ラ・ラ・ランドの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

4.0

あらすじ

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功…

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

最初から最後までずっとドキドキしていた。。、ワンカットであそこまで綺麗になるのに感動した。切なさMAXの最高なハッピーエンドだと個人的には思いました

このレビューはネタバレを含みます

個人的に2017年のベストムービー

【所感】
①アメリカコンテンツの強さ
ラ・ラ・ランドの魅力はミュージカル、ダンス、ジャズの演奏である。いずれもアメリカが世界に誇る文化でありエンターテインメント大国の真髄を見せつけられたような気分だった。
また、LAの若者たちが人生を賭けて夢を追う様子が描かれており、こういった部分もアメリカが大国たるゆえんなのだと思った。一方でセバスチャンの姉など「現実を見ろ」と言う人もおり、そのような声に耳を傾けることなく、夢追い人同士で励まし合いながら夢に向かい実現させていくのは素敵だと思う。
ミュージカルで一番印象に残ったのは冒頭のAnother Day of Sunだろう。ワンカメで撮影しきったこの映像を見て映画への期待値を上げざるえなかった。

②ジャズの素晴らしさ
シーンの中でセバスチャンがミアに対してジャズの素晴らしさを説くシーンがある。ジャズはニューオリンズの安宿で言語の通じない人たちのコミュニケーション手段として生まれたらしい。
そのバックボーンゆえに演奏においてはそれぞれの楽器がそれぞれを主張しぶつけ合うため、生演奏では同じ演奏と言うものは存在しないのだという。
音楽は正確に再現することが求められることが多いが、ジャズの多様性は確かに異質であり魅力的である。今後ジャズバーに行ってみようと思った。



映画の内容や映像はさることながら音楽が素晴らしい。鑑賞後にiTunesストアでサントラを衝動買いしたが、今も後悔は全くない。

全体を通して素晴らしい作品なのだが、最後が秒速5センチメートルと同じような展開であったため、しばらく引きずりそうである。
Yuki

Yukiの感想・評価

4.6
冒頭とラストで全てが決まる
そんな作品
このミュージカルは観れる

やっぱり映画は映画館に限るよね
Malilyn

Malilynの感想・評価

2.5
途中で止まってるのでなんとも
オープニングで観るか止めるか決まってしまうような気がします

このレビューはネタバレを含みます

エマちゃんとライアン・ゴズリングは大好きなんだけどなぁ...

夢追い人同士のラブストーリーでキラキラした演出満載なのに、こっちがその気になって油断すると現実に突き放される、の繰り返し。なんともフラストレーションが溜まる。
最後も何。エマちゃんの手引いて2人で走り出したりすればいいじゃん。なんでそこはあっさり諦めるの。夢追い人同士がずっと一緒にはいられないのは分かるけど。分かるけども!
なんだかなぁ....これ絶賛してる人は音楽が好きとかそういうこと?ストーリーハマれなすぎた。

あぁ、ラブ・アゲイン見よ
サントラ聴きまくってる。
ピアノで弾けるようになりたい

最後哀しいね
人生うまくいかんなぁーって
ak

akの感想・評価

4.3
話題作だったので、とりあえず…と思い観に行きました。
初めてのミュージカル映画でしたが、もうオープニング終わった瞬間に観た価値あったなと確信。恥ずかしいですが、気づいたら普拍手してしまいました…
作中の時間経過が結構あって、それをファッションや季節で表現しているのも素敵です。
ストーリーは後半からまさか…とは思いますが、あの流れだからこそ前半のキラキラした時間などが映えるんじゃないかと感じたので、個人的には満足です!海外俳優さん詳しくないですが、しばらくはゴズリンさんに夢中でした(現在進行形)
cocoro

cocoroの感想・評価

4.0
爆音映画祭にて

ラストの回想シーン切なすぎたけど、切ないまま終わってくれたからこそ素晴らしい映画に思った。
オープニングで一気に惹きつけられてラストまで飽きることなく見入った。
音楽、人物、演出、物語。どれを取っても第1級のエンターテイメント。

夢ばかり追って全てを勝ち取るのでは無く、取捨選択の厳しさなど、現実を取り入れたとこも好き。

綺麗事ばかりでは夢は叶えられない。だからこそ、掴み取るにはその都度の選択が迫られる。

この作品を、もっと歳を重ねた後に観るとまた違う楽しみが得られる気がする。
JunMurai

JunMuraiの感想・評価

4.7
2回目観て、やっぱり凄すぎた。
圧倒的エンターテイメント。

ストーリーも最初見た時は「え?ハッピーエンドなの?この気持ちはなんなんだ!」って感じやったけど、2回目見終えて、もう最後の微笑みで「それだー!」ってなった。
完璧。
何より、映像として圧倒。圧巻。

言われて気づいたけど、セッションと同じで最後の数分はセリフがないんやね。その凄みがまた…。