ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:126分
    監督
    デイミアン・チャゼル
    脚本
    デイミアン・チャゼル
    キャスト
    ライアン・ゴズリング
    エマ・ストーン
    J・K・シモンズ
    フィン・ウィットロック
    ローズマリー・デウィット
    ミーガン・フェイ
    ジェイソン・フックス
    ジェシカ・ロース
    ソノヤ・ミズノ
    ジョン・レジェンド
    キャリー・ヘルナンデス
    ヘムキー・マデーラ
    あらすじ
    夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

    「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・レビュー

    まこーれー
    まこーれーの感想・レビュー
    2日
    4.4
    『セッション』監督 デミアンチャゼル!セッションとはまた違った角度で魅せられた。とにかくライアン・ゴズリング演じるセブとエマストーンのミアがもう、全くの不器用で、お互いの気持ちに素直じゃなくて、でもすごく素直で、よくある大喜利映画と違って、人生の一喜一憂を愉しませてくれる作品だった。また本作はジャンル分けしてしまうとミュージカルなのだけれども、物語の運びに自然と溶け込むような演出がすごく上手かった。

    ディズニーとか好きな人にはかなりハマるのでは?夢追い人の夢の片鱗を見させてもらえた様な。
    d
    dの感想・レビュー
    3日
    4.0
    LA・LA・LA LOVESONG 違うか。LALALANDして来ました。
    米国(本日こちらは祝日で夜でも人多め)にて鑑賞のため、細かい部分が理解出来ず。。。それなのにも関わらず個人的に相当良かったので、ちゃんと見たい!
    舞台は普通に現代なんだけど少し昔っぽい色味とかが良き。ライアンのキャラ設定もあるかもしれないが。
    それとJKシモンズ厳しかったな〜。セッション思い出してまう。笑
    あとはジョンレジェンドの歌が上手すぎてそんなに出番多くないのに目立つ。笑
    また見よう。
    なるさん
    なるさんの感想・レビュー
    3日
    4.3
    ゴールデングローブ終わった翌日にこれはアカンと思い速攻映画館いきました。
    久々にいい映画に出会えたって思えた!ミュージカル苦手な私でも凄く楽しめたしあんまりミュージカルっぽさはなかったかな?最初のほう不安だったけど(笑)
    この監督がやるからにはただのミュージカル映画ではないです。
    ライアンゴズリング、エマストーン、どっちも最高です。歌い始めたときわかってたけど、ゴズリング歌うんだ(笑)ってちょっとクスッとしてしまった
    もう一回観たい!
    フレッチャーーーーー
    みさと
    みさとの感想・レビュー
    3日
    3.0
    期待外れ。
    とても良いスリトーリーだったけど、中弛み感があった。
    あんなに受賞したのは正直謎。
    お米ちゃん
    お米ちゃんの感想・レビュー
    3日
    3.5
    色がとてもきれい。俳優ってすごいなぁと思った。字幕なしだったから聞き取れないセリフが多かったから、またいつか観たい。
    Yoshiyuki
    Yoshiyukiの感想・レビュー
    3日
    4.8
    (ロンドンのRich Mix にて鑑賞)

    変わるものと変わらないもの。一生変わることがないと思っても、人の心は移りゆくもの。その中で、変わらずにそのままでいる二人の夢。一人の夢と二人の夢。二人の夢が叶ったとき。二人はどうなっているだろうか、、、。

    ライアン・ゴズリングのアクションものを観たことがないから、分からないけど、彼の切ない目は本当に心に刺さるものがあると思う。君に読む物語もLa la landも、ライアン・ゴズリングは、古くさいかもしれないけどロマンティックで一途な思いを非常に上手に演じていると思うし、色気と哀愁が漂う彼の目は心に訴えるものがある。

    Jazzの音楽は最高だった。何度も繰り返されるJazzの主題は、ミュージカル形式や古くさくも一途なセバスチャンのキャラクターや映像の色合いやセットなどと相まって、どこか過去を舞台にしたような錯覚に陥らせる。それとは、対照的にミアの服装などは現代的。これは二人の性格や将来のコントラストを暗示しているかのよう。過去と現代が入り交じったような不思議な世界だった。
    映画が終わったら、「ピアノを習い直してjazzが弾けるようになりたい」と思わせてくれるくらい素敵な音楽だった。でも曲数は多すぎず、少なめにとどめていた所がまた好感。
    カメラワークも後頭部を回るようなものが多用されていて個性的だったし、シーンの切り替わりにも工夫がなされていて少し舞台を彷彿とさせるようなものになっていたりなど、技術的な発見がある点でも面白い。カリグラフィーもこだわっていたんじゃないかと思う。

    でもやはりなんといっても、この映画の素晴らしい所は、ストーリー、音楽、そして世界観。どんどんと時代が変わっていくにつれて、価値観も変化していくのは当たり前なこと。もうロマンティックな愛なんて古くさいのかもしれない(特に西洋では笑)。そんな中、真っ直ぐで透き通った愛を描いたこの映画は、なんだか希望をもたらしてくれる感じすらする。
    見終わった後、きっと帰り道、「自分の足音から素敵な音楽が始まるんじゃないか。」と思わせてくれる、そんな、本当に素敵な作品だった。
    みく
    みくの感想・レビュー
    3日
    4.8
    すんんんごい良かったです!具体的に言うとアートディレクション、曲のチョイス、映画の流れ、ファッション、振り付け、ストーリー... 全てが大好きです!

    女優を目指すミアとジャズピアニストセバスチャンが人生で色々挫折を味わい、出会いがあり、惹かれて成功する話なのですがステージではできないカメラワークがダイナミックな映画でした。

    ヴィヴィットな所とヴィンテージっぽい建物や町並み、道路まで...出てくる場所全てががステージの様なセッティングでどこも綺麗でした。キャラクターの周りも、エマ・ストーン(めっちゃ可愛いです)演じるミアの時はプロップや服や色んなものが綺麗で上品な色使いで女性らしく見え、ライアン・ゴズリング演じるセブの場面は地味めな、ジャジーでレトロな雰囲気が出ていて、確かにミュージカル映画だな、と感じました。ちなみにライアン・ゴズリングの体(一切脱いではないのですが服のラインを見て)が凄く好みです笑

    ストーリーは現実的かつ、ミュージカルなので幻想的に空も飛んじゃったりして... 色んなシーンがあるのでぜーーーんぜん飽きないです。主人公達が急に歌い出すのですが、そこを目立たせるために回りをだんだんフェードアウトさせていくシーンでは、おおそんなテクニックがあるのか、と色々勉強になりました。

    そして!もちろん歌だけでなくダンスも素晴らしいです。海外の有名なダンサーさん達が勢ぞろいです。やっぱり目立つ人は目立ちますね!!あー!あの人でてる!あ、あの人も!と一人で興奮してました...笑

    最後のシーンは観ているこちらまでセブの気持ちにさせ得る様な演出でまじかよ... と涙しました... これは最初から観ないと分からない気持ち... で も 映画見終わって「ちょっと最後のシーンはセブが妄想の中で都合よく考えすぎでは?」と思う自分もいますし、「ああでも映画的にこうした方が見てる人には分かりやすいか」と思う二人の自分が頭の中討論してました笑 (あまりネタバレをしたくないので内容はに伏せときます...)

    キャラクターと言ったらセブとミアの関係が凄く好きです。子供から一緒にいる男女がそのまま大きくなって歌って楽しんでる(実際違いますが!)兄妹の様な親友の様な関係が凄く微笑ましいです。まーったく他の人たちと絡まない所が普通の映画ではあんまないところですかね...本当に二人の世界って感じでした。


    個人的な話ですが、私の中で一番ぐっと来たというか、刺さった言葉は具体的な内容は伏せますが、セブがミアに「You are a baby」と弱音を吐くミアに怒るシーンがまるで自分に言われている様で目頭が熱くなりました。まだまだ駄目だな私も色々頑張ろう、と華やかで楽しく、私にとっては励みになる映画でした。
    CalvinCaleb
    CalvinCalebの感想・レビュー
    3日
    5.0
    A love letter that serves as a testament to both pain and journey of dreamers. Damien Chazzele's helms La La Land with ingenious level of craftsmanship, orchestrating the resurgence of Hollywood's forgotten yet beloved genre--the musicale. From its inventive imageries to Stone's heart-wrenching performance, La La Land simply hit all the right notes. However, be cautious, don't be fooled by the film's color palette; For a movie that is bursting with bright colors, La La Land is surprisingly very blue.
    saya
    sayaの感想・レビュー
    4日
    4.5
    最後以外はたのしめた!ミュージカル映画よいね!LAが舞台ってとこがだいぶよい!同じデートコースいきたい!
    M
    Mの感想・レビュー
    4日
    4.9
    素晴らしいです。待ち望んでいました。

    ありとあらゆるミュージカルをゆるく広く観てきたミュージカルヲタで、好きゆえにわりと細かく言葉を挟みがちなめんどくさいわたしがここまでスッっと感動させられるとは思ってませんでした。

    誰にでも、特に、なにか夢を追いかけて叶えたいと望んでいるひとには絶対にみてほしい、、、ディズニーではできないようなブレンドをみごとな配分でやってのけてくれてます。

    夢と愛とその道のり、現実と、そして人生を描く最高のミュージカル映画でした。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


    ラブアゲインで可愛すぎるワンナイトラブを演じてくれたライアン・ゴズリングとエマ・ストーンのふたりが再びキュートな恋人役。(これから鑑賞する方、鑑賞した方、ラブアゲインおすすめです!!!)

    ディレクターは1989リトルマーメイドや新メリーポピンズ、映画版ウィキッド、イントゥーザウッズなどミュージカル映画に多々携わっているマークEプラットさんもいらっしゃって

    美術面でも計算しつくされ合成などだけではなくロケーションや衣装やものや照明で"いかにも"な色彩を計算して撮る手法は完璧に好み

    セッションの監督と作曲家、ムーランルージュの音楽プロデューサー、ずいぶん前から聞き込んで全曲歌えるほどだったきらきらの音楽は大きな画面と良い音響できくと輝きを増してた

    エマは歌えない〜〜って言ってたところからめちゃレッスン頑張ってたけど、うん、まぁムーランルージュのニコールや美女と野獣のエマワトソン並み(察してください下手ではないし綺麗だが元来の声が細い)

    「往年のミュージカル映画を彷彿とさせる」ってたくさん書かれてたとおりオマージュともとれる表現も多々あり、ただきちんと現代のお話として昇華されてる


    エマほんとに、、、眉毛の違和感など吹っ飛ぶほど今回もよかった、(笑)透ける虹彩、猫のまなざし、大きな口もと、ざらついた声、、、あなたが主演でこんな素晴らしいミュージカル映画が見られるなんて、、ずっとずっとたのしみにしてた


    空中の、"好きです!!"濃度が濃すぎて幸せで息が詰まりそうでしたありがとう