ラ・ラ・ランドの作品情報・感想・評価

上映館(1館)

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

あらすじ

「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

とっても話題にあがってたしすごく期待して観ました。切り取ってみるとすっごく好きなシーン(ミアが部屋でパーティーに行くよう友達に説得されるところとか)もあるのに、ストーリーがいまいち好みじゃなくて残念!
Kigurui

Kiguruiの感想・評価

3.0
カメラワークがとてもそれぞれの作品にこだわりがあっていろんな可能性がある監督だなーと感じる。
これは夢を追って都会に行ったことある人なら共感できるような話、どこかてこういうカップルの話を聞いたことある、という感じ。途中、二人の子供っぽい喧嘩の会話にうんざりした。ストーリーははっきり言って私には微妙だった。ミア役のエマはゾンビランド以降好きな女優さんだけど、このエマにはがっかり。。。
全く新しいミュージカル仕立ての作品。軽快でキャッチーなサウンドトラックとエマ・ストーンとライアン・ゴズリングの歌声にも魅了される。
ロサンゼルスで違う夢を追う恋人たちの話。
ぴく

ぴくの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

とってもロマンチックだった。
素敵な音楽と共に踊る2人素敵だ!
女優になりたい女性と自分の店を持ちたいジャズピアニストの春夏秋冬の流れで描かれる成長物語。

出演者→ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、ジョン・レジェンド、ローズマリー・デウィット、J・K・シモンズ他。

アイロンがけしながらの録画をながら見でしたが、そんなに集中しなくても楽しめました。

ドキドキ感が伝わってきたのは有りがちとも言えるが映画館のシーン。

何よりも凄い!と思ったのはライアン・ゴズリングが実際に弾いており練習期間が3ヶ月!。

人生そんなにうまくいく事ばかりではない。全てがうまくいっていたら映画だなぁ!って思いますが、全てではないって所が少しだけ切なくなりましたね。

沢山賞をとってるし歌もいいんだけど私はヘアスプレーとかメリーポピンズとかのが好きです。
切ないんだが、!未練たらしいんだが、!分かるけど、分かるけどさ、!!夜景のとことか映画館のとことか、胸踊ったのに!キュンキュンしたのに!

…だから、いいのか。
katya0718

katya0718の感想・評価

3.7
今更ながら初鑑賞。公開時は気になって見る前にあらすじをググってそのまま見ずに寝かしておいた。笑
これぐらいほろ苦い方が、素敵な思い出として残るんだろうなと思う。単に良いことを人は覚えられないと思うから。
きっとセブとミアは、これからも何かの拍子に一緒に過ごした時間を思い出して、懐かしくて愛おしいと思うんだろうな。だけど、叶わなかったお陰で今の自分たちがあるわけで。お互いの存在がお守りになるような、そんな関係も素敵だなと思えた。
とまり

とまりの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

ファッションはレトロで可愛いです。

ラストが嫌い。
なんでラストだけ現実味を持たせたのか謎。
ミアが知り合いしかお客が来なかったような一人芝居してスカウトの電話来て面接に受かるみたいな非現実的なご都合主義のストーリーなのに最後だけなんで2人を別れさせてリアル感出したのか理解できないです。

急に有名でもない女の子が一人芝居して客が入るわけないのにめっちゃ落ち込んでるのも感情移入できない、好きになれないです。セブが来なかったのも悪いけど、、、

基本的に可愛いけどたまにエマ・ストーンの目が大き過ぎて怖かったかなー


セッションもあまり好きではないのでこの監督の作品は苦手なのかもしれない。
JunToku

JunTokuの感想・評価

4.2
“Someone in the crowd”のダンスシーンを観れるだけで、この映画は価値があると思う。
mari

mariの感想・評価

5.0
終盤のifを描き切った部分がとても好きです。
誰もが選択しなかった道を想像しつづける、そんな人の儚さが顕著に表現されているような気がして。

すべてが好都合ですべてが完璧に進んだ世界。そうなることを願いながらも、いま、彼女が選択した道も幸せのひとつであることは間違いがない。
揺るぎない現実のなかで見る空想の世界は、華やかであり、決して悲観的でない鮮やかな景色としてミュージカルで描かれている。わたしはそのシーンと、自分のなかにも存在するifの世界とを重ね合わせて、思わず涙しました。
>|