ラ・ラ・ランドの作品情報・感想・評価

上映館(1館)

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

あらすじ

「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

ひさし

ひさしの感想・評価

4.3
めっちゃ!!良かった!!
ってほどではないけど普通に良かった
ミュージカル大好きな人には物足りない気がするけど、そんなにミュージカルや映画見たことない自分にとってはすごく楽しめた。とりあえず音楽が良い笑

友達も言ってたけど前半少し長いかな?
終わり良ければすべてよし、音楽良ければすべて良し、そうではないとは思う
前半があるから最後が良く見えるんだけど

ここで歌い出す!?ってところは多かったけどそれがミュージカルなのかな…
自然な流れで歌い出す方が良いらしいし良いと思う

ワンカットで撮る技術はすごいと思うけど何でもかんでも使いすぎ?
No1

No1の感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

話題作でめっちゃ期待して観た。
ちょっと期待が大きすぎて越えられなかった。
ストーリーが薄かったのと、ラストがなぜそう切ない方向にしたのか。あのまま結ばれるのだとスムーズな人生すぎるから夢と引き換えに、的なことだろうか。いや、でもあの別れ方で今も近所に住んでいるならお互いの気持ちさえあれば絶対に結婚出来たと思うし、違う人と結婚したということは普通に別れて相手のことは過去のものとしただけということではないのか。それであの再会シーンは腑に落ちない。
良い映画だった。音楽が大好きで暫くは抜け出せなかった。切なかった
E

Eの感想・評価

3.8
世の話題をかっさらった名映画。
ミュージカルちっくな起承転結。
恋愛、仕事、さまざまな葛藤を抱えながら成長する二人。そしてラストはちょっぴり泣かせてくるような物語。
テンポも良くて女の子がスキー!ってなりそうな映画。頭を空っぽにして観て楽しみましょう。
Nnnn

Nnnnの感想・評価

2.0
好評で気になっていたが、ミュージカル好きの私も少し得意ではなかった。結果論がなんだかふんわりしていてなにを言いたいのか読み取るのに混乱した。絵はすごく綺麗。衣装とその場その場の雰囲気とすごい合ってる。ちゃんと俳優達を綺麗に見せるようにスタイリングができていた。
カズ

カズの感想・評価

3.5
最後のシーンいいよね、初対面では睨んでたのに…
SHINAME

SHINAMEの感想・評価

3.3
エマかわいい
オープニングで最高潮
s

sの感想・評価

3.0
頑張ってる姿が好き
幸せな気持ちになれる
ミュウ

ミュウの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

想像してたミュージカル映画ではなかったかな。ストーリーは単調で少し中だるみ感は否めなかったけど、ラストシーンが素晴らしくてしばらく余韻に浸れる。良い意味で期待は裏切られました。
基本ハッピーエンドが好きだけど、あのオチは好きな部類です。
切ないけど、幻想的で美しい。
Tammy

Tammyの感想・評価

4.3
やっとこの映画についてレビューを書く番がまわってきた。
人生のベストムービー10選に入る大傑作。

まずは、音楽のみのいわゆるミュージカルシーンと、ストーリーを進める日常シーンのバランスがちょうどいい。これが過度に歌を強調する映画だったら、きっと食傷気味になっていただろう。

あとはエマストーンとライアンゴズリングのカップルがこれまた素敵。
ララランド自体が「おとぎの国」を根底に敷いた上に「現実」を映し出した映画なんだけど、この2人だけでそれを如実に表せている。
つまり、くたびれた現実世界に住む、現実的な範囲の美男美女が、現実的に出会って恋をしていくように見えて、奥底にどこかこれは「夢物語」だと教えてくれるような非現実感がある。

そして秀逸なのはラストシーンでしょう。
現実世界でコーティングした「おとぎの国」のお話だから、最後まで夢物語で終わると思いきや、そんなことはない。
最後の最期の数分間で、一気に現実の世界に引き戻される。
この映画の最大の魅力は、個人的には99%ここにあると思う。
古き良きハリウッドといえば幸せなハッピーエンドなのに、それをあえて破り、現実を見せてくる。
その現実の苦みとともに、観客が自身の生きる世界を再び確認し、そこで歩き続ける覚悟を持ちながら映画館を後にできる。

あとこれはどこかのレビューで読んだ受け売りだけど、すごく秀逸な考察があった。
自分の具体的な夢をあらかじめ持ってそれを「たぐり寄せた」セブに対して、漠然とした憧れに自分自身を変化させながら近づけていったミアは相反する存在であり、交わることはあっても決して同じ人生を歩んでいくことは出来ないと。
そのことを聞いて本編を見返した時の儚さたるや。
>|