ラ・ラ・ランドの作品情報・感想・評価

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

4.0

あらすじ

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功…

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

dramatica

dramaticaの感想・評価

3.8
最初のハイウェイのダンスと次のミアがパーティーへ向かうまでのシーンでかかる曲が素晴らしかったため3.8。ラストは思わせぶりなだけ。
ミュージカル映画が好きなら絶対見るべき映画。

最近ようやくミュージカル映画でも抵抗もなく楽しめるようになったので いい映画だった。

アメリのようなオシャレなカメラワークや 美術背景 色彩
ストーリーもそこはかとなく好きだった。

個人差はあると思うけど 受ける人には 心に残る名作になると思う。

個人的は まぁ 新しい何かを得られる衝撃をくれる一本ではなかった。
備忘のために:

 夢見るバカに乾杯、そんなふうにエマ・ストーンに歌われたとき、おもわずホロリと来てしまったじゃないか...

 技術的にはモダーンな作品。35ミリとか70ミリのフィルムを回している時代には、ありえない撮影手法や編集技術を駆使しながら、そんな手法や技術がなかった時代のミュージカルの感動を蘇らせようとしている。

 それにしてもだ。時代遅れのミュージカルで、かつての感動をもういちどなんて、まったくもって「バカが夢を見ている」(The Fools Who Dream) としか言いようがない。

 そういえば『セッション』もまた、かつてのビックバンドジャズのとんがった部分にスポットを当てながら、ジャズの西部劇みたいな作品だったけど、あれは回り道だったようだ。まずは出資してもらいやすい映画を試して、うまくゆけば「バカの夢」だって実現できるかもしれない。ちょうど、ライアン・ゴズリングがジェン・レジェンドのバンドに入るみたいなものだったのだろう。

 ともかくも、この映画は見事に制作され、日本でも話題になって、ようやくキャッチアップすることができたわけだ。いやあ、楽しかった。ゾクゾクしてしまった。

 もちろん、エマとライアンは、ジンジャーとフレッドのようには踊れない。それでも、彼らをサポートするハリウッドには、かつてレジェンドを生み出したゲニウス・ロキ(地霊)がいる。それが、この映画にも息づいているのだ。
俺もジャズしよ
shu

shuの感想・評価

3.7
記録
koutarou

koutarouの感想・評価

4.1
やばらんど

このレビューはネタバレを含みます

テーマソングが最高
今後ずっと、テレビのBGMで使われ続ける気がする。

好きなシーンは
ミアがオーディションを受けた後、いつものダサい景色の公園で2人、ベンチに座って今後のことを話すところ。セブの受け答えがとても良い。

〜〜〜〜〜〜

「結果は?」
『2〜3日後ですって でも期待してないわ』
「合格する」
『ガッカリさせるかも』
「大丈夫だ …わかるんだ 。勘が働く」

『…私たちは?』
「公園だ」
『私たちのこれからよ』
「さあ」
『どうする?』
「…何もできないと思う。君が受かったら…」
『"もしも"よ』
「受かったらーーー没頭しないと。全力で。…君の夢だ。」
『あなたは?』
「俺も自分の道を進むよ 。この街に留まって。
…君はパリだ。良いジャズが聴ける。好きになった…だろ?」
『そうよ』
「あとは様子を見よう」

(見つめ合う)

『ずっと愛してるわ』
「俺も愛してるよ」


「…この景色。」
『よくない』
「最悪だ」
『昼間は初めて…』




《5年後》
ざか

ざかの感想・評価

3.3

かなり前に観たんですが、
始まり方や2人のダンスシーンが
モロに宝塚なので、ララランド好きな人は宝塚観てください。
>|