ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:126分
    監督
    デイミアン・チャゼル
    脚本
    デイミアン・チャゼル
    キャスト
    ライアン・ゴズリング
    エマ・ストーン
    J・K・シモンズ
    フィン・ウィットロック
    ローズマリー・デウィット
    ミーガン・フェイ
    ジェイソン・フックス
    ジェシカ・ロース
    ソノヤ・ミズノ
    ジョン・レジェンド
    キャリー・ヘルナンデス
    ヘムキー・マデーラ
    あらすじ
    夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

    「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

    このレビューはネタバレを含みます

    間違いなく良作だが、しっくりは来なかった。ミュージカル映画が苦手なのかもしれない。エマストーン自身はえもいわれぬ丁度良さを持ってて素晴らしいが、歌って踊ってならハリウッドよりブロードウェイを目指すべきだし、脚本賞にノミネートされる程か疑問なストーリー展開。予告編の時点でオチまで予想できるよ。
    音楽や原色中心の色鮮やかな衣装は見て、聞いて楽しいのは間違いないので損はない、とは思う。

    P.S.
    エマストーンはハリウッド女優へと5年で駆け上がったが、そのことが何を意味するのか。
    恥を忍んで一人舞台をやったその勇気が道を拓くというメッセージなのか、元々実力があっても運がないと発掘されないハリウッドのシステムへのアンチテーゼなのか、ジャズ、あるいはライアンゴズリングとの出会いが彼女を一段上に引き上げたのか。
    結局、一番伝えたいメッセージが何なのかはよくわからんかった。
    ミュージカルはやはり気が散る
    ささい
    4.2
    主演の2人と音楽目当て。
    ラストのライアン・ゴズリングが素晴らしい。
    観たみた良かった。!
    ながお
    3.7
    秒速感ある
    音楽よい
    akiko119
    4.6
    私は好き!
    him
    3.0
    セッションが面白かったので観てみたら、期待外れ。ロマンチックなシーンが多すぎて笑ってしまう…
    ミリ
    4.0
    ミュージカルの割に歌やダンスのパートは少ない。しかし、歌の質が高く、名曲揃い。ダンスは若干粗さも目立つ。
    テーマに普遍性があり、個々人の経験と結び付けやすいため、ヒットにもうなずける。
    ばし
    3.5
    最初と最後が最高
    >|