ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:126分
    監督
    デイミアン・チャゼル
    脚本
    デイミアン・チャゼル
    キャスト
    ライアン・ゴズリング
    エマ・ストーン
    J・K・シモンズ
    フィン・ウィットロック
    ローズマリー・デウィット
    ミーガン・フェイ
    ジェイソン・フックス
    ジェシカ・ロース
    ソノヤ・ミズノ
    ジョン・レジェンド
    キャリー・ヘルナンデス
    ヘムキー・マデーラ
    あらすじ
    夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

    「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

    既婚者はどハマりしそう
    夢を追いかけ、実現するということは幸せなこと。
    同時に同じぐらい大切なものを天秤にかけ、それを犠牲にする覚悟が必要な事だと言うことを学ばせてくれる。
    あまりにも切ない作品。
    DVD買いたい!

    サントラ買っちゃうくらい素敵な音楽
    そりゃみんなハマるよなぁって思う
    今聞いてもあっ!って思って口ずさんじゃう

    大人な終わり方だなって思ったのが素直な感想
    冒頭5分が5で残りが2なので3.5です
    この監督は終わり方がセッションの時といい、いい終わり方をするなぁ。。。
    華やかで踊り出したくなるような明るさを演出する中で、時折魅せる哀愁がたまらない。何度でも見たいです。
    オープニングが花丸120点、序盤のパーティ行く前のおめかしミュージカルシーンが100点、中盤のプラネタリウムのシーンが寒くて-200点、エマストーンの可愛さが100点、エマストーンの最後のオーディションシーンで少しほろりと来たので70点。あの悲しげな曲が何度も流れるからくどかった、私は楽しいミュージカルがもっと観たかったのだった。すみません。本当にオープニングは最高、オープニングのためだけに映画館に観に行く価値はあると思う。ストーリーは別にいいや……。

    このレビューはネタバレを含みます

    ▼鑑賞後すぐの感想
    恋愛モノだと、恋が成就する・しないはストーリーの最大のポイントで、どちらに転んでも、それはそれで魅力ある作品だと思う。

    本作はふたりの恋が成就しないパターン。
    切ない感じ・好き同士なのに一緒になれないという理不尽さ・ラストシーンの哀愁と、味つけはすごく良いと思う。ただ好き嫌い別れそうな味だなと。

    個人的にはキライな味つけ笑
    なぜか。
    ハッピーエンドが好きだから。
    前評判が高かったのと、ミュージカルということ、オープニングがこてこての明るいミュージカルシーンではじまる、
    この辺の要素から、ハッピーエンドをめちゃくちゃ期待してしまったではないか!期待というよりハッピーエンドと決めつけて観ていたよ!
    それなのに、どんでん返し喰らわされて。
    サスペンスとかだったら嬉しいんだけど、恋愛モノでどんでん返しは嬉しくない。

    ふたりの恋は成就しないということで、ラストに向けてどれだけ落差をつけれるかという造りになっていたと思うし、
    鑑賞後、製作側の手のひらの上感がハンパなく、「印象に残った」というより「印象に残るよう仕向けられた」と感じてしまった。
    そのままハッピーエンドで良かったじゃん。
    ミュージカルのノリのままポジティブな気分にさせてほしかった。。

    ▼ミュージカルについて
    音楽は好き。サントラ買ったった。
    もっと曲多くてもいいのでは?と思ったほど。

    ▼ラストについて
    「ハッピーエンドかバッドエンドか」
    区別することに意味なんてあるのかと思うが、鑑賞後よく話題に挙がりそうなテーマなので、あえてどっちか聞かれたら?という観点で、ぼくの意見を述べてみる。

    鑑賞後すぐは、どちらかというとセブ(男の方)はバッドエンドだなと思っていた。
    女の方は、女優として成功してるし、なんだかんだで別の男と結婚して子どももいて雰囲気も悪いわけじゃないし、セブとはくっつかなかったけど現状に申し分はない。
    (男の方も、いずれまた運命の人と巡り会うだろうし、ジャズピアニストとして自分の店を構えるという夢は叶えてるので決してバッドエンドってわけでもないんだけど)

    お互い既に全く別の道を歩んでる中での再開。
    特にセブは未練タラタラのようにもみえるけど、そもそも再開できない確率の方がよっぽど高いわけで。
    旦那といる元カノを一目見れたし、思い出の曲を演奏することで、本当の意味でふたりの恋に一区切りつけて、また新たな人生がはじまるという意味では、ハッピーエンドととってもいいのかな、なんて思ったりもした。

    このレビューはネタバレを含みます

    ベンチのところでお別れするときのすれ違う感じがせつなくて好き 結ばれないところが良かったなぁ