かと言われるとそうではないと個人的には感じていて、ヒューマンドラマみたいな分類になるのかな。
人の生き方について考えさせらる映画だと思う。
もしかしたら多くの人は恋愛映画と思っているのかもしれないけど、自分にとっては夢を追う人のことを語っている映画に感じた。
大人になると人生のほとんどは仕事と恋愛、もしくは家族になると思う。
そしてきっと、自分の仕事に夢を求める人は何かを犠牲にしないといけないし、近くにあるものを大切にし切れない、振り回してしまうようなことも多いのが事実で、そんな時にどんな選択を迫られるのか、何を考えなきゃいけないのかってことをすごく表現している映画だと思う。
もしも、この映画を見た人の中で、自分の同じように思ってる人がたくさんいたとしたら、余計に自分は音楽の夢を叶えたいと思った。
映画も漫画もアニメもドラマも全部好きだけど、自分にとって1番力になるのは、生きることを助けてくれたのは音楽だったから。
やっぱり、夢は曲げられない。
とにかく、素敵な映画だった。
DVD買おうかな。
bacchikooi

bacchikooiの感想・評価

4.2
2/25六本木TOHOにて。その前評判から真っ先に鑑賞。王道です。とにかく主役の二人と音楽が素晴らしく、長回しの撮影とめり張りのあるストーリーで、ラ-ラ-ランド、おとぎ話の世界に連れて行ってくれます。ミュージカルときちんとした映画の世界の融合が、クラシックさと新しさの両方とエンディングに向けた切なさを味合わせてくれました。。
zuncha

zunchaの感想・評価

-
夢追い人に乾杯を!
L.A.を舞台にした、ボーイミーツガールもの?最初の印象は最悪な二人が徐々に惹かれという内容自体はごく普通。

でも、ミアの服装が原色系でとても素敵です、はい。それと冒頭の長回しのシーンが大迫力で一気にミュージカルの世界に入ってしまいます。

音楽も良くて、帰りの道すがら車中で聴きながら余韻に浸っていたのはいい思い出。
観に行ったけど始まって15分も経たないうちに寝てしまった。やっぱりミュージカルは得意じゃないのかな。
peko

pekoの感想・評価

3.9
ちゃんと見たら結構よかった。
>|