ラ・ラ・ランドの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

4.0

あらすじ

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功…

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

しゅん

しゅんの感想・評価

4.8
それぞれの夢を追いかけながら、時にすれ違いながら、惹かれ合う描写が素敵。ピアノにダンス、とにかく惹きつけられる。ライアン・ゴズリング、エマストーンの見つめ合う時の仕草など、随所に演出が満載。飽きずに最後まで観れた。
この手の映画は基本的に避けていたのですが、映画好きを公言したいがために劇場で鑑賞しました。正直もともとこういうジャンルの映画は観なかったので期待していませんでしたが、この映画はとてもおもしろかったです。スクリーンで観れてほんとによかったです。ミュージカルを織り交ぜた人間ドラマには感動すら感じ、最後の展開には胸を締め付けられるような感覚があり、とても映画として完成されてると思います。
あや

あやの感想・評価

2.5
難しい映画だった。
人によって理解の仕方は異なる映画だと感じたが、人生はタイミングが大事で、同時進行しているように写っているところがとても斬新な表現の仕方で魅入ってしまった。
kg

kgの感想・評価

5.0
“夢の国ラ・ラ・ランド”

ドルビーアトモスで鑑賞。
DVDで見直し。
第89回アカデミー賞史上最多の14ノミネート作品。これは大きな話題になって当然の名作!!
32歳という史上最年少の若さで監督賞を受賞したデイミアン・チャゼルの才能には脱帽、、、
日本で上映される半年前くらいからこれだけは劇場で観ると心に決めていた作品笑
公開前の自分を褒めたいっすね笑

曲やダンスが神‼︎
全てのミュージカルが化物級。
鑑賞後は一ヶ月間サントラをベビロテ笑

色彩が鮮やかでどんなシーンも絵になるぐらい綺麗で洒落てる。
あとはミュージカルの時のカメラワークが個人的には大好き!

『ドライヴ』の時とはまた違ったライアン・ゴズリングのかっこよさよ、、
この映画のために練習したピアノ演奏も上手すぎ!笑
『セッション』に続きまたJ.K.シモンズが出演してるのも面白い笑

この映画の冒頭は車の渋滞シーンから始まる。
そして、終盤のシーンでは夢を叶えたエマは再び車の渋滞に遭うが脇道から渋滞を回避し、たまたま入った店で夢を叶えたセブと再会する。
この渋滞は、最初2人が夢に行き詰まっていたが最後にはそれを乗り越えた事を意味している。
全く無駄のない映画だな笑

(再会した時の回想シーン)
個人的な解釈は、
この回想は2人共がした妄想。
2人は決して愛が消えて別れたわけではないためそのような妄想をしても不思議はないと思う。
2人が出会って全ての事が上手くいっていたらきっとこんな人生を歩んでいたのかもしれない、2人で幸せになっていたかもしれないという淡い妄想。
そして、この妄想は観客側の誰もが望んだハッピーエンドでもあり、そんな夢の世界を少しの間魅せてくれる。だからこそ現実に戻った時に寂しさ、切なさが襲ってくる。
そんな事を表現したシーンだと思った!

最後の別れ際、ミアが店を出る前に振り返り2人が目を合わせる。2人は仄かに微笑み、セブが頷く。
2人に少しの寂しさはあるかもしれない。
しかし後悔はなく、お互いを理解しているのが感じられるラストだと感じた。

誰もが楽しめるラブストーリーだが、
切ないラストであり、ハッピーエンドでもある。
言葉では伝えられない、ミュージカルだからこそ感じられるものを体感できる映画!
間違いなくミュージカル映画の最高峰‼︎
ken

kenの感想・評価

2.4
夢追い ピアノ ジャズバー 女優 ロサンゼルス やりたい仕事? 挫折
→ 幸せ、2人がくっつくだけじゃないよね、夢かなえよ
最後がすごく良かった

照明の使い方とか色がすごく好きだなと思った
フレンチポップなジャズに、ビビッドなカラー、ダンスの構図、ストーリー展開、どの要素にも往年のハリウッドミュージカルのオマージュがちりばめられています。
若き監督の映画愛、音楽愛、人間愛が詰まりに詰まっていて、「グッとくる」です。
辛くて観ていられない😿 ダンスシーンの長回しはメチャクチャ見応えがある
好きだけど・・・オシャレでしょ!という見せ方が実に鼻につく作品でした。でも衣装も良かったし、主演の2人が好きすぎたのでちょっと甘め。
うぃん

うぃんの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

最初映画館でネタバレなしで見た時は、色々あっても最後はくっつくだろうと思ってたのに予想外で、結末にポカンだったし納得がいかず消化不良だった。
でもしばらく経ってもジャジーな音楽が耳から離れず、サントラCDを購入した。
聴いているうちに、初見の時と違う感覚が沸き起こり、必要な別れだったと感じるようになった。
2人が夢を叶えるために、恋愛としては結果的に上手くいかなかったにしろ、神様が用意した出会いだってのでは?と今では思う。
作品中の2人も、成功者になった後過去の恋を振り返り、きっとそういう風に感情を消化できたのではないだろうか。
炎のように燃え儚く消えた失恋でも、一生忘れられない人生を変える恋になったのだ。
大人向けの味わい深い恋愛映画だと感じる。
宣伝の仕方には問題があったように思う、、、。