ラ・ラ・ランドの作品情報・感想・評価

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

4.0

あらすじ

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功…

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

bouze

bouzeの感想・評価

3.0
よかった
よっこ

よっこの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

もし、私がこの映画を何かに例えるなら、「ポラロイド写真」だと思う。時を経るごとに色濃くなって、その画がいつまでも残る。

何故そんなたとえなのかと言えば、私の場合、観た直後の印象が薄かったからだ。思わぬ結末に古きよき映画に似た美しさを感じつつも、少し腑に落ちない感覚が残った。それから、気付くとあの2人の辿った道について、何度も思いを巡らせていた。

そこで、他の人はどう感じたのかを知りたくなって、知人に会う度に感想を訊いた。驚いたのは、皆どこか熱っぽく語ってくれること、そして解釈の仕方が予想以上に違ったことだ。遠い過去を振り返って、穏やかに共感を寄せる人。あまりに自分の後悔と重なって苦しい、と語る人。結末に対して憤る人。目標と恋愛のバランスについて、教訓を見い出す人もいた。それぞれの人生経験が異なるメッセージを生み、自分だけの『ラ・ラ・ランド』として像を結んでいるようだった。

役者も、曲も、レトロなファッションもいい。けれど、そんな様々な色を映し出せる懐の大きさこそ、作品の最大の魅力かもしれない。
あきほ

あきほの感想・評価

4.4
ロマンチックで切ない。夢を叶えることと愛する人と一緒にいること、その両方を手に入れることができたらどれほどハッピーなのか。ラストでは泣くことしかできなかった。人生は続く。ハッピーエンドは自分で決めるのね
umeko

umekoの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

それぞれの夢を追う男女が出会い、恋に落ちて、夢のために別れ、成功したのちに奇跡的に再会する……思いっきりベタな展開だとは思うけれど、ベタなりの良さがあった。最後に描かれていた、もし2人がくっついていたら…というあり得たかもしれない未来の光景にはグッときたものの、個人的にはそのままのくっつかない展開のほうがリアリティがあって良い気がする。
今回DVDで観たけれど、ミュージカル映画なのでやはり映画館で観るほうが魅力的だっただろうなぁと少し残念。
あか

あかの感想・評価

-
٩( 'ω' )و
sa

saの感想・評価

-
記録用
es

esの感想・評価

4.2
記録
>|