ラ・ラ・ランドの作品情報・感想・評価

上映館(1館)

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

あらすじ

「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

めろ

めろの感想・評価

5.0
公開して割とすぐに観たのに、あまりに好きすぎて感想どう書いたらいいものか迷い続けて忘れてた

未だに"運命の人は存在する"って考えてる少女漫画脳の私からするとミアとセブはそういう二人だったんだと思う。けど、運命の人だから一生涯を共にするとは限らないし一緒に居て幸せとも限らないし、別れを選んでから死ぬまでお互いの人生の交わることがなかったとしても、好きとかを超えて一生頭の中に居続けて思い返していく人って個人的に定義していて(「運命の人」を)、二人の関係性はまさにその通りだった。

セブがもう少し素直だったらふたりはやり直せたかも知れないと最初は思ったけれど、お互いの夢を実現させることを尊重した選択だったんだなと今なら思う

クライマックスのシーンは物凄く切なく感じだけど、二人一緒になることを選んでいたならもうひとつの人生はこうなっていたんだなという想像であって、こちらの人生を選んでおけばよかったという後悔では決してないのだと、何回も観るうちに希望を感じるシーンに変わった。

この作品のことを色々ぼろくそ言う人もいるけど、撮ってくれてありがとうとデイミアンチャゼル監督に言いたいです。。
ライアン・ゴズリングもエマストーンも大好きだ。。
ひろみ

ひろみの感想・評価

4.2
なんとも切ない…
選ばなかった方の人生を思うと(涙)
でもそれがいいのか…

どちらが正解だったかなんて…
選んだ方を正解だと思うしかない。

音楽は素敵でした!
蟹みそ

蟹みその感想・評価

3.0
音楽はいいよね、ストーリーは人生の現実を突きつけられるようでちょっと悲しいけど面白い。
それよりも、長いな/まだあるの?という気持ちが強く、総合的にはまぁ普通。
2回目は観ないなと思ったし、観てない。
てす

てすの感想・評価

4.0
最後がいい
hinako

hinakoの感想・評価

4.0
音楽もキャストもストーリーもスキ!
最後ちょっと切ないのもまたいい

このレビューはネタバレを含みます

やっと鑑賞!映画界からの評価の割に前評判があまり良くなかったので期待はしていなかったのだけど。私はとても好きな作品!セッションを見た時も感じた監督の底意地の悪さが私は好きです。
結局二人はくっつかない、その結末に多くの人は、スッキリしないと感じたのだろうけど、二人が結婚して添い遂げる、それだけが恋愛のゴールではない。若かりし頃、自分が結果を出せずくすぶってた時代に互いに傷を舐めあい、夢を語りあい、支え合って、応援しあった、戦友のような関係。素敵な愛の形なのでは、と思った。
それから夢を追う姿もまた良い。ジャンプ的な胸焼けのするようなド根性魂を描くのではなく、心が折れたり、プライドと現実とのギャップに苛まれたり、夢という輝かしい言葉とは裏腹の、夢追い人の弱々しい部分を、共感的な温かい眼差しではなく、皮肉的に描き出す。
ミュージカルっていうと、オーバーな感情表現と単調というかディズニー的なストーリーが多いイメージで、あまり好きな映画はなかったけど、この映画はとても好み。歌もスッと入ってくる感じでとても良いなぁ。そして、エマ・ストーンの服装が毎回素敵、オシャレでした、、、。
あやこ

あやこの感想・評価

2.5
オープニングの曲、映画館で鳥肌立ちました。
ワンカットで撮影したという緊張感の中、”ザ・ミュージカル”って感じのテンポが心地良い。
ただ…ストーリーが激しく退屈w中だるみしすぎ。
良かったの最初だけ感…。
華があって観させられちゃうけど、映画のつくり方がチャラすぎる!
>|