ラ・ラ・ランドの作品情報・感想・評価

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

4.0

あらすじ

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功…

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

いの

いのの感想・評価

3.6
結末が期待していたものと違って残念だったけど、映像がキレイでストーリーのテンポも良くて見やすかった。
天狗

天狗の感想・評価

4.2
やっと観れました。チョー話題作。

観終えて最初に考えたのは、チャゼルという監督は恐らく理系の出なのではないかということ。セッションも本作も共通しているラスト10分の怒涛、そこに観客を放り込んで観客自身の中に怒涛を起こさせるという感動工学的?手法は非常に理系的な計算のようだったから。

気になったので調べるとやはり父親はなんと計算機科学者で博士、本人もハーバードの視覚環境学専攻。やっぱり。

ま、そんなことはおいといて本作ですが、ミュージカル映画としては大したことないな、と思う。ヘアーやレ・ミゼラブル、ムーラン・ルージュとかのほうが完成度が高いと思いました。

それよりもやはり主演の二人の魅力、現実のものになった互いの夢にはお互いの居場所が無かったという絶望的なシナリオとラストの怒涛。これらが本作を昨年度のオスカー総なめに繋げたのではないでしょうか。

でもチャゼルは次の作品ではこの手を使わないと思います。
love1109

love1109の感想・評価

4.2
今さらの「ラ・ラ・ランド」。いやー面白かった! エンターテイメントへの限りない憧れと愛情。ドキドキとワクワク、そして、ちょっぴりの切なさが、きらきら散りばめられた魔法。わずか1本のフィルムでエマ・ストーンの美しさは永遠となった。こんな映画を観ると、ミュージカルを生んだアメリカという国が、ほんとうに偉大に思えてくる。胸、高鳴りっぱなし!
Mayu

Mayuの感想・評価

5.0
最高!
サントラずっと聴いてる
天文台に行ったことあるので興奮しました
Yuki

Yukiの感想・評価

3.0
好き嫌い分かれる作品だと思う。自分にはハマらなかったなぁって…アカデミー賞とか総なめした作品にハマらないってなんかつらい 笑
346

346の感想・評価

3.7
エマストーンの映画
chii

chiiの感想・評価

4.5
冒頭の渋滞ミュージカルですでに「これ好き」と確信!
パキッとした原色とグラデーションをうまく使い分けた色彩感もすごく好みで、目も耳も幸せでした

取りこぼした「もしも」の欠片を集めてばらまくようなラストシーンは本当に美しかった
ものすごくせつないけど、これはきっとハッピーエンドなのだと思います

自分自身、「あのときこうしていれば」と甘く苦く思い返すような過去も、必死に夢を追いかけた経験もほとんどない
だからこそ私は映画が好きなのかも、なんてことも考えたり…

とりあえず明日、部屋で眠ってるかわいそうなマイピアノの蓋を開けようと心に決めました笑
まずまず
shoko

shokoの感想・評価

4.5
すべてのシーンが“映画のワンシーンみたい”。と思って観ているうちに、そうだこれは映画なんだ!と。古き良き映画のような世界に浸れて、まさに夢心地になれた。
最後のシークエンスがla la landなんだな…泣けた。夢追い人と、その恋人には刺さるんじゃないでしょうか。
あとJazzを救うためには〜の件は、じつは監督がこの映画にも当てはめてるんじゃないかな、と思った。