ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:126分
    監督
    デイミアン・チャゼル
    脚本
    デイミアン・チャゼル
    キャスト
    ライアン・ゴズリング
    エマ・ストーン
    J・K・シモンズ
    フィン・ウィットロック
    ローズマリー・デウィット
    ミーガン・フェイ
    ジェイソン・フックス
    ジェシカ・ロース
    ソノヤ・ミズノ
    ジョン・レジェンド
    キャリー・ヘルナンデス
    ヘムキー・マデーラ
    あらすじ
    夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

    「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・レビュー

    抹茶マラカス
    抹茶マラカスの感想・レビュー
    2017/03/06
    3.9

    このレビューはネタバレを含みます

    間違いなく良作だが、しっくりは来なかった。ミュージカル映画が苦手なのかもしれない。エマストーン自身はえもいわれぬ丁度良さを持ってて素晴らしいが、歌って踊ってならハリウッドよりブロードウェイを目指すべきだし、脚本賞にノミネートされる程か疑問なストーリー展開。予告編の時点でオチまで予想できるよ。
    音楽や原色中心の色鮮やかな衣装は見て、聞いて楽しいのは間違いないので損はない、とは思う。

    P.S.
    エマストーンはハリウッド女優へと5年で駆け上がったが、そのことが何を意味するのか。
    恥を忍んで一人舞台をやったその勇気が道を拓くというメッセージなのか、元々実力があっても運がないと発掘されないハリウッドのシステムへのアンチテーゼなのか、ジャズ、あるいはライアンゴズリングとの出会いが彼女を一段上に引き上げたのか。
    結局、一番伝えたいメッセージが何なのかはよくわからんかった。
    アメ
    アメの感想・レビュー
    1時間
    4.1
    記録
    kkk
    kkkの感想・レビュー
    4時間
    4.2
    ライアンゴズリングが素直にカッコ良すぎた。
    本作でのエマストーンの歌声、ゴズリングのジャズピアノは本当に自分自身で歌い、演奏していて、役者魂を感じた。監督はセッションを製作した監督であり、様々な賞を受賞する大作を作れた理由が分かる、まだ30歳?くらいらしいので、今後がとても気になる
    いいね
    いいねの感想・レビュー
    5時間
    4.0
    良かった
    ShioriFujino
    ShioriFujinoの感想・レビュー
    6時間
    4.6

    このレビューはネタバレを含みます

    1つの恋の、はじまりと終わり

    一度きりの人生だからこその、
    終わり方なのかなと思った。

    最後の15分…………
    minami
    minamiの感想・レビュー
    6時間
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    語弊を恐れずに言えば、後味が悪い映画。魂の隅っこを思いっきり突き刺されたような感覚に陥った。

    本当はビターな作品だということを、(ポスターや予告から)事前にわかっていれば、こんな裏切られた気持ちにはならなかったはず。
    ポジティブなエネルギーが全力に表現されたオープニング時の清々しさは、映画を観終わった後には、殆ど残っていないような感じ。それが、この映画を好きになった理由の1つ。

    夢を追うこと、誰かとその夢を共有したり、誰かに背中を押してもらうこと、そして夢を手に入れることは、悪いことじゃない。でも、だからと言って、私たちは「全て」を手に入れることはできないのかもしれない。だからこそ、人生は美しい瞬間を、より美しく描き出すことができる。本作が強く表現していた生きることの切なさや残酷さを忘れてしまえば、そのとき在る「現在」の輝きを感じられなくなってしまう。

    26歳、最後に劇場で観た映画がラランドでよかった。
    かな
    かなの感想・レビュー
    6時間
    4.0
    ミュージカル仕様で終始ハッピーな物語なのかと思いきや、最後は泣かされる、、、夢を追いかける2人の物語、切ないな〜〜。観終わった瞬間サントラ聞いて余韻に浸ってました。一曲一曲に2人の感情が込められてて何回でも聴いちゃう。
    ネタバレのサイト見ると「あのシーン、こういうことだったんだ!!」って気づきがたくさんあって、もう一回見たくなっております。
    みなみ
    みなみの感想・レビュー
    7時間
    4.2
    最近の映画では一番良かった(映画館で見たからかな)
    最後の10分くらいが辛すぎて泣けた😂
    ライアン・ゴズリングはカッコよすぎる。
    エマストーンも上手やなぁって思った、、
    凄い良い作品!
    iikimm
    iikimmの感想・レビュー
    7時間
    5.0
    ハイウェイのダンスシーン、一緒に参加したくなった!

    ラストの2人のifには切なくなった、人生はifの繰り返しだな。
    フレディ
    フレディの感想・レビュー
    7時間
    4.7

    このレビューはネタバレを含みます

    ミュージカルであることに意味があるのだと気付かせてくれた一作でした。

    街の浮かれた人々の高揚した気持ちとしてのミュージカル、そしてラストの"あり得たかもしれない未来"にふける二人のミュージカル。気持ちが高ぶるとき、いつだって自分は主役で、カメラの目の前で、狂ったように表現する。一喜一憂がまるでドラマで、色鮮やかな中で歌って踊る。まさに夢見がち。
    そんな二人が現実に戻り、互いの信じた進んだ道を祝福して幕を閉じる。なんてロマンチックで幸せで、そして苦い物語なのか。

    楽しくも切ない、ミュージカルの体裁があってこその、これでしか感じ得ない気持ちでした。
    >|