ラ・ラ・ランドの作品情報・感想・評価・動画配信

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

3.9

あらすじ

「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

SHUNSUKE

SHUNSUKEの感想・評価

4.9
展開を予測できたという意味ではないのですが、終わってみたら、想像したことのあるストーリーの中でかなりポジティブな方のものを最初の方から最後までそのまま映画として観ているようだった
カノン

カノンの感想・評価

3.6
こういう感じね
Lena

Lenaの感想・評価

5.0
最後やばい
ayus25

ayus25の感想・評価

4.1
さあ観るぞー!っていう段階で「1812やん...!」って確か前観た時も思ったんですよね、学ばないな私の脳みそ😂笑

まずオープニングのミュージカルシーンから一気に惹き込まれますね。各カーごとのミュージックに耳でワクワクさせて、曲が始まると衣装の色や車の色、カラフルな色彩でワクワクさせて、そして心躍るダンスと歌。

その素晴らしさが冒頭だけに留まらず、作品全体を通して表現されているのが流石。



しかしめちゃくちゃ印象悪くて、いちいち皮肉っぽいこと言ってくるような男に、サラッと車のドア開けられたら、そのギャップに私ならやっぱりちょっとときめいちゃうわ(チョロい)


ライアン・ゴズリングが代役なしでピアノ演奏に挑んだっていうのが凄い。
あのバンドライブも「あの音楽好き?」ってなるシーンではあるんだけど、個人的にはkeyソロ🎹普通に格好良いと思っちゃったや😍笑
あと要所で出てくるトランペット🎺の音凄すぎて笑っちゃう。



そしてやっぱりラスト20分が素晴らしい😭





【以下ネタバレ有】






ラストが切なすぎる...
えっえっ誰よその男...!ってなってからのセブ

「もしもあの時こうだったら...」
「こんな結末だってあったかもしれない...」
そんなシーンが走馬灯のように思い描かれて。

でもこれはお互いが夢を叶えた結果だから、これは紛れもないハッピーエンド。切ないけど。

自分の店を持たないまま、どこか満たされないものを隅に残したまま、2人仲良くそれなりに過ごす結末よりも、幸せな事なんだと思う。


未来を考えた時の妥協とか、譲れない事とか、男女それぞれの考え方とかすれ違いとか、切ない結末だけれど、大切な。一種のイニシエーションと言えるような。

そんな点が『花束みたいな恋をした』を観たあとに改めて観ると、あーなるほど似てたなあって感じた。

「思い出」と片付けてしまうには、あまりにも自分を構成する大事な要素になってしまうような日々。

どうにかなったわけではないけれど、紛れもなく今でも大切なもの、たまに思い出して感傷に浸ってしまうような、そういうの大好物だなあ。
『ONCE ダブリンの街角で』を思い出した。
ラストは予想と違った。
た

たの感想・評価

-
記録用
まな

まなの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

多分3.4回目のララランド。
何回見ても良い。
初めて見た時から私はすごい好きなんだけど賛否両論ありますよね。
ミュージカルあんまり見ない人には展開がついていけないのかも?
どちらかと言えば親しんできた方なので、さることながら音楽も素晴らしいし役者さん2人の演技も素晴らしくて好きです。

久しぶりに見て良かったポイント
一人芝居の後実家に戻ってしまったミアを連れ戻してオーディションを受けた後の2人。ミアが「ずっと愛してる」といい、セブは「僕も愛してる」と返す。
しかしそのあと5年後のシーンに移り、別々の生活を歩む2人。セブの店で再会、そして妄想(?)のシーンに。
最後を知ってるからこそ、2人の愛してるの会話はぐっとくるものがあった。
そしてもしかしたらあったかもしれない2人の未来と、それがない現実。
最後に2人が顔を合わせて笑うところもたまりませんでした。。

最初から最後まで全てが好きです。

あと見ながら思ってたのは、場面は全然違うんだけど花束みたいな恋をしたとちょっぴりかぶるところがある気がしました。
何回見ても良いですね〜。。
コロ

コロの感想・評価

3.8
音楽が良かったですね。ずっと聴いていたい曲がいくつかあり、ジャズが好きな人にはグッときます。始まりや途中の場面も長く感じる箇所がありましたが、古き良き時代の映画のペースが心地よかったです。ただ中国資本が見え見えなのにはもう辟易…だから4弱。
macky

mackyの感想・評価

4.2
エマストーンきれー。いいお話。
>|