ラ・ラ・ランドの作品情報・感想・評価 - 25ページ目

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

4.0

あらすじ

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功…

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

音楽がいい。
ミュージカル映画好きなので、踊りだしたくなりました。
しぼり

しぼりの感想・評価

5.0
早稲田松竹で2回目
華があってロマンチック&クラシック

見るその時々で視点が変わる映画だからこそきっとこれから何度でも見るし、見る度にエンドロールでめちゃくちゃに余韻に浸ってしまうんだろうなあ
Mee

Meeの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ジャズ、チャーリー・パーカー、J・K・シモンズ愛の映画😌✨
前作から引き続きの要素や俳優が出てくるとテンション上がるぜ!

そして今作、惜しくもアカデミー賞作品賞を逃したLA・LA・LAND。
全体的に歌とダンスで華やかな作りになっており、その分ストーリーを簡潔にしてより物語に入りやすくなっていた。
間違えて作品賞受賞作品として読み上げられるのも納得!
しかしやはり個人的感想として作品賞は「ムーンライト」だな。

ミアとセブの2人が夜景を前にタップダンスをする所とセブの初大舞台の歌めっちゃ良い…!

意外や意外にラストは切ない。
自分の店もミアも全て手に入れてハッピーエンドというよりも心に残るものがありました!

エンドロールのミアのしっとりとした歌声も余韻を残してくれます。

このレビューはネタバレを含みます

「セッション」のチャゼルが監督を務めただけあって、「何者かになりたい若者」を描くのが上手い。

ミュージカルも、急に始まるのではなく、時間の流れの中に自然に取り込まれているので、あまり違和感なく見ることが出来る。

何者かになりたいなりたい二人の若者、ミアとセブ。自分の信念を突き通し、「なりたい女優」以外は目指さないミアと、やりたいことはあるけれども世間に迎合しなければならない葛藤を抱えているセブ。

結局のところ、ミアは大女優になり、セブも念願の自分の店を構えるのだが、二人は結ばれることはない。少し前のアメリカであれば、ここを盛大なハッピーエンドにして、二人が結ばれるストーリーを作っただろうけれど、最近のアメリカ映画は「気持ちいいだけのハッピーエンド」にはしなくなった感じを受ける。

最後の、二人が会話も交わさないで、何かを確かめ合うように微笑み合うシーンは、切なさ×清々しさのようなものが相まって、日本人の言う「感慨深さ」が非常にうまく表現されていたと思う。
きた

きたの感想・評価

4.0
ごちゃごちゃ語る系じゃないシンプルな良さがある。膨大な名作の引用でできてんだろうなと思うけど、知らなくても楽しめる。色、音、表情、ダンス、理屈に分解できない魅力に溢れまくってる。春のパートのプールサイドで踊るエマストーンがめちゃかわ。ぜひ映画館で。
はる

はるの感想・評価

4.6
お話としては割とベタなんだけど、歌曲やダンスが全部よかったのと、ロマンチックと切ないのバランスがとてもよくて。なるほど、何度も観たくなる映画でした。
フォントが最高なのにポスターのが違ってて残念…なんでだろう。
ひら

ひらの感想・評価

5.0
映像と音楽の出来が秀逸。
ところどころにユーモアが散りばめられており視聴者を飽きさせることのない作品。
恋愛も丁寧に描写されており素晴らしいの一言に尽きる。
ascp

ascpの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ごめんなさい、期待しすぎたのかも…。
「シングストリート」でミュージカル映画にハマり、話題となったこの作品を観た。「シングストリート」はミュージカル映画ではなかったのかも。
「シングストリート」は歌の場面だけが音楽要素だったけれど、この作品はあらゆるところでミュージカル要素があり、映画の内容にあまり集中出来なかった。これが「ミュージカル映画」なんだと思った。

「きみに読む物語」のノアとリンクしすぎた。

以前よりジャズが好きになった。
歌、演奏、演出、衣装、ダンスは好き。でも、物語にはあまりのめり込めなかった。ラストもスッキリしなかった。

「情熱があれば夢は叶う。」
「夢(仕事)と恋愛、どっちを選ぶか。」

人生には色々な選択肢があることを教えてくれた作品。どっちを選んでも後悔はしたくないと思えた。
えまち

えまちの感想・評価

4.2
·
何度も観返したくなるカカオの効いた大人の恋と、素敵なサウンドとロマンチックな映像
ミュージカル好きにはより心に残る作品でした🌷
·
知歌

知歌の感想・評価

5.0
ラスト10分で号泣。こういう映画だったのか…と涙が止まらなかった。ライアン・ゴズリングはこういう寂しさが漂う男の役がとても似合う。音楽も映像も素晴らしかった。