ラ・ラ・ランドの作品情報・感想・評価

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

4.0

あらすじ

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功…

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

間違いなく良作だが、しっくりは来なかった。ミュージカル映画が苦手なのかもしれない。エマストーン自身はえもいわれぬ丁度良さを持ってて素晴らしいが、歌って踊ってならハリウッドよりブロードウェイを目指すべきだし、脚本賞にノミネートされる程か疑問なストーリー展開。予告編の時点でオチまで予想できるよ。
音楽や原色中心の色鮮やかな衣装は見て、聞いて楽しいのは間違いないので損はない、とは思う。

P.S.
エマストーンはハリウッド女優へと5年で駆け上がったが、そのことが何を意味するのか。
恥を忍んで一人舞台をやったその勇気が道を拓くというメッセージなのか、元々実力があっても運がないと発掘されないハリウッドのシステムへのアンチテーゼなのか、ジャズ、あるいはライアンゴズリングとの出会いが彼女を一段上に引き上げたのか。
結局、一番伝えたいメッセージが何なのかはよくわからんかった。
shiho

shihoの感想・評価

3.5
最初のミュージカル調の所と最後の別パターンダイジェスト的な所は良かった。
合間合間のミュージカル的な美しい映像は映画館で観るべきだと思った。
Alex

Alexの感想・評価

3.7
シャレオツな映画ですなぁ
こんなオシャンティーな映画見ると全身がむず痒くなって全裸になりたくなるわ
meg

megの感想・評価

3.5
記録
AKIKO

AKIKOの感想・評価

-
うーん、

このレビューはネタバレを含みます

映研の上映会にて。
好きな人は好きなんだろうけど自分には合わなかった。
中盤は正直つまらなくて、最後で巻き返してきた感じ(?)
個人的に2人はずっと一緒にいるには結局難しかったと思う、恋による一過性の情熱なんだろうと感じだから。
でも互いに出会ったことで、長年の夢を叶えられた=人として魅力を増した のだから良かったよね。
エマが色んなワンピ来てて可愛いかったのと、セッションの鬼コーチが出てきたところが1番テンション上がった笑
AoiAraki

AoiArakiの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

結末がどうしても残念と思ってしまう
王道の展開で来ていたのだから、5年越しにお互い夢を叶えて最後はくっついて欲しかった…
5年の月日は長いという現実を見せたかったのかもしれないけれど、たった5年で女優で成功、結婚、出産、女優復帰はあまりにも非現実的すぎると思う
とかげ

とかげの感想・評価

3.5
ずっと歌って踊ってばかりの映画じゃなかったのね…

自分も夢追いタイプだからなのか、夢追い人の苦悩には共感する所があったかも…

ライアン・ゴズリングの幸薄なというか、切なげな雰囲気が良かったな。
何日か引きずった
でもとてもハッピーエンド
オーディションのシーンが◎
い

いの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

セッションみた直後にみたのでセッションの話になるけど、本質的にはこの2作は似ていると思う。違うのは男女という関係性と、そこにかかるバイアス、あと決定的なのは、セッションは「あのラストシーンで終わる」映画だけどララランドは「その先」の話がある
夢、目的、セッションでいうと人間として偉大であるということについてこの2人も突き進むんだけど、そこに生活をするということだったり男女としての関係性の成就だったり、その「抵抗」の中でどこに割り切りをつけるか
セッションは(音楽という手段で成就するという)目的を持った男2人が自分の我を貫き通した先にあの瞬間交差した、そこで終わる話であってその先は映画として描かれないんだから考えなくてもいいんだけど、ララランドは(手段や行き着く先が交差しない)夢を持った男女2人がどう生きていくかという話だったのでラストは本当に泣く
こんな終わり方があるかよ!ハッピーエンドとかバッドエンドとかそういう地平にはないものを見た気分になる
なんかセッションの話ばっかしてたけど本当に良い映画だった。観る人によって捉え方、感じ方が全く違いそうなのでいろんな感想が見たい
>|