ラ・ラ・ランドの作品情報・感想・評価・動画配信

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

3.9

あらすじ

「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

Hayato

Hayatoの感想・評価

4.8
ミュージカル映画のトップとも言っていい
程の素晴らしい映画で、エマ・ストーンの
美しさと音楽が絶妙に噛み合っていて、
見ている時は最高の一時でした。
高3? 受験期
謎アップロード
みずき

みずきの感想・評価

4.8
流石に刺さる
公開当初観たとき何もわかってなかった
茶渋

茶渋の感想・評価

3.9
夢を叶えるかパートナーを選ぶか
人生って全部が完璧には行かないのね
お互いが夢を尊重し合う
素敵なパートナーだったなって思った
ライアンゴズリング好き
an

anの感想・評価

-
オープニングでスタンディングオベーションしそうになった。
最後セブがミアから目線を逸らしたところで涙腺崩壊した。
Noah

Noahの感想・評価

3.7
映画館で見た後も何度もDVDで見た作品。夢を追うこととその中で起こる2人のすれ違いなど、現実は恋愛物語のように上手くはいかない感じた。冒頭のシーンが個人的には1番感動する。
面白いけどオチが微妙。
Ririko

Ririkoの感想・評価

3.9
【人は情熱によって心を動かされる】
オープニングから圧倒された。ワンカットのシーンはまるでミュージカルを観ているよう。

○ストーリーについて
「夢」を選ぶか、「愛」を選ぶか

「ああなったらいいな、こうなったらいいな」って誰しも夢を見るのは簡単だけど、実現するのは難しい。

何か一つ大きな夢を叶えたいと思うのなら、絶対に犠牲になるものがある。叶えられると思っていた夢は、全部叶うわけではない…。

夢を叶えるために傷つくこともあるし、傷つけられることもある。それなりの覚悟が必要。人生は生半可ではない。

夢を叶えた直後でも、悩んで後悔することもあるかも知れない。でも「今」は過去の自分の選択の上に成り立っている。その時自分がベストだと思った選択が未来に繋がるわけで、悲観する暇もない。

キラキラな映画と思いきや、夢を叶えることの難しさや叶えた後の葛藤など現実的な部分も描写されているのが良いと思った。

例え惨めでも愚かでも夢に向かって突き進む姿は素晴らしいのだ。


○音楽について
ジャズをやっていた一学生の個人的意見として。

セバスチャンは「ジャズは衰退している」と言っていた。
ジャズを聴く人が全くいないってわけではないが、歴史とか仕組みとか深く理解して聴いている人はほぼいないだろう。
周りにも「ジャズって敷居が高いイメージ」って敬遠している人も多い。
「ジョン・コルトレーン?カウントベイシー?」という感じである。

どうやったら若い人にも聴いてもらえるか?新しい音楽の分野を取り入れる?じゃあ昔ながらのスタイルは取り壊す?
革新を起こす?伝統を壊す?
考えるけど難しい。

ジャズの歴史は、言葉が通じない人達のコミュニケーションの手段から。
それくらいパワフルで、何よりカッコよくてたまらない音楽だってことを伝える必要がある。
純粋に音楽のジャンルとしてジャズを楽しむことはこれからも不滅でいて欲しい。


「セッション」のJ・K・シモンズが出ていてちょっとビクッとなった。笑
S田J男

S田J男の感想・評価

4.4
音楽で泣かせる映画のいい例
太郎

太郎の感想・評価

5.0
多分人生で一番見返してる映画。
何回も行った高速道路、グリフィス天文台、レストラン、壁の絵。この映画のおかげでロサンゼルスに毎年行くようになったと言っても過言ではない。さぁ今年も夢を見してくれって感じです
>|