ラ・ラ・ランドの作品情報・感想・評価

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

あらすじ

「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

ミナ

ミナの感想・評価

3.0
素敵〜だけど切なかった。
紫煙

紫煙の感想・評価

-
あらすじを追ってみたところで、オマージュ性を指摘してみたところで、何も出てこないのに… つい、そんなことを思ってしまう。

妻と劇場で観た帰り道、彼女がポツリと言ったひと言が、この映画のすべてを語っているような気がする。

「役者さんて、なんでもできなきゃいけないのね…」

本人にはそんなつもりはないのだけれど、彼女はひと言で本質を言い当ててしまうことがある。この時もそうだった。

踊りもピアノも、なんでもやった役者2人… だから、上手ではない。映像に"それらしい"意味を感じさせるため、なんでもやった監督… だから、どこか山師っぽい。

それらが、タランティーノの初期作品に宿る"ビート感/ツイスト感"のようなものに通じ、総体として魅力的な作品になった。

もちろん『ラ・ラ・ランド』の場合は、"ビート感"というよりは、もっと違うリズム感なんだけれど… 上手ではないことで生まれる何か。

そのリズムが、上手には生きられない私たちの呼吸に重なって、いつしか2人が刻むステップに同調していく。上手にはできないけれど、こんなにも愛おしい… 『ラ・ラ・ランド』に宿る魅力は、その1点だと思う。

その1点の他に、何が要るのだろう?
SHOWTA0401

SHOWTA0401の感想・評価

4.3
少し自分に後押ししてくれる映画でした。

終始テンション高いミュージカル映画だと思ってたけど、夢を追いかける男女の葛藤や挫折も描いてるのが現実味があって好みでした。

そもそもこの2人はやりたいことがある時点で素晴らしい。
皆が皆やりたいことがあってそれに向かって生きているわけじゃない。
その日その日過ごすだけで精一杯な事だってあるはず。
それに比べたら好きな事をして生きていくミアとセブの2人は凄く羨ましく見える。
でもそんな2人でさえ1人では生きていけないしお互い支え合いながら時にはぶつかって生きていた。

最後のシーンは切なかったな〜。
当たり前な終わり方が絶対の幸せかなんて分からない。
先は不安でも目の前を精一杯生きていれば夢は見つかるかな。
もも

ももの感想・評価

5.0
最初のシーンから素敵な映画。
ミュージカル映画を好きになったきっかけ♡
クク

ククの感想・評価

2.0
まず、ミュージカル映画苦手ならこれは見ない方がいいと思う。
ミュージカル映画好きなら面白いのかも?
coco

cocoの感想・評価

3.8
めちゃめちゃ色彩綺麗。音楽も素敵。女優も俳優も素敵な顔出ししてる、けどストーリーよく分かんなかった。ハッピーエンドじゃないのはよく分かった、そういう話だったんだでやっと最近受け入れられたところ
fish

fishの感想・評価

3.6
特別ストーリーがおもしろいわけではないけど、音楽なりだしたら歌ったり、踊ったりするのってやっぱり気持ちがいい!あとは色がカラフルでとにかく綺麗。
Ana

Anaの感想・評価

5.0
切ない映画。曲と映像がオシャレで好きでした
mechimone

mechimoneの感想・評価

5.0
久しぶりに号泣した
ジャズつながりで
セッションのフィッチャー先生でとるやん
アメリカの古きよき時代を思い出させる
最後、2人がああならなかった未来があるからこそのあの演出、切なすぎて号泣した
あの時代は戻ってこないんだな…
メタ的だけどこれが全部ミアの書いた脚本だったら痛快だなぁなんて思った
とにかく切ない、大人な映画だった
>|