ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:126分
    監督
    デイミアン・チャゼル
    脚本
    デイミアン・チャゼル
    キャスト
    ライアン・ゴズリング
    エマ・ストーン
    J・K・シモンズ
    フィン・ウィットロック
    ローズマリー・デウィット
    ミーガン・フェイ
    ジェイソン・フックス
    ジェシカ・ロース
    ソノヤ・ミズノ
    ジョン・レジェンド
    キャリー・ヘルナンデス
    ヘムキー・マデーラ
    あらすじ
    夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

    「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・レビュー

    とまぴゅー
    とまぴゅーの感想・レビュー
    1日
    3.0
    オンライン試写会にて鑑賞。
    現代劇のミュージカルを見るのは何気に初めてかも。話はありきたりだけど、ミュージカルという形式と独特の舐めるように長いワンカット撮りで飽きずに見られた。ただ、逆を言うとそれ以外は本当に平々凡々な恋愛映画。
    エマ・ストーンが色々オシャレな格好をしているのはかわいかったし、それもこの映画のウリだと思うけど、女優を目指すカフェ店員がそんなに衣装持ちでいられるのかな?彼氏が贈ってくれたのか、そこにだけお金をつぎ込んでいるのかと少し野暮なことを考えてしまった。


    yahoo映画の感想もひと通り見てみたけどfilmarksとは違ってあちらは今のところ平均評価3.2か。私はどちらかというとあちら側に共感できる評価が多かったけど、映画サイトによってこんなに違うのって面白いな。
    djikuzak
    djikuzakの感想・レビュー
    1日
    4.6
    この映画はやばい。
    ヤバランドです。


    もう一度いいます。


    ヤバランド。


    こんなにしっかりしたミュージカルって久々にみた。
    俺はダンスをする女の子のように冒頭で男の腕の中に引き摺り込まれた。それもラストで突き放されたが、手は繋がっていた。
    momoka
    momokaの感想・レビュー
    1日
    5.0
    圧巻のミュージカル!おもわず映画館で歌って踊りだしたくなった!エマ ストーン歌うまいし声が澄んでて好きだな〜 ライアン ゴズリングはピアノをこの役のために始めたって聞いたけど、それ知らなかったら昔からピアノやってたのかってくらい引き込まれる演奏だった!2人の曲みたいなやつ好きだな〜〜映画終わったあと永遠に頭の中でリピートしてた笑
    ミアとセブの恋の始まり方も好き 最初はなんとも思ってなくて、むしろちょっと嫌なやつってお互い思ってたと思うんだけど、思いがけないところで再開してだんだん惹かれあって...って付き合うのちょっと憧れる
    あと、ジョン レジェンドが出ててびっくりした!歌うだけなのかなって思ったらふつうに重要な役だし演技してるし!えええってかんじだったけどやっぱり歌も声も好き 役はちょっと嫌な役だったけど許す笑

    夢を諦めないってことは辛いし大変だし挫折するときもある。けどミアは諦めなかったし、挫折したときはセブが助けてくれた。そして、セブが自分の夢のためにしぶしぶ始めたバンドが売れてだんだん忙しくなって自分の道を失いかけたときに、自分が本当に好きなものとか夢を思い出させてくれたミア。そんな2人の関係が好き。
    恋人をとるか夢をとるかで2人は夢を選んだけどそれは間違いじゃなかったと思う。それだけは言える。

    ミアは女優として成功してセブは自分の店を持って2人とも夢を叶えた。それはあの別れがあったからこそだと思う。でも、お互いのことを忘れるんじゃなくていつでも心の支えにして恋人としてじゃないけど想いあってたんじゃないかな。

    ミアは結婚して幼い娘もいて、ラストどうなるの?!ってちょっと焦ったけど、なるほど!そうくるか!って満足できるラストだった。クリスマスに2人が出会ったときもしこうしてればっていうシーンがあって、そうしたら2人は結ばれてたのかなって思って切なくなった。
    でも終わり方がとにかく好き。2人にしかわからない視線とかミアに捧げた演奏とかもう全部ひっくるめて好き。文句なし。
    <字幕>
    Tyga
    Tygaの感想・レビュー
    1日
    -
    ミュージカル映画は普段あんまり観ないけれど、「セッション」の監督の作品だということで、オンライン試写会に申し込んでみた。

    すごくワンカット長い。
    多分、ミュージカルパートはほとんどワンカットなのでは………。

    「セッション」の時も思ったけど、この監督は音楽のライブ感を最初において考えているのでは。

    だから、細かいことは置いておいて、この映画のグルーヴ感に酔うというのが、一番楽しめると思う。

    公開したらとにかく大きなスクリーンで、音響めっちゃいいところで、観たいなと思う感じの作品だった。
    その時に点数をつけたい。



    プリウス多すぎてわかんないとか、小ネタも面白かった。
    katooonline
    katooonlineの感想・レビュー
    1日
    4.3
    人生と芸術のビターな関係であった
    イモータンじゅん
    イモータンじゅんの感想・レビュー
    1日
    -
    一昨日、試写会で観賞。未だLALALANDの余韻が✨公開後必ずまた行こうと思う。舞台好きにとっては映画のミュージカルがいつもどこか不自然に見えていて、正直見るまでは眉唾だったんだけど、見事な構成とストーリー、心に残る音楽、映画でしかできないミュージカルだった。秋から冬へ心を鷲掴みにされそのままラストへ。夢の世界のリアルな現実に涙が溢れた
    ネネ
    ネネの感想・レビュー
    1日
    5.0
    夢を追い求めるには、狂気が必要。
    厳しい現実を見せて、覚悟はあるのかと問いかけながらも、本当に苦しくなったときは、存在をただひたすら肯定してくれる。
    この先何年も何十年も、夢を追う人たちの人生に、寄り添っていくであろう映画でした。

    今回は青山シアターのオンライン試写会にて鑑賞。
    映画館で観たあと、追加レビューをしたいと思います。
    MoMa
    MoMaの感想・レビュー
    1日
    4.3

    このレビューはネタバレを含みます

    この映画のタイトルは”LA LA” LANDですが、これがLA(=ロサンゼルス)とのダブルミーニングだということは自明でしょう。
    つまり、この物語はLAという舞台におけるストーリーだということを念頭に置いて考えなければならないということが分かります。
    LAというのは、エンターテインメントの街、すなわち'City of Stars'です。
    様々な人が’スター’としての成功を夢見る一方、全て人間がサクセスストーリーを歩める訳はではないはずです。

    Miaはオーディションの中で、'夢追い人(dreamer)'は'愚か(fool)'だと述べ(歌い)ます。
    ここでの愚かさは'fool'であることであり、'stupid'であることではありません。
    愚かであることと馬鹿であることは違います。
    Steve Jobsの引用したStay foolish, Stay hungryのくだりはあまりにも有名ですが、恐れ知らずのthe "fool'とでも呼ぶべき人々だけが、途方もない夢を叶えることが出来るのかもしれません。

    夢を追うということは一つの重要な選択です。
    選択は何かを選ぶことであると同時にその他の選択肢を排除するということである以上、時に夢を追うことは痛みなくしてできないのでしょう。
    特に、愚かな選択は時により大きな痛みをもたらすものかと思います。
    MiaとSebastianが結ばれるという夢は、'if'の世界にだけ存在し、決して実現することはありません。
    しかし同時に、失ったものの大きさが成功を決定づけるわけでもないでしょう。
    そして彼らは、その痛みを抱いて、抱くことによってこそ前進できるのかもしれません。

    p.s. キャスティングだけじゃなくて映画の雰囲気もバードマンに似てませんか?
    nlmage
    nlmageの感想・レビュー
    1日
    4.5
    タイトルのララランドは、本編の内容をまさに言い得て妙だと思った。

    ミアとセブの出会いと、それぞれが抱く夢の行方とその後。
    よくありがちなストーリーかもしれないけど、演出がそれを飽きさせない。

    恋に落ちたときの、まるで世界は2人のためにあるかのような全能感や、起こり得なかった“if”を必死に辿る切望を、こんな風に表現するんだと頭を殴られたような衝撃で、ぐわんぐわんした。

    なんだか、あの手この手で感情をまさぐられた感じ。

    最後は、甘いメロディーの心地よさにどこか抉られたような切ない痛みが伴う。
    名作だと思う。
    ミヤザキタケル
    ミヤザキタケルの感想・レビュー
    1日
    4.8
    ラ・ラ・ランド
    2/24公開ですが 一足早くレビュー。

    夢を追う者が集う街・ロサンゼルス
    映画スタジオのカフェで働く女優志望のミア(エマ・ストーン)は、オーディションを受けるも落ち続けてばかり。
    将来自分の店を持つことを夢見るピアニストのセブ(ライアン・ゴズリング)は、ジャズへの強い拘りが邪魔をして道を切り拓けずにいた。
    偶然に出逢った二人は恋に落ち、互いの夢を叶えるべく支え合いながら愛を育んでいく。
    その果てに新たな一歩を踏み出す二人であったが、次第にその心はすれ違い始めてしまう。
    夢を叶えようともがく男女の出逢い・葛藤を通し、誰もが胸に宿す夢 その情熱を 煌めきを 歯痒さを描い作品だ。

    こんなにもワクワク ニヤニヤしている自分を自覚しながら作品を観たのはいつ振りだろう
    何度も 何度も胸が高鳴った。

    その胸に「夢」を抱く者であれば、作品世界へと没入するためのチケットを既に所持している。
    冒頭から瞬く間に引き込まれ、「ラ・ラ・ランド」の世界の住人に あのシーンの一員になってしまう。

    人によってはミュージカルが苦手だったり、いきなり歌って踊り出すことに違和感を覚える人もいるだろう。
    ぼく自身、若干その気質を持っていた。
    が、この作品を観てハッキリと分かったことがある。

    家族と 恋人と 友人と過ごしてきた楽しい時間・悲しい時間
    これまでの人生において幸福だったと思える時・不幸だったと思える時
    その思い出に触れると、自ずと色だったり 匂いだったり それこそ音楽が流れ出したりはしないだろうか
    あなたの人生の中で大切だと思える時間には、何かしらの彩りが添えられてはいないだろうか。

    過去の思い出に限らずとも
    例えば、気になる異性とデートに行く
    手を繋ぎたいけど繋げない チューしたいけどチューできない
    物理的現象としては男女の会話が繰り広げられてるだけだが、その心の中では台風が吹き荒れている
    そんな状態で互いの指と指が偶然にでも触れ合ってしまったのなら、雷が落ち 天変地異が起きてしまう。

    劇中において歌い踊り出す場面は、いつだって心の中で起きているセンセーショナルな出来事を具現化し描いていた。
    そして、そこには必ず何かしらのエネルギーが宿っていた。

    陰と陽なら 陽
    闇と光なら 光
    後と前なら 前

    それらの性質が伴う場合にのみ起きる現象として描かれていたからこそ、ぼくは今作のミュージカル要素を難なく受け入れることができたのだと思う。


    あなたの心の中にも ぼくの心の中にも、自らを照らすスポットライトがある。
    その光に照らされている間は、世界の中心は自分で 物語の主人公も自分で 不可能なことなんて何一つない
    夢と希望と可能性に満ち溢れ、誰にも否定されることのない理想の自分でいられる。
    その世界では歌って踊り出しちゃうこともあるだろう。

    でも、現実はそうはいかない
    心の中のスポットライトだけでは通用しない。
    大抵の人が世界とは無縁で 物語では脇役で 叶えられないことばかり
    苦しくて しんどくて 死んじゃいたくなっちゃう現実を目の当たりにしたら、歌ったり踊ったりなんてしていられない。

    現実においてのスポットライトとは即ち夢
    「夢」を叶えるということ

    心のスポットライトを糧に、現実のスポットライトを浴びるにはどうしたらいいのだろう。

    自らの意志を曲げずに貫き通すこと大事なのか
    柔軟に対応し 時には変化を受け入れることが大事なのか
    変化という名の妥協を許し ハードルを下げることが大事なのか

    その答えは人によって異なる
    人の数だけ間違いがあって、人の数だけ正解がある
    人の数だけ後悔があって、人の数だけ可能性が残されている。

    一人で浴びるスポットライトに価値があるのか
    誰かと共に浴びるスポットライトに価値があるのか
    誰かと共に浴びたかったスポットライトに価値があるのか
    想定していた色ではないにしろ、スポットライトさえ浴びられたらOKなのか

    それもまた人によって異なるのだろう。


    たとえ如何なる結果に至ったとしても、現実と向き合うことにこそ価値がある。
    心の中のスポットライトにだけ縋って生きていたら ラクかもしれない
    その幻影を「夢」や「理想」と呼んでいられる内はやっていける
    叶えられるモノだと信じていられる内はやっていける
    だが、いつかは やがていつかはと漠然と時を過ごしていたのなら手遅れになる

    目先の安寧に ある程度の小金に 惰性の人間関係に甘んじていると、本来追い求めていた道を歩めなくなってしまう。

    迷った時には、心から歌って 踊り出したくなる方を選ぶべきなのだと
    歌って踊り出したくなっちゃう相手と関わっていくべきなのだと
    それこそが現実においてスポットライトを浴びるための道へと繋がっていくのだと思う。


    そのラスト、あらゆる想いを凝縮させた最高のシーンであった。
    「セッション」のような迸る情熱ではなく、心の隅々にまで沁み渡るやさしく繊細なモノが宿っていた。

    時に微笑みながら 打ちひしがれながら 涙しながら 嗚咽するのを我慢しながら
    二人のラストシーンを見守った。

    映画好きであればある程に引き込まれる世界観
    細かな映画ネタが分からずとも、決して置いてきぼりを喰らわすことのない根本の面白さ

    まさしく人生そのものを描いたような一本です。

    そこにあるモノがたとえ悲しみであっても 後悔であったとしても、前を向いていられる自分でありたい
    その現実を受け入れ 今を見つめられる自分に
    笑顔でいられる自分でありたい。

    一人で観るのも、家族 恋人 友人と観るのもアリだと思います。

    ぜひ!ぜひ!劇場でご覧ください。

    一点だけご注意!
    この作品を観た後にサントラを聴くと、街中であっても 人に見られていようともステップを踏みたくなります。
    踊りたくなっちゃいます。
    現にぼくは深夜の銀座の街を小躍りしたりスキップしながら練り歩いた。

    周囲の人や車に気を付けて「ラ・ラ・ランド」の世界に浸ってください。

    青春★★★★
    恋 ★★★
    エロ★★
    サスペンス★★★★
    ファンタジー★★★★★
    総合評価:A