ラ・ラ・ランドの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

あらすじ

「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

Kasumi

Kasumiの感想・評価

4.5
音楽映像ストーリー構成トータルでさいこうだった。終わり方がいい。サントラすぐダウンロードした。右脳で生きる。でもこれがヒットするって想像しにくい、キャストがライアン・ゴズリングとエマ・ストーンだから?
山信田

山信田の感想・評価

3.8
やっとこさ!2年前に今はなき、カフェドロペ銀座で敬愛する友人におすすめされ内容と感想を語ってもらったいい思い出。音楽ちょーういい。
しゃび

しゃびの感想・評価

2.0
始めのシーンを観た瞬間、これはとてつもない映画が始まったのではないか、という予感がした。交通渋滞を見事なミュージカルシーンに仕立てあげていて、冒頭のカメラの横移動からとてもワクワクした。

しかし、かなり早い段階でガス欠を起こし、途中から冗長な空間がダラダラと続く印象だった。

ベースがなんて事のない男女の恋愛模様なので、今ひとつ入っていけない。
ミュージカルシーンの中には、出し方によって名作になりそうなものもあるが、ここまで連発してしまうと正直飽きる。『セッション』は2人の戦いの構造と音楽が見事にマッチし、火力を高めていた。しかしこちらは元のラブストーリー自体の構成が非常に弱い。その為、ストーリー・音楽・映像が足を引っ張りあっているように感じる。

これをやるなら、2人の恋にもう少し彩が欲しい。女優になりたいという熱量をそれほど感じないヒロインと、こだわりだけが強いジャズ男がたまたま出会った、というだけの話ではあまりに弱すぎる。

個人的に冒頭のシーンと2人のタップダンスのシーンは名作の域だと思う。それだけに自分にとっては歯がゆい気持ちになってしまう作品だった。
homujio

homujioの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

何を人生の至上として生きるのか。

結末は違う方が嬉しい気もしたけど、それだときっと伝わらないんだろう。

セッションの監督の作品と聞けば納得。

オープニングが素晴らしい。
st

stの感想・評価

3.0
ストーリーはとんでもなく退屈だったけどお花とお洋服と、何よりも色が素晴らしかったなあ

女の子4人のシーンが1番好き
ストーリー全然好きじゃないけど最後の展開はとても良かった

このレビューはネタバレを含みます

改めて観たけど、観れば観るほどステキに感じる映画。

バットエンドっていう人もいるけど、夢を追いかけるために別れた2人が、夢を叶えて再会するラストシーンは、言葉は交わしていないけどお互いのことを祝福したり認め合っているように感じられて、ある意味幸せなのかもしれないと思った。

このレビューはネタバレを含みます

ずっと観ようと思ってたけど、ミュージカルあまり好きじゃないし、めっちゃ良いって騒がられてたけど、どーせ、内容も普通でハッピーエンドなんだろーなーって思ってたらどどどドンデン返し!!!
最後のもし、あの時、こーだったら、2人は…的な感じの「たられば」感で切なさ爆発。
冒頭がミュージカルすぎて、あー。やっぱ私が予想してた通りのハッピームービーやないかーいって思ってた自分を思いっきり引っ叩きたい!!!
ミュージカルなのにこのほろ苦い感じ!ハッピーだけじゃない感じ!!好き!!

全体的な世界観は、現実の中に無理矢理ファンタジーつっこみましたー!みたいな感じで正直嫌いだった。(特にプラネタリウムで無重力になって飛んでっちゃうやつ)

でもストーリーが最後のハッピーエンドで終わらないあたり、これは、現実なの?非現実なの?ってゆー私の疑問に、これは、現実だぞ!って答えてくれた感じがたまらない。

ミュージカルで夢見させて、ちょっとずつほっぺつねられて、終盤に思いっきり幸せな気持ちにして、んでラストスパートに思っきし、ビンタで現実に叩き起こされた気持ち。
どMには、たまらない。

とりあ、ライアンは何してもイケメン。
ncobain

ncobainの感想・評価

3.6
21世紀の王道ミュージカル

ハリウッドで苦悩する2人
歌って踊って恋して
ストーリー的には王道中の王道
2時間あっという間だった
色合いがとても綺麗
絵本の中のような世界
ラストは少し意外だったかな
mari

mariの感想・評価

4.5
夢と現実と
前を向き続けることの辛さと強さが、
カラフルでとてつもないロマンチックの
凝縮された演出に
すべて綺麗に潔く収まった2時間。

自分を信じて、お互いに相手を
相手以上に信じること、
"夢は叶う"なんて他人任せの願いじゃなくて
夢を叶えるために自分の足で強く一歩を重ねて、
時に背中を強く押されて、
意思を持ってチャンスを掴みにいく。

たくさんの強さとお洒落な優しさが
心地いいテンポでずっと続くから、
終わることを拒みたくて、ずっとこの世界に没頭していたくて、
今すぐ人の少ない映画館とか星がたくさんの夜空に
たまらなく会いにいきたくなる。
Dadman

Dadmanの感想・評価

4.5
強烈すぎるラストシーンのための2時間!

ストーリーはシンプル、ありきたりと言えばありきたり。でも、そのシンプルさが、最後の妄想シーンの爆発を生んでいると思う。

映画で、ここまで激しいキャラクターの感情を感じたことはなかったかもしれない。人生の、切なさとか、やり切れない気持ちとか、文字や言葉で表現しきれないものが、ジャズミュージックとダンスでぶつかってくる。

このラストシーンで、この映画がミュージカルである理由がとても良くわかった。

シンプルなストーリーでシンプルに油断して観てきたところで、唐突に感情の爆発がくるので、サスペンス映画かと思うほど驚いた。

そしてチョイ役だと思ってたJKシモンズが、最高にかわいい。