ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:126分
    監督
    デイミアン・チャゼル
    脚本
    デイミアン・チャゼル
    キャスト
    ライアン・ゴズリング
    エマ・ストーン
    J・K・シモンズ
    フィン・ウィットロック
    ローズマリー・デウィット
    ミーガン・フェイ
    ジェイソン・フックス
    ジェシカ・ロース
    ソノヤ・ミズノ
    ジョン・レジェンド
    キャリー・ヘルナンデス
    ヘムキー・マデーラ
    あらすじ
    夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

    「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

    切ない。最後のジャズバーでの再会にグッときた。
    観終わってふたりでプラネタリウム行くつもりが遠くて面倒になり楽器屋さんに寄ってはみたもののまぁ連弾を弾けるはずもなくじゃあダンスでもと思ったらそれは無理と断られ仕方がないので口笛吹いて帰った冬終わりの話し。…口笛は冗談。

    真面目に書き残すと大好きです。観た時よりも時間が経つにつれじわっと好きが切なさが迷いが幸せが浸透してくる感じ。ぐるぐると彩色絢爛な映像と繊細で優雅な声と音色に酔いしれ…エマとライアンの曲もすごくすごく良いけど敢えて言うなら幾つかアレンジ変わり流れるSomeone In The Crowdで良いのかな?ここの部分だけずっと聴いてる時期があったほど…胸がざわざわしちゃうのにすごく背中を押され前を向けると言うか気持ちが高まると言うか。

    女優さんが総じて美しいのも素晴らしい。友人たちが後半ほとんど登場しないのが残念ですが。ラストは夢現、あったかもしれない現実、なかったかもしれない現実、あったかもしれない未来、なかったかもしれない現実…。過去は変わらないけど秘めた想いは記憶に刻まれ決して終わりや悲しさを意味するのではなくむしろ幸せな結末なのかもと感じました。微笑みと頷きね。こんなお洒落でもなんでもないですが自分にももしかしたら…の未来があったのかも。そう思った人は少なくはないですよねきっと。

    ああエマ・ストーンとライアン・ゴズリングが寄り添うだけでも映画観てるだけでも話してるだけでも歩いてるだけでも舞うだけでも何をしてても画になるのでずっと観ていられます。
    どこまでも素敵だった
    駆け込み映画館で観るべしし
    ミュージカルなんてと思いながら観たらやられた。
    2人で飛び出した時には流石に笑ってしまったけどw
    それも含めておかわり必須かな
    音楽と衣装は素晴らしかったけど長くて途中で飽きてしまった
    サントラずっと聴いてられる😆
    散々話題になっていたし、周りにも絶賛する人ばかりだった作品をようやく鑑賞。
    なんというか、全体的に何かが自分の好みから微妙に的を外れていたことと、それ以外にピンとくるものが、衣装や画面、色使いなどの美術以外になかったことで、絶賛するほどではないかなあ。言語の理解不足もあって、時間軸を理解するのに戸惑ったのと、思っていたよりもずっとラブストーリーだった。音楽を含む美術面は本当に良かったし、ちょっとレトロな雰囲気と衣装は最高。