ラ・ラ・ランドの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

あらすじ

「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

diesel

dieselの感想・評価

-
映画館
初めてミュージカルをしっかり見た作品
人生は繋がる
そんなことをわからせてくれた
oknogood

oknogoodの感想・評価

5.0
これは最高!
Amazonプライムで何度も繰り返し見ている。
オープニングの、まさにこれぞミュージカル!って歌とダンスで一気に惹き込まれ。
映画のパッケージデザインになっている、ミアとセブの夕暮れふたりのダンスもホントにかわいい。
ラブストーリーもしっかり楽しめるし、ライアン・ゴズリングのピアノもみどころ。
音楽、ミュージカル、ピアノ、ラブストーリーと、どこからでも楽しめ、終わったあとの余韻にも浸れます。
ホントにオススメしたい、語り合いたい稀有な作品!
nu

nuの感想・評価

3.3
私あんまり好きじゃなかったんだよねこれ。事前にTwitterで好き嫌い分かれるとか結構賛否両論だったから斜に構えてた部分もあるけど。
始まり方とか、パーティー行く前のシーンとか、映像は最ッッッ高だったわけなんですが、ストーリーがな、なんというか
現実味のない話が好きじゃないのかもしれない、いやどの映画よりリアルなのはそれはそうなんだけど、妄想とかいうかそういうやつ…
今見たらまた感想が変わってるかもしれないけど
Nero

Neroの感想・評価

5.0
好き嫌いがはっきりと出そうな映画ですが音楽、描写、ストーリー全てが最高と言える一作でした。
対比的な表現が沢山使われてるので感覚的にもメッセージ性や奥深さを意識的に把握することができた。





最後の15分がとにかく素晴らしい。
たぬ

たぬの感想・評価

5.0
ミュージカル映画を好きになったのはこの映画を見たからです。

もう心が揺さぶられまくる映画でした。
最高!5回は見てます笑
前田

前田の感想・評価

4.0
ミュージカルシーンも曲もよくストーリーも良く出来ていて良かったです。
watti

wattiの感想・評価

3.3
ミュージカル映画は好きだが、期待値が高すぎたのか、「思ってたより、、、」というのが正直なところ。
音楽や色彩は良いが、ストーリーの深みがあまりなかったような気がする。ただ、結局復縁するような単純なハッピーエンドではなく、離れつつもお互いに前進していく点は良かった。
かかむ

かかむの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

夢をとるか、愛をとるか
ラストシーンでこのように感じました

セバスチャンは実際には夢をとった
でも、決して愛を捨てたわけじゃない
それを成功したミアに会うことで思い出したのだと思います!

だからセバスチャンは、
「愛をとればよかった!
 ミアについていけば良かった!」
という思いをピアノで語ったんだと思いました

解釈は色々とあると思いますが、
私はバットエンドだと思います

映画「キャストアウェイ」を見たときと同じように泣きそうになりました😢
あゆみ

あゆみの感想・評価

3.0
エマ・ストーン、かわいいし演技うまい。
けど節目節目が雑だった。
紫煙

紫煙の感想・評価

-
あらすじを追ってみたところで、オマージュ性を指摘してみたところで、何も出てこないのに… つい、そんなことを思ってしまう。

妻と劇場で観た帰り道、彼女がポツリと言ったひと言が、この映画のすべてを語っているような気がする。

「役者さんて、なんでもできなきゃいけないのね…」

本人にはそんなつもりはないのだけれど、彼女はひと言で本質を言い当ててしまうことがある。この時もそうだった。

踊りもピアノも、なんでもやった役者2人… だから、上手ではない。映像に"それらしい"意味を感じさせるため、なんでもやった監督… だから、どこか山師っぽい。

それらが、タランティーノの初期作品に宿る"ビート感/ツイスト感"のようなものに通じ、総体として魅力的な作品になった。

もちろん『ラ・ラ・ランド』の場合は、"ビート感"というよりは、もっと違うリズム感なんだけれど… 上手ではないことで生まれる何か。

そのリズムが、上手には生きられない私たちの呼吸に重なって、いつしか2人が刻むステップに同調していく。上手にはできないけれど、こんなにも愛おしい… 『ラ・ラ・ランド』に宿る魅力は、その1点だと思う。

その1点の他に、何が要るのだろう?