ラ・ラ・ランドの作品情報・感想・評価・動画配信

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

3.9

あらすじ

「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

徳さん

徳さんの感想・評価

5.0
終盤のオーディションのシーンがグッとくる。実写のミュージカルはあまり好きじゃなかったけど、最初の大げさ正統派ミュージカルのおかげでその後がスムーズに入ってきた。ミアとセブと同じくらいの歳のときに、リアルタイムで観られて運がよかった。
ミアのファッションがどのシーズンもとてもリアルでキュート。明日から真似したくなっちゃう。美しいシーンがたくさん。お気に入りはプラネタリウムでダンスするところ
crystal

crystalの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ハッピーエンドだけがいい終わり方じゃないって思った、恋より自分の夢を選んだ2人の生き方も切ないながらもよかった。
私にはささらなかったです。
でも皆さんやっぱり歌と踊りがいいね!
ustan

ustanの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

 映画を好きになるきっかけくれてありがとう
 
 初めて観た時は高校生でミュージカル映画初だったし字幕慣れしてなかったしそもそも映画観ない人間だったから内容ついてくのがやっとでそれでも音楽とか画の良さはわかったしなによりストーリーに心揺さぶられた。

 正直一回目観た時まったく泣けなかったけど二回目から泣く。何泣きなのかは未だにわからないしわからなくていいこと。一番泣くのは最後セブとミアが見つめ合ってセブが微笑んでトゥルルルルルルー(フルート?)のとこだ。あのシーンは匂いと温度を感じて、ジャズバー行ったことないけど強く嗅げば熟れたにおいとわかるし空気はヒンヤリしてる。これでよかったんだよね」って勝手に鑑賞者の心の中のセブがつぶやく。

 ミアのオーディションの後、二人が自分の最大の夢のためにそれぞれの道を進むことを選んだけど、自分がその立場だったらそんなことができるのかいやできない。まだおれは二人とは違って夢のために没頭してるときに恋も追わなければならない状況になったことがないそもそも最大の夢がない。ミアとセブは過去に失敗の経験があったからこそそれぞれが没頭することを選べたわけで、おれは選べないな。一緒にいながらでも干渉することを最低限にすればいけるんじゃないのって思っちゃう。恋人がいながらでも夢が叶うと思ってる青二才?
 
 感動で鳥肌を立たせる数少ない映画のうちの一つ。夢を持つことと自分を高めてくれる人に出会うことに憧れを抱かせ、それに伴って切ない気持ちにもさせる素晴らしい映画。

 
 

 
なごみ

なごみの感想・評価

4.1
私の大好きな映画の一つ
高校生の時に劇場で一人で観て心が躍った記憶がある
でも今と昔では映画を観た後の感じ方が全然違う
結果的にはバッドエンドかもしれないけど
過去を思い出して辛かった記憶が楽しかった、あの時ああしてすればって最後ミアは思ったと思うけど
でも、今が1番ミアにとって幸せなんだと思う
だからこそ私はハッピーエンドだと思いたい
序盤はミュージカル調と音楽が主体で、
あんまりストーリーないのかなと思った。
けど、中盤くらいから話が盛り上がってきて、
最後の展開の意外性にはやられました。
「そうきたかー!」「そっちかー!」
音楽も良かったけど、映画の構成として面白かったです。

もう1度観る機会があれば星4.0に再評価(予定)
sa

saの感想・評価

3.5
全然ハマれなかった〜、「そうじゃない」感。
物足りないし、ミュージカル映画大好きなんだけど、今作はなんか苦手。

まあミュージカル映画も色んな形があるから、なんとも言えないけど、ミュージカル映画なんかなあ、これ。。。ミュージカル風って感じがある、ある意味それが見やすさなのかなあ。
正直、最初の方は歌とダンスを、ただ入れ込んだだけじゃん、、ってなってた。
ミュージカル映画を見ない人にとっては、ミュージカル映画って急に歌い出すような感覚かもしれないけど、実際は流れの中で歌が始まるわけで。なんかつーか、途中まではあまりにも突飛に歌やダンスが始まるなあって思った。
色彩も綺麗なんだけど、ポップ過ぎるというか、一色一色の主張が激しくて、まとまりが、、、って感じてた。一つひとつが浮いて見えた。

最終的に別れる、運命の相手ってパターンは大好きなんだよなあ〜そこはたまんなかった。
あとはやっぱり、タラレバ走馬灯からのラストの2人の表情が最高だった。

「ようこそ、セブズへ」がめちゃくちゃに格好良かったぞ!?!?

このレビューはネタバレを含みます

ハッピーなミュージカル映画だと思ってたら本当いい意味で裏切られた。

人間誰しもあの時こうだったら、あの人と一緒だったら、と思うことがあって、そういう心の中にあるものを音楽とともに引っ張り出された感じだった。
気付いたら泣いてしまっていた。

切ない。
マオ

マオの感想・評価

-
音楽と映像、すごいっす。
評判に押されすぎた(私が)
>|