ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:126分
    監督
    デイミアン・チャゼル
    脚本
    デイミアン・チャゼル
    キャスト
    ライアン・ゴズリング
    エマ・ストーン
    J・K・シモンズ
    フィン・ウィットロック
    ローズマリー・デウィット
    ミーガン・フェイ
    ジェイソン・フックス
    ジェシカ・ロース
    ソノヤ・ミズノ
    ジョン・レジェンド
    キャリー・ヘルナンデス
    ヘムキー・マデーラ
    あらすじ
    夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

    「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・レビュー

    akiukilucky
    akiukiluckyの感想・レビュー
    4日
    4.1
    映画というよりエンターテイニングショー

    エマストーンが来ているドレスをきて、
    音楽を口ずさんで、
    ダンスが素敵に踊れたらいいのにって思わずにはいられない
    watasak7
    watasak7の感想・レビュー
    4日
    3.7
    クラシックな演出だけど現代のハリウッドが舞台のおはなし。ストーリーはほんのりシェルブールの雨傘に似てるかな。ほんのりビターな味わい。

    赤・黄・緑・青色のパッキリした色遣いが、昔のミュージカル映画を彷彿とさせる。元気なアメリカを思い出すよね。

    作中ではクラシックなジャズと電子音楽を掛け合わせて時代に沿った音楽を作ろうとするバンドメンバーとのズレが描かれてたけど、この映画は見事にクラシックなミュージカルの要素と現代のオーディエンスに好かれる要素を掛け合わせて成功してるようにみえる。
    監督も奥さんに、「これがあなたの本当に作りたかった映画なの!?」とか言われてたりして(笑)
    KonatsuNakayama
    KonatsuNakayamaの感想・レビュー
    4日
    3.5
    エマの眉毛がきになる

    人生を変えてくれる人が必ずしも運命の人とは限らない〜〜な〜〜
    kanako
    kanakoの感想・レビュー
    4日
    3.3
    初めから、キュンキュンしまくり。ライアンのかっこよさ、ファッション、音楽全てにキュンとした。ミュージカル映画って素敵。最後の終わり方にびっくり
    c.
    c.の感想・レビュー
    4日
    4.7
    もう一度、原語でみたい!
    つるみん
    つるみんの感想・レビュー
    4日
    4.0
    【夢、恋、人生】

    元来あるミュージカル映画へのリスペクトと共に現代の要素を付け加えた作品。歌・踊りも含めビビットカラーを纏う服装や建物の数々に終始魅了された。ワンカットの長回し撮影も作品に引き込ませるテクニックの1つである。夢のようで非常にリアルなストーリーに好印象を受けました。

    内容は、
    オーディションに何度も落ちて意気消沈していた女優志望のミアは、ピアノの音色に誘われて偶々入ったジャズバーで、ピアニストのセバスチャンと出会う。しかし彼もクビになり落ちぶれる…。そんな2人は互いの才能と夢に惹かれ合ううちに徐々に恋に落ちていくのです………。

    主人公ミアの視点で話は進み、物語は冬から始まる1年間とその後が描かれています。ミュージカルが苦手な僕でもフラッシュモブのような描写に違和感なく冒頭から入り込めたので良かったです。その理由としては、やはり予告編で流れているアップテンポの曲と身体が動いてしまいそうになる踊り。さらには赤・青・緑といった原色に加え黄色など色鮮やかな衣装や建物がある事によって聴覚も視覚からも十分に楽しめたからではないでしょうか。

    引き込まれる要因としてはワンカットの長回し撮影もその1つです。その撮影方法のおかげで見事、日常生活をステージに変えることが出来ていました。ミュージカル映画にありがちなバックにダンサーやミュージャンを置く事を極力省きフレッド・アステアのようなミュージカル映画が完成されていました。それも伝統的なミュージカルへのリスペクトであり、その雰囲気を保ったまま現代の要素を加えていたのは我々若者にも受け入れられる事とミュージカル映画の進化を見せたかったからでしょう。

    伝統的なミュージカルについては恐らくジーン・ケリーよりフレッド・アステアを意識したのではないでしょうか。アステアのステップには勿論劣るもののゴズリングのダンスも素晴らしかったです。また服装もリスペクト要素の1つですね。
    そして現代は主にiPhoneやyoutubeの登場です。恐らく今までのミュージカル映画にこのようなものは登場していないでしょう。今までの雰囲気を壊すどころか現代風で非常に良かったです!
    ミュージカルにおいての〈過去と現在〉の組み合わせが絶妙でした。

    そして本作は〈空想と現実〉で成り立っているといっても過言ではありません。
    題名通りL.A.の名所が沢山出てきて、その街並みなどを楽しんでいた矢先、ロマンティックな空想世界を表現したりなど〈空想と現実〉のバランスもよく取れていました。


    そして何より主演の2人。
    エマストーンの演技の幅に驚きましたし歌声も素敵。
    ゴズリングは相変わらずイケメンでピアノまで弾いちゃって…言うことなし!
    映画館での手を繋ごうか駆け引きをするシーンなんて最高すぎる。
    『ラヴ・アゲイン』『L.A.ギャングストーリー』と愛を交わしてきたので息もピッタリでした。
    元々はエマ・ワトソンとマイルズ・テラーのコンビだったらしいのですがゴズ&ストーンで良かったです。
    逆にゴズリングはエマ・ワトソンの『美女と野獣』に出演予定だったみたいですね(笑)


    ということで、
    本作、ミュージカルは苦手なのですが好きです!
    この夢のようで非常にリアルなストーリーに胸キュンする場面もあれば涙が出るほど切なくなるシーンもあり大変満足です。
    個人的に『トップハット』『ワン・フロム・ザ・ハート』『世界中がアイラブユー』に近いものを感じましたが、う〜ん本作が好きかもしれないです。

    序盤は女性向きだな〜と思っていたのですが男女共に観て共感出来る映画でした。特に、夢を持つ若者達よぉぉぉおお!!!!

    (A-haのTake On Meが流れた時は少し興奮しちゃいました笑)
    AYANO
    AYANOの感想・レビュー
    4日
    4.6
    @バンコク
    もう一回観に行きたい映画。セッションの監督という事で期待して行きましたが、期待通りでした。
    shtoku
    shtokuの感想・レビュー
    5日
    5.0
    久しぶりにステキな映画見た。涙腺弱ったせいか大泣き。人生って甘酸っぱくほろ苦い。
    素晴らしい演出、エマ・ストーン、ライアン・ゴズリングの演技と歌、踊りに胸を掴まれた。
    mizuki
    mizukiの感想・レビュー
    5日
    4.5
    ミュージカル好きな人は必見!
    DVDで観るよりも、映画館で観た方が何倍も楽しめる映画。
    オープニングでは思わず拍手をしたくなるような圧巻の演出。ラストでは少し心がギュッとなる展開も、全て観終わったあとは前向きになれます。
    日本語版もぜひ観てみたいです。
    木津毅TsuyoshiKizu
    木津毅TsuyoshiKizuの感想・レビュー
    5日
    3.3

    このレビューはネタバレを含みます

    誰にだって一生に一度の恋とその歌がある。

    ♪夢なんて見るもんじゃない~語る~もんじゃない~叶えるものだから~

    と気持ちよく歌えたらいいんだけど、クリエイティヴに生きることとはかくも切ないことよ。

    もちろんおもしろいし、よく出来ている……んだけど、ちょっと破綻がなさすぎるのが気になるというのは言いがかりかな。どうもデイミアン・チャゼルがいまのところ、小器用な若手監督という印象が拭えません。次作かその次辺りで、ぎゃふんと言わせてください。
    音楽や配置もよく練られているけど、なかでも美術は本当によく出来ているなーと感心しました。